50代・60代の資産と住宅 岩手 盛岡

『 群れの外に立つファイナンシャルプランナー 』 ・・の、辛口コメント日記。 

◆貯蓄 ◆生命保険 ◆住宅ローン ◆老後 
◆マイホーム ◆不動産 ◆相続 ◆子どもの将来


   ★「昔から続いてきた損」は、早めに断ち切りましょう。 
   ★「将来・・発生しそうな損」を、事前に防ぎましょう。

そのために・・やっておきたいこと、色々あります。 たとえば・・、

◆貯蓄・生命保険・住宅ローンを徹底的に整理する
◆金融資産・不動産は、老後設計・相続設計を意識して
◆マイホーム建築の際は、同時に老後・相続を設計する
◆争いにならないための、相続設計をしておく
◆引きこもり・ニートの子どもの将来の経済対策設計

岩手 盛岡の 独立ファイナンシャル プランナー(FP)事務所の実録日記です。
売り手とは対極の立場で、20代〜80代までの家計相談・支援をしてきて・・7年目。
「生命保険」や「住宅ローン」・・放りっぱなしなら、
だいたい・・お金がたれ流し状態になっています・・よ。

安易な「相続対策」や「土地活用」での多額の借金、
相続以前に「生活設計」が大変なことになるかも・・。

「マイホーム」・・複数の業者で見積り比較をしないと、
かんたんに数百万円もの損をこうむる場合も・・。


ぼく2

日本ファイナンシャル・プランナーズ協会 CFP(R)認定者
1級FP技能士 武田 つとむ


真に消費者側に立つため、商品販売は行なっていません。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
Category : -
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
ちょっと調べたら、将来もらえる年金が増えました
JUGEMテーマ:家庭


夫婦合計で毎年90万円も増えました ♪
( 65才から死ぬまで・・、これは大きい )



会社員の年金制度.JPG


メール顧問会員の I さん(30代)
   (相談:ライフプランニング)

   I さんのライフプランニング(生活設計) 進行状況
   1 ヒアリング
       家族状況・家計収支・資産・職歴ほか

   2 家計の現状診断 
       診断資料(小冊子) 問題点把握
   3 生活設計 シミュレーション
       設計資料(キャッシュフロー表ほか)
   4 実行支援
       商品選択や処理(金融商品・保険・ローンほか)
       住宅・不動産・相続等の段取り・手続き
   5 事後チェック
       計画の実行・・進行状況、必要に応じた修正



佐々木FPが・・のけぞったり、うなったり、
色々なことをしながら、
I さんの提出資料をめくって眺めています。

( 生命保険の証書のコピーのようです )

武田FP
「どうしたの? 保険の本数が多いの?」

佐々木FP
「本数も多いんですけど・・。」

武田FP
「特約がてんこ盛りで・・面倒そう・・とか?」

佐々木FP
「それもそう・・ですけど、外貨建て・・とか色々・・。」

武田FP
「複雑なヤツが結構・・混じっているんだ・・。」


家計の「現状診断」の中の1ページに、
「生命保険一覧」があります。

家族それぞれの保障内容、保険料月額、
払込み保険料総額、満期金(一時金)、
保障充当保険料総額(捨てるお金!)、
・・等々が一目で分かる資料です。

この1ページを作るのに、
いつも佐々木FPは悪戦苦闘・・します。
本数が多いほど、特約がてんこ盛りなほど、
内容が複雑なほど、佐々木FPは悪戦苦闘!!

佐々木FPの悪戦苦闘の程度に比例して、
顧問会員は・・大量にお金をたれ流しています。

たまに・・ほとんど保険加入していない顧問会員もいて、
その際は楽チン・・ですが、だいたいは・・悪戦苦闘!



ヒアリングシートが返信され、
提出書類も今日・・、郵送で届きました。


金曜日の午後から佐々木FPが整理整頓作業に
入っています。 ( 「再ヒアリング」の資料作成 )

身内がセールスレディだった・・という、
典型的な「お金たれ流し」パターン・・の家計のようです。

私は資料ができあがってからしか見ないので、
詳しい内容は分かりませんが、
保険料月額が約13万円!・・のようです。
( 年間・・160万円!? )
たれ流し金額が判明!・・するのが、楽しみ?です。



いただいている夫婦の「ねんきん特別便」には、
過去に「厚生年金基金」の加入期間があります。


   ※厚生年金基金 ( 上の汚い絵・・参照 )
    その会社によるが、会社員の年金の3階部分。
    老後・・この年金がもらえるかどうかは、大きい。

将来の年金について・・数日前に、
I さんと佐々木FPが電話でやりとりしました。

「厚生年金基金は、数年前に確定拠出年金に
 移行しているので、すでに存在しません。」
・・というのが、I さんの解釈でした。

・・が、それなら去年送られてきた「ねんきん特別便」に
記載が残っているわけがありません。

現に存在していて、将来・・年金としてもらえるハズ・・です。


その受け取り額(受給額)を確認するよう
I さんにメールで依頼しました。


・・電話をいただきました。 ( 長距離電話 )

I さん
「夫に・・会社に確認してもらったら・・、
 3種類あるけど・・どの年金の話だ?・・って言われました。」
( わけの分からない方向に・・走っています )

武田FP
「確認する相手がちがいます。 厚生年金基金のことは、
 『企業年金連合会』に問い合わせてください。
 自分たちの基金が存在するかどうか?
 存在するのなら、受給額は夫婦それぞれいくらか?・・を。」


で・・その結果報告のメールが入りました。


  こんにちは。
  先ほどは電話で失礼しました。

  厚生年金基金の件、企業年金連合会に問い合わせ、
  判明しました。

  記録はきちんと残って存在しているそうです。
  主人の受給年金額  68.7万
  わたしの受給年金額 23.6万 だそうです。

  よろしくお願い致します。


2人あわせて・・約92万円!です。
92万円 × 20年 = 1,840万円!
よかった、よかった。


老後・・この収入があるかないかで、
ライフプランニングは大きくちがってきます。




今日の佐々木FP


●メール顧問会員の I さん(30代)
   (相談:ライフプランニング)

「再ヒアリング」に向けて、資料を整理整頓中・・。
明日いっぱいで終えられるかどうか・・?




今日の武田FP


●セミナー原稿準備

1ヵ月後に迫ったセミナーの構想を・・。
対象は県南地域の小学校の職員の方々。

困ったことに年齢層が幅広い・・んです。
20代〜50代・・だそうです。

ターゲットの範囲は狭い方がやりやすいんですが・・。


●メール顧問会員希望のTさん(40代)
   
手続き案内メールを送ってあるんですが・・、
メールをいただきました。  ※は、私の声。


  先日、メール顧問会員のことでメールをしたTです。

  ブログが更新されているのを見ました。
  メールを見ていただいたようで安心しました。
  (あの最後のコメントはたぶん、私のことですよね?)

  ・・ 中略 ・・

  でも、私が言うのもなんですが、メール会員って特に利益に
  結びつかないのでは?(殆どボランティア活動のようですね)
  会員になるなら、今がチャンスかもしれないですね(笑)
     ※まったく利益にはなりません。 いつでもチャンスです。
      だれかがやらなければならないことを、
      私がライフワークとしてやっています。 ・・なので、
      お客様扱いをすることはないので、覚悟してください。

  ところで、手続きのメールを送ってくださったとのこと。
  それが見当たらないのです。。。
  もしかして、迷惑メールのフォルダに入ってしまったとか。
  それを間違って消去してしまったかも...
     ※送り主「岩手のFP事務所」は、消去しないよう・・に。
  すいません、もう一度おくってもらえないでしょうか?
  お手数かけてすいませんが、どうぞよろしくお願いします。
     ※はい、はい、送りましたよ〜。


●メール顧問会員希望のKさん(30代)

今日・・会員希望のメールをいただきました。
                 ※は、私の声。

  始めまして。
  私は〇〇県在住の、Kと申します。

  インターネットで、こちらのHPを拝見させて頂きまして、
  メール会員になり、我が家のライフプランニングの
  アドバイスを頂ければと思い、メールさせて頂きました。

  当方は、夫(30代)妻(30代)長女(赤ちゃん)の
  3人家族で、夫婦共働きで、現在妻は育休中です。

  気になっていることは、
  ・現在加入している生命保険が、
   我が家に合っている商品なのか
     ※保険料を1円でも払っていれば・・まず、
      「お金のたれ流し」を疑いましょう。

  ・長女の教育資金の運用について
   (先月投資信託積立を始めた所です)
     ※その前に相談してほしかった・・。
  ・住宅ローンの返済方法について等、
   その他貯蓄の運用方法や、
   家計全般について一度見直し、
   アドバイスを頂ければと思います。
     ※了解・・です。
  かなり大雑把な説明で申し訳有りませんが、
  ご相談可能でしょうか?
  何卒ご検討の程、宜しくお願い致します。
     ※このぐらいの・・簡潔な説明で、むしろOKです。
      よろしく、お願いします。
      ( 手続き案内のメールを送りました )









《 消費者の方へ 》 
質問・感想など気軽にどうぞ。できるだけ早めにお返事します。
( 具体的な質問の際は、できるだけ詳しい情報提供を )

《 業界の方へ 》 コメントを頂く場合は所属・姓名を名乗り、
私同様・・個人が特定できる状況で、正々堂々とお願いします。
読者の参考にもなるので、敬意を表してきちんとお返事します。
匿名は即 削除します。 ( 無駄な手間隙はご遠慮下さい )
Posted by 武田 つとむ
Category : ■年金
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
厚生年金基金?確定拠出年金?・・年金関連2件
JUGEMテーマ:家庭


迷子の年金? 損かも年金?






メール顧問会員のMさん(40代)
   (相談:ライフプランニング)


現在・・入り口のヒアリング作業中です。
再ヒアリングの資料を、昨日・・送っています。


問合せのメールが届きました。


 厚生年金基金についてですが・・・・
 「厚生年金基金加入員証」が手元にはあるのですが、
 裏面には何も記載がありません。
 (しかも旧姓のままで、ほっておいた状態です。)
 どこに問い合わせたらいいのでしょうか?


結婚等で会社を辞めた場合などなど、
このように、迷子になっている年金が日本中に・・。 (^^ゞ

( もったいない・・ )


問合せ先は、以下ですよ〜。 
文章を一部・・抜粋してみました。

   ※Mさんの問合せ結果が、生活設計の
    キャッシュフロー表に反映されます。


企業年金連合会   www.pfa.or.jp

◆ (厚生年金基金連合会は、2005年10月から、
   企業年金連合会に名称が変更しました)

基金の加入員である者が、加入員でなくなったとき
(加入員の資格を喪失したとき)には、
加入員であった期間に応じた負担(掛金)に見合った
給付(年金・一時金)を行います。

この基金の本来的な年金の受給要件を満たす前に
短期間で退職、または事業所が基金を脱退したことにより
加入員の資格を喪失した者を中途脱退者といいます。

 このように中途脱退者となる加入員期間が短い者、
または複数の基金に加入された者に対する年金給付を
個々の基金が管理することは、事務上合理的ではなく、
受給者にとっても自分の加入していた個々の基金から
それぞれの年金を受けることは、煩雑で不便なことです。

 そこで、受給者の利便や基金の事務上の便宜を図るため、
中途脱退者の年金給付の支給義務を基金から
企業年金連合会が引き継いでいます。


Mさんのライフプランニング(生活設計) 進行状況

   1 ヒアリング
       家族状況・家計収支・資産・職歴ほか

   2 家計の現状診断 
       診断資料(小冊子) 問題点把握
   3 生活設計 シミュレーション
       設計資料(キャッシュフロー表ほか)
   4 実行支援
       商品選択や処理(金融商品・保険・ローンほか)
       住宅・不動産・相続等の段取り・手続き
   5 事後チェック
       計画の実行・・進行状況、必要に応じた修正




読者からメールをいただきました。

29歳OL さん ・・からです。


 武田様

 こんにちは。いつも楽しくお勉強させて頂いております。
 子どもが生まれたら(現在妊娠中です)顧問会員として
 家計診断をお願いしようと考えている29歳会社員です。

 ブログのコメント欄で公開相談をさせて頂きたかった
 のですが、禁止文字列が含まれている(?)
 というようなエラーが出てしまい、
 何度書き直しても書き込みができませんでした。。。
 メールからで大変申し訳ございませんが、
 以下の内容で公開相談して頂けたら幸いです。


 私の悩みにヒントを頂けたら幸いです。
 (お時間あるときで結構です)

 <質問>
 ・会社の確定拠出年金は、夫の転勤等で途中で
  いづれ退職するかもしれない私にとっては損でしょうか?


 <心配の種>
 ・中途半端に続けると退職したとき解約ができない。
 ・退職して個人型に変更⇒口座手数料が発生してしまう
  (企業型の場合は会社が負担)
  無駄な手数料は払いたくない。
 ・今後30年も投資を続ける自信はない。
  (飽きっぽいです・・・)
 ・会社から支給されるのは毎月4千円程と少ない。
  (自分で金額は増やせません)
  今後30年積み立てて上手く運用できても、
  あまり大きな金額にはならないような・・・。
  (手間を掛ける割にはリターンは少ないから
   モチベーションも上がらない)

 <補足>
 4月から退職金の一部が確定拠出年金となります。
 もしくは、前払い退職金で毎月4千円(−所得税)を貰うか
 ・・・の選択肢があります。
 途中で退職する可能性があるのなら上記の理由により
 前払い退職金にしようかな・・・と考えております。
 (使ってしまわないよう、この際家計を見直して
  毎月1万円ぐらいを預金とは別に積み立てようかなと考え中)
 ちなみに、定年まで勤務する可能性も少なからずあります。
 (できれば仕事は続けたい)

 以前武田さんが「確定拠出年金はお得」と
 オススメされていたので悩んでしまいました。
 私も定年まで働く見通しがあれば利用したい制度だとは
 思ったのですが私のケースだと
 また話が変ってくるのかな・・・とも感じました。

 どう考えるべきか、何か私が見落としている点があれば、
 ご教示頂けたら幸いです。  宜しくお願いいたします。



何度も書き直し・・させて、ゴメンナサイ!  (^^ゞ

   「禁止文字列」・・確かに、含まれています。
   これっ!・・って指摘できません、 ナイショ・・です。
   「全 金融機関の敵!」の私は、常に反感をかっています。
   悪意を持ってカキコミする人が使いそうな言葉を
   いくつか登録しています。
   29歳OL さん は悪意は無いんですが、
   たまたま・・その言葉が含まれていました。 (^^ゞ


・・で、確定拠出年金のお話。

大ざっぱな判断基準は、これからの長い人生で
「働き続ける可能性が高い?」 ・・かどうかだと思います。


確定拠出年金のメリットは、ズバリ1点!・・だけです。
税制面の優遇( 拠出時・運用時・給付時 )・・です。

   とりわけ・・個人型での拠出額分の全額所得控除が
   たいへんな魅力で、「お得」と言っている所以です。
   この分が大きな「運用益」ということになります。

   所得税率20%の人が80万円拠出すれば、
   80万円×20%=16万円!
   リスク無しで20%運用ができてしまいます。
   ( 80万円の積立で16万円をゲット! )
   これに勝る金融商品はありませ・・ ん?
   「住宅ローンの繰上げ返済」・・があるか。

   ま・・、金融機関が勧めるイカガワシイ金融商品
   よりはマシ・・なのは、まちがいありません。

   受取る時の扱いも一般の金融商品よりは、
   圧倒的に有利・・です。
   ・一時金で受取る 「退職所得控除」
   ・年金で受取る 「公的年金等控除」
   こちらも一般の金融商品に比べて、格段に有利。


拠出(積立て)を継続できない環境が長く続けば、
毎年・・数千円の管理手数料分が目減りしていきます。

元金がわずかな場合は・・長い期間を経て、
無くなってしまうかも・・です。

私が「オススメ」と言っている中で一番大きいのは、
「全額所得控除」・・の部分です。
それを生かせない状況になる可能性が高ければ、
逆に・・あまりオススメはできません。


それから・・、
「確定拠出年金」 vs 「前払い退職金」

おもしろい・・戦い・・です。
「前払い退職金」だと毎回所得税を引かれて
なんとなく損な感じがします・・よね。

このへんのアドバイスをする時に、
いつも私は困ってしまいます。
何を困る・・のか? ・・というと、
相談者の背景が分からない・・ことです。
( 顧問会員なら全て分かっているので問題なし )

今回のように断片的な情報で相談されて、
「はい、これが正解!」 
と答えるのは無責任であり、ミスリードの可能性も・・。
( 銀行や保険会社は・・よくやっていますが・・ )

たとえば・・29歳OL さんのお宅が、
「住宅ローンを抱えている」 or 「これから抱える」
・・ということであれば、年金よりも前払いで
もらった方がお得になります。
( たとえ・・所得税を負担しても )

「前払いで負担する所得税」 < 「借金額が少ない効果」
または・・、
「前払いで負担する所得税」 < 「繰上げ返済効果」

「ローンの利息」・・が非常に大きいために、
このようなことが起こります。

これは「お金の置き場所(時間的な)」の問題です。
保険屋さんや金融機関の言いなりになっている
大部分の消費者は、お金を老後へ、老後へと
送ることになってしまいます。

極端な場合は、『現役は貧乏、老後は大富豪』
・・なんてことになってしまいます。
そんな家計、いくつか見てきています・・よ。


お答え・・に、なったでしょうか?
( ・・にしても、背景を分かった上で助言したい )








《 消費者の方へ 》 
質問・感想など気軽にどうぞ。できるだけ早めにお返事します。
( 具体的な質問の際は、できるだけ詳しい情報提供を )

《 業界の方へ 》 コメントを頂く場合は所属・姓名を名乗り、
私同様・・個人が特定できる状況で、正々堂々とお願いします。
読者の参考にもなるので、敬意を表してきちんとお返事します。
( 匿名コメントは削除 : 無駄な手間隙はご遠慮下さい )
Posted by 武田 つとむ
Category : ■年金
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
| 1/1PAGES |
生活設計の考え方
サイドバー用 休息

●老後が不安?
必要以上に不安を煽られるな

基本的に企業や金融機関は、老後の不安を あおります。
(営業ですから・・当然です)
・・が、実際に現状診断をしてみると、本当に老後が心配な状況の人は少数派です。
しっかり将来設計の意識を持って、自分で考え、自分で判断できる力をつけましょう。


●社会保険制度を勉強する
以外に私たちは守られている

病気やケガで膨大な医療費がかかった時、障害者になった時、死亡した時・・等々、日本の制度は充実しています。
健康保険・国民年金・厚生年金保険・介護保険・雇用保険等々。勤務先の制度も勉強しておくと、安心できるかも・・。

●お金の知識、基本をおさえる
金利とコストだけは 理解したい

貯蓄:低金利の時期に長期契約をするのは、その低金利を固定することになるので損。
長期の定期預金・個人年金保険・学資保険・養老保険等々。
借金:金利上昇期に、変動金利や短期固定金利の借金をするのは危険。変動金利や3年固定金利の住宅ローン、土地活用での変動金利のアパートローン等々。
コスト:毎年 高い手数料を払い続ける金融商品では資産は増えません。 変額年金保険・一部の投資信託等々。


●生命保険は徹底的に整理
膨大な損は ここで断ち切る!

「付き合いで加入」や「保険の内容がよく分からない」という人は、ほぼ・・大損をしています。
できるだけ早めに整理整頓!
ただし、保険を売る人に相談しては いけません。
社会保険制度・勤務先の制度・同業者組合の制度・自身の貯蓄・家族の勤労収入・身内の援助等々で対応できないか、徹底的に検討する。


●住宅ローン返済、最優先
繰上返済に優る資産運用なし

くり上げ返済の効果、住宅ローン控除とはケタちがいです。
(銀行にだまされないように)
くり上げ返済の効果、投資信託の運用とはケタちがいです。投資信託のようなリスクもありません。
余裕資金ができたら金融商品を考える前に、繰上げ返済!住宅ローン返済中の人の最善策です。



saidoba-

のんびりと 反り返って座れる
快適な即席ソファー・・です。
材料:スキー・ストック・ウエア



Categories
Archive
Search
FP事務所の ご案内
サイドバー 秋田駒

商品販売をしないファイナンシャル・プランナー事務所です。

保険を売らない保険物語
金融商品を売らない貯蓄物語
建築請負いをしない
         マイホーム物語


消費者が安心して相談できる、
FP事務所を志向しています。
事務所設立は平成13年、
2001年 10月10日です。


                       ファイナンシャル・プランナー
            事務所
(有)エフピー・ステーション  


TEL 019-629-3115 
FAX 019-629-3116 
〒020-0033
岩手県 盛岡市 盛岡駅前北通
7-22 イノカツビル103

業務時間:10:00〜18:00
休日  :日曜・祭日
相談の上、業務する場合も・・

事務所前に駐車できますよ♪




事務所スタッフです。

●ファイナンシャル・プランナー
   武 田  務

  
・日本FP協会 CFP(R)認定者  ・1級FP技能士
・NPO 日本FP普及協議会
    認定プラクティショナー
・宅地建物取引主任者
・不動産コンサルタント
・大手住宅会社で、22年間
 住宅・不動産の営業部門に
・1950年生れ 盛岡市出身


●建築士
   佐藤 拓郎 


・一級建築士
・岩手県木造住宅耐震診断士
・岩手県被災建築物
    応急危険度判定士
・マンションリフォームマネジャ
・大手住宅会社で建築部門に
・1957年生れ 釜石市出身


●ファイナンシャル・プランナー
   佐々木 真寿美

 
・3級FP技能士
・アシスタントFP
 キャッシュフロー表等の作成
・会社員の夫と長女(幼稚園)
 の、3人家族の主婦FP
・1972年生れ 郡山市出身
 

サイドバー ウエストバッグ

こんなウエストバッグを腰(お尻側)に付けて、軽快に飛び回っています。



■相談・支援の料金です。
 
無料相談は、行ないません。

真に相談者側で対応しますので、アドバイス自体が有益です。
商品販売を目的とした「無料相談」とは、質・内容が異なります。



【顧問会員】
  ●年間顧問料、36,000円


  [ 顧問料に含まれる業務 ]

  家計・資産の
     1 現状診断
     2 計画作成
     3 実行支援
     4 事後チェック

  ▼「相談」

   1年間 何回でも
   (面談・電話・メール等)
 
  ▼「資料作成」

   ・金融資産表
   ・不動産表
   ・生命保険表
   ・死亡保障必要額計算表
   ・キャッシュフロー表
   ・キャッシュフロー・グラフ
   ・マイホーム平面・立面図
   ・住宅ローン返済予定表
   ・住宅ローン繰上返済表
   ・土地運用計画プラン
   ・不動産運用計画表
       等、必要に応じて。

  ▼「実行支援」

    ●金融資産運用支援
    貯蓄・保険・ローン等
    の見直し、運用設計
    金融機関との接し方

    ●マイホーム取得支援
    土地検討・売買立会
    プラン作成・業者入札
    ・契約立会・施工立会

    ●相続前後の対策支援
    資産表作成・対策立案
    ・極力借金をしない計画
    ・相続後の手続き日程

    ●不動産運用支援
    相続を考慮して設計
    ・借金は極力少なく
    ・借金は固定金利で
    ・不動産売買・建築支援

  

■講演料金です。


【セミナー講演】
  ●2時間まで 30,000円
 

  ・オリジナル・テキスト
   (20数ページ)を使った
   セミナーです。
  ・ライフプラン(生活設計)
   を基本とします。
  ・分野は、貯蓄・保険・
   老後・住宅・不動産・
   相続などです。

【座談会】
  ●1時間 1人 500円
 

  ・セミナーの簡易版です。
   テーマをしぼり込み、
   少人数から開催可能です。
  ・主催者・聴講者ともに、
   消費者・生活者の個人で
   あること。