50代・60代の資産と住宅 岩手 盛岡

『 群れの外に立つファイナンシャルプランナー 』 ・・の、辛口コメント日記。 

◆貯蓄 ◆生命保険 ◆住宅ローン ◆老後 
◆マイホーム ◆不動産 ◆相続 ◆子どもの将来


   ★「昔から続いてきた損」は、早めに断ち切りましょう。 
   ★「将来・・発生しそうな損」を、事前に防ぎましょう。

そのために・・やっておきたいこと、色々あります。 たとえば・・、

◆貯蓄・生命保険・住宅ローンを徹底的に整理する
◆金融資産・不動産は、老後設計・相続設計を意識して
◆マイホーム建築の際は、同時に老後・相続を設計する
◆争いにならないための、相続設計をしておく
◆引きこもり・ニートの子どもの将来の経済対策設計

岩手 盛岡の 独立ファイナンシャル プランナー(FP)事務所の実録日記です。
売り手とは対極の立場で、20代〜80代までの家計相談・支援をしてきて・・7年目。
「生命保険」や「住宅ローン」・・放りっぱなしなら、
だいたい・・お金がたれ流し状態になっています・・よ。

安易な「相続対策」や「土地活用」での多額の借金、
相続以前に「生活設計」が大変なことになるかも・・。

「マイホーム」・・複数の業者で見積り比較をしないと、
かんたんに数百万円もの損をこうむる場合も・・。


ぼく2

日本ファイナンシャル・プランナーズ協会 CFP(R)認定者
1級FP技能士 武田 つとむ


真に消費者側に立つため、商品販売は行なっていません。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
Category : -
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
学資保険、生まれてすぐが掛け金が安くお得?
JUGEMテーマ:家庭


非正規社員家族のライフプラン



学資保険くださぁい.JPG


読者から・・公開で相談をいただきました。
ならさん ・・からです。



こんにちわ。

度々[おばかさん]に当てはまっているので、
情けなくなりながらも、
HPで少しずつ
勉強させてもらっているつもりの私ですが、
家庭の状況によって
必要な保険や保障が変わってくるということで、
我が家には何が必要なのか分からず、
公開相談をお願いした次第です。

本当はメール顧問会員になりたいのですが、
家庭の状況(収支?)がまだ定まってない為、
今回は公開相談という形を取らせて頂きました。

家庭(夫婦 主人25歳、私27歳
 +今週赤ちゃんが生まれる予定)の収支が
定まっていないというのは、
主人がまだ正社員ではないからです。

主人は高校教師を目指しながら、
今現在は高校の講師をしていますが、
いつ正規職員になれることやら...
(いつ講師の枠がなくなって
 無職になってもおかしくないです...)

出産の為私は仕事を辞め、
2人目も2.3年後にほしいので
産後もしばらく働かないつもりです。

現時点での貯蓄は300万程ありますが、
私が退職してからは貯金できていないです。
(今は大体毎月22万前後の主人の給料でカツカツか、
 出産準備等でお金がいることもありむしろ赤字です...)

現時点でローンは一切ないですが、
5年後位にはマイホームも...なんて無謀にも考えています。
(その為には私も働き直す予定です)

そんな我が家ですが、赤ちゃんが生まれるので
(児童手当としてもらえるお金1万円位で)
学資保険に...とも考えているのですが
今すぐ入る必要はないですか?

生まれてすぐのが
月々の掛け金額が低くて済むかと思い...

ちなみに我が家は私も主人も
一切なんの保険にも入っていません。
(生命保険や医療保険など)

主人の方は
実家の親が生命保険か何か掛けているかも...?
と言っていましたが、私の方は全くです。

学資保険なんかよりもまず
主人に生命保険に入ってもらうべきでしょうか?

ご意見よろしくお願い致します...
会員になる時期についても
アドバイスを頂けたら...と思います。




無理に顧問会員になることはありません。

特に募集もしていません。

商品を売って儲けることもしていないし、
顧問料は超低額なので、お受けした分だけ赤字です。
( 足りない分を私が補充しています )
私がボランティアでやっているFP事務所です。

「どうしていいかわからない。なんとかしてほしい。」
・・のように、頼って来る人は拒みません・・が。
( そのためのボランティアなので )



・・で、非正規社員家族のライフプラン。

私がいつも言っている原則・・、
これは・・正社員だろうが非正規社員だろうが、
だれにでも当てはまることです。

〇本気で生活設計、3つの提言。 
      「できるだけ」 を付けて。
 ●生命保険には、加入しない。
 ●借金は、しない。
 ●手数料や経費は、払わない。


これらのことを、しっかり理解・意識・・したいです。
家計のことを考える場合は、
しっかり当てはめて考えてほしいと思います。


●学資保険は、おやめなさい。

「赤ちゃんが生まれるので、学資保険に...」
・・なんて考えるのは、おバカさんです。 (失礼!)
「児童手当としてもらえるお金1万円位で」
・・なんて、もったいない。

『教育資金は学資保険で』・・という発想を皆がするのは、
売る側の洗脳が日本中に充分に行き渡った結果・・です。
年配者から今回の20代のならさんまで・・
各世代に満遍なく行き渡っています。 (^^ゞ

なぜ・・「おやめなさい」・・か?
理由は、2つです。


1 保険で貯蓄をするのは損。

「保険」と名が付けば、何らかの「保障」を伴ないます。
・・ということは、「保障」のためのコスト(保険料)を
余計に負担することになります。

「18年後に100万円受け取るために106万円を払う。」

こんなアホなことになるのが、学資保険ですが、

「なんで6万円余計に払うの?」

・・と聞いて、

「保障が付いているからです。」

・・と説明されて納得するおバカさん?が日本中にいます。
( 不思議な国・・です )

教育資金を貯蓄する際に・・、
「学資保険は普通預金よりも不利。」
・・ということを理解できない人のことをおバカさん・・
と・・ノノシル私、まとも・・だと思うんですが・・。

保険で貯蓄をすることは、余計なコスト負担で損をします。
      「●手数料や経費は、払わない。」 ・・です。


2 低金利の今、長期商品で貯蓄するのは損。

長い期間・・超低金利が続いています。
みんな慣れっこになってしまって、
金利は低いもの・・と思い込んでいますが、
高金利の時期もあったんです。

これから先・・金利がどうなっていくか、
だれにも分かりません。

・・が、分かっていることは、
低金利の今・・長期の契約をすることは、
今の『低金利』を固定してしまうことになる・・ということ。

将来、世の中の金利が上昇しても・・、
自分は当初契約した『低金利』で
指をくわえてガマンすることになります。

学資保険は、15年とか18年とかの「長期商品」です。
その期間、今の低利率での契約で我慢することになります。

『低金利時に、長期固定金利商品は買わない。』

・・これは、セオリー・・なんです。


「今すぐ入る必要はないですか?」
・・今も将来も入る必要はありません。

「生まれてすぐのが月々の掛け金額が低くて済む」
・・いつの時点だろうが、損です。



●生命保険の考え方

顧問会員とちがって、何のデータもないので
確定的なことは言えませんが・・。

基本は・・ 「●生命保険には、加入しない。」・・です。

保険料は、一定期間の保障を買う「捨て金」です。
期間の経過後には、そのお金は無くなります。
基本は、できるだけ加入しないことです。


・医療保険

加入する必要はありません。

ただし・・前提があります。
「健康保険に加入しているのなら・・。」 ・・です。

ならさんの場合も、国民健康保険に
加入していることが前提になります。
国民健康保険はスーパー医療保険です。
民間の医療保険は足元にも及びません。

   詳しくは・・以下のどちらかで。
   ※楽天ブログ「武田つとむFP事務所」の
    「キーワード検索」「このブログ」・・で。
   ※楽天ブログ「武田つとむFP事務所」の
    「家計の常識を疑え!」の「生命保険」
    を参照。


・生命保険(死亡保障)

これは・・詳しいデータがないと、
まず・・要不要の判断ができません。

さらに・・必要な場合の必要額も計算できません。

・・が、こちらの場合もこれだけはしておいて、
・・ということがあります。

「国民年金にはしっかり加入しておく」 ・・ことです。

老後に年金をもらう・・だけのモノと思われがちですが、
これもまた、スーパー保険!・・なんです。
健康保険は、スーパー医療保険でしたが、
こちらは・・
「遺族年金特約」や「障害年金特約」の付いた
「終身年金保険」・・なんです。 ( すごい保障内容! )

国民年金にしっかり加入していれば、
万が一!・・の時に、すごく助かります。
( 遺族年金がもらえます )

その上で・・ご主人の方は、
「実家の親が生命保険か何か掛けているかも...?」
・・ということで、もし・・その通りなら
ご実家にお願いしてみたいですね。

どうせ・・
変な生命保険に保険料を払っていると思います。(失礼!)
1万円とか2万円とかを・・。

それならそれを、三角形の保険に変更もらいましょう。
逓減定期保険とか収入保証保険とかに・・。
( ていげんていき  しゅうにゅうほしょう )

必要額が分かりませんが、仮に3,000万円としても、
20代の人の保険料は・・せいぜい月に2千円です。
( 余計な特約は付けないことです )

ご実家も保険料が安くて助かる・・と思います。
( 余ったお金は、孫のために使ってもらいましょう )



●生活設計と妻の就労

出産では、妻は仕事を一時中断します。

「2人目も2.3年後にほしいので
 産後もしばらく働かないつもりです。」

・・ということですが、
現在の家計状況を考えれば、
働いた方がいいのでは? ( ・・という声も )

「私は産後3ヶ月からまた働き始めましたよ。
 次の子どもまで間があるのなら働いた方が・・。」
・・小姑(佐々木FP)の声。

生活設計上は、妻が働く働かない・・は、
たいへんなインパクトになります。

「できれば・・専業主婦が希望でぇ〜す♪」
・・なんて言っていた顧問会員も、
自分で専業主婦のシミュレーションをしてみて、
「はい、よく分かりました。私もしっかり働きます!」



・・と、こんなコメントになりましたが、
お答えになったでしょうか?




今日の佐々木FP


メール顧問会員のKさん(40代)
   (相談:ライフプランニング)

佐々木FP、次々と顧問会員の資料作成を
こなしてきています。

今日から、Kさんから戻っているヒアリング資料の整理・・。
「再ヒアリング」・・として、また送信することになります。

「明日お昼ごろまでに完成できそう。」・・だそうです。








《 消費者の方へ 》 
質問・感想など気軽にどうぞ。できるだけ早めにお返事します。
ただし、回答は一般論にならざるを得ないことをご了承下さい。
( 会員の個別診断が可能なのは、徹底的な情報提供による )

《 業界の方へ 》 コメントを頂く場合は所属・姓名を名乗り、
私同様・・個人が特定できる状況で、正々堂々とお願いします。
読者の参考にもなるので、敬意を表してきちんとお返事します。
匿名は即 削除します。 ( 無駄な手間隙はご遠慮下さい )
Posted by 武田 つとむ
Category : 教育資金
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
教育資金不足⇒奨学金やローン・・おバカな発想
JUGEMテーマ:家庭


大幅な給与カットで学費が払えない・・
「そんな時の専門家のアドバイス」
・・という考え方自体が、アホバカ・発想・・です。


   メタボ体質の人が何かの病気で
   病院に行っては、専門家(医者)に
   対症療法を受けることをくり返す。
   ・・同じ構図です。

   根本的な治療は別のところに・・。


教育資金の手当て.JPG


案件ごとの「専門家」の話をツギハギした家計は、
ダブルで・・あるいはトリプルで、損を重ねていきます。



「授業料が払えなくなった場合、
 家計はどう対処したらいいのか?」

昨日・・2009年6月28日(日)の日経新聞、
「マネー生活」欄にそのような記事が載っていました。
「専門家」の話をもとにまとめた・・としています。

   「専門家」として登場しているのは、
   2人の「ファイナンシャル・プランナー」です。

・・で、家計はどう対処したらいいか? 
について、以下のような順番で・・としています。

1 授業料の減免など、お金が給付される制度が
  ないかどうかを調べる。
2 無利子の融資制度を探す。
3 低利融資のローンを検討する。

・大学卒業までに教育費はいくらかかるか?
・大学初年度費用の値上がり率
・奨学金制度と主な低金利の融資制度
等々・・、詳しいデータが提示されています。



対症療法ではなく、根本治癒・・を。


専門家のアドバイス・・というのは、
どうしても・・対症療法になってしまいます。
( 問題 ・・です )

   ※今回の日経の記事は、日経の担当者から
    「このようなケースでのアドバイスは?」
    ・・という限定的な依頼があって、
    その範囲内でFPさんが答えている
    のかもしれませんが・・。


「教育資金が不足しそう。」
「授業料が払えなくなった」
・・のような事態でどうするか? ・・については、
実は・・上記の1,2,3、の前にすることがあります。


たいへんな状況にありながら、
メタボ体質の家計は、けっこうあるものです。

そのメタボ体質の改善こそが最優先されるべき・・です。

まず、家計の現状を徹底的に検証する必要があります。
( そのために当事務所では、ヒアリングから
  家計の現状診断を、まず行なっています )

家計を総合的に捉えることで・・
結局、「借金」をしなくて済む場合もあり得ます。

たとえば・・生命保険。

不要な保険料を延々と払っているケースでは、
その「清算」をすることで・・、
 ・まとまったお金が手に入る。 ( 解約返戻金 )
 ・定期的な支出が大幅に減る。 ( 保険料減額 )

これだけで・・教育資金不足の問題が
解決してしまうケースもザラにあります。

教育資金に関する今回のようなアドバイスの結果、
生命保険料でのお金たれ流しは放置したまま、
さらに・・教育ローンの利息でお金をたれ流す、
もっとひどいメタボ家計になる可能性があります。

そんなダブルで損をする事態は回避しなければ・・。

生命保険は損! 借金は損!
きちんと理解した上で、家計を運営しましょう。


  本気で生活設計、3つの提言。 「できるだけ」 を付けて。
  ●生命保険には、加入しない。
  ●借金は、しない。
  ●手数料や経費は、払わない。



家計の改善が徹底されてもどうにもならない、
あるいは・・まだ不十分だ、
・・といった状況の場合に初めて、
上記のFPさんが言う・・1,2,3の方法を検討しましょう。
( 順番をまちがえない・・ように )


このことは・・教育資金に限りません。、

住宅取得を検討する場合、
住宅ローン見直しを検討する場合、
老後資金を検討する場合、
・・等々、どのような場合であっても、
その狭い範囲だけで物事を考えていてはいけません。

「ちょうどよい機会だ。」 ・・と思って、
家計を徹底的に見直すキッカケにしましょう。



教育資金手当て法の助言を業務としている会社。


このような教育資金手当てのことを「業務」として、
全国の高校を対象に営業展開している会社があります。

奨学金や教育ローンの制度の助言を通じて、
「子どもの進学をあきらめない。」
方法を父兄に紹介・提案しています。
・・その上で、全国の私立大学を紹介しているようです。
( 学生を獲得した大学から収入を得ている・・? )

全国の高校を対象にしています。
その地元のFPに講師を依頼しています。

数年前に・・私も依頼を受けて、1度講師をしました。
出来合いのテキストで口パク・・です。
奨学金制度と教育ローンの解説です。
( 私である必要はない )

父兄相手のセミナーでお話しながら・・
「ちがうよな〜、もっと手前の家計本体の話がしたい・・。」
・・と、苦々しい思いをしました。

この一度きりで、あとはお受けしていません。
( 講師料がもらえればいい・・というものではない )


今年2月には・・別の会社から、
同じ内容の講師の依頼がありました。

打ち合わせに来所された担当者の方に、お話しました。

「教育資金不足⇒奨学金」・・ではないですよ。
家計の徹底検証こそ、優先されるべきですよ。
本来のFPなら・・そうしますよ。
私のオリジナル・テキストでOKなら受けます。
そのままのセミナー内容であればお受けしませんよ。

・・で結局、お受けしませんでした。


この会社がこのようなセミナーをやり出した
きっかけは・・FP(生命保険屋さん)の働きかけのようです。
準備の社内説明会で全社員が集合、
FPさんの説明を感心しながら聞いたようです。

だめですよ、
口先だけで・・本当の生活設計をやったことがない
専門家(FPさん)の話に無条件で感心しちゃぁ。


いつも、企画する側が生活設計の素人なので、
消費者をミスリードする場面があちこちに見受けられます。

( マスコミでも地方自治体でも同じ現象が・・ )



それぞれの分野の専門家の助言、
そのツギハギでは・・多くの場合、
消費者の家計はボロボロになります。




今日の佐々木FP


●メール顧問会員のOさん(20代)
   (相談:ライフプランニング)

ここ数日・・
家計の現状診断資料を作成しています。

年金関連で、まだ届いていない情報がありますが、
基本資料の作成は今日で終わりそうです。
( 情報が届いたら、資料に反映させます )



今日の武田FP


●土地家屋調査士のOさん

来所いただいて、相談と見積り依頼。

・メール顧問会員のHさん(50代)の
 お母さん所有の土地売却準備。
 分筆登記の件。

・顧問会員のMさん(30代)の
 建築予定地の測量分筆登記の見積り。








《 消費者の方へ 》 
質問・感想など気軽にどうぞ。できるだけ早めにお返事します。
( 具体的な質問の際は、できるだけ詳しい情報提供を )

《 業界の方へ 》 コメントを頂く場合は所属・姓名を名乗り、
私同様・・個人が特定できる状況で、正々堂々とお願いします。
読者の参考にもなるので、敬意を表してきちんとお返事します。
匿名は即 削除します。 ( 無駄な手間隙はご遠慮下さい )
Posted by 武田 つとむ
Category : 教育資金
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
| 1/1PAGES |
生活設計の考え方
サイドバー用 休息

●老後が不安?
必要以上に不安を煽られるな

基本的に企業や金融機関は、老後の不安を あおります。
(営業ですから・・当然です)
・・が、実際に現状診断をしてみると、本当に老後が心配な状況の人は少数派です。
しっかり将来設計の意識を持って、自分で考え、自分で判断できる力をつけましょう。


●社会保険制度を勉強する
以外に私たちは守られている

病気やケガで膨大な医療費がかかった時、障害者になった時、死亡した時・・等々、日本の制度は充実しています。
健康保険・国民年金・厚生年金保険・介護保険・雇用保険等々。勤務先の制度も勉強しておくと、安心できるかも・・。

●お金の知識、基本をおさえる
金利とコストだけは 理解したい

貯蓄:低金利の時期に長期契約をするのは、その低金利を固定することになるので損。
長期の定期預金・個人年金保険・学資保険・養老保険等々。
借金:金利上昇期に、変動金利や短期固定金利の借金をするのは危険。変動金利や3年固定金利の住宅ローン、土地活用での変動金利のアパートローン等々。
コスト:毎年 高い手数料を払い続ける金融商品では資産は増えません。 変額年金保険・一部の投資信託等々。


●生命保険は徹底的に整理
膨大な損は ここで断ち切る!

「付き合いで加入」や「保険の内容がよく分からない」という人は、ほぼ・・大損をしています。
できるだけ早めに整理整頓!
ただし、保険を売る人に相談しては いけません。
社会保険制度・勤務先の制度・同業者組合の制度・自身の貯蓄・家族の勤労収入・身内の援助等々で対応できないか、徹底的に検討する。


●住宅ローン返済、最優先
繰上返済に優る資産運用なし

くり上げ返済の効果、住宅ローン控除とはケタちがいです。
(銀行にだまされないように)
くり上げ返済の効果、投資信託の運用とはケタちがいです。投資信託のようなリスクもありません。
余裕資金ができたら金融商品を考える前に、繰上げ返済!住宅ローン返済中の人の最善策です。



saidoba-

のんびりと 反り返って座れる
快適な即席ソファー・・です。
材料:スキー・ストック・ウエア



Categories
Archive
Search
FP事務所の ご案内
サイドバー 秋田駒

商品販売をしないファイナンシャル・プランナー事務所です。

保険を売らない保険物語
金融商品を売らない貯蓄物語
建築請負いをしない
         マイホーム物語


消費者が安心して相談できる、
FP事務所を志向しています。
事務所設立は平成13年、
2001年 10月10日です。


                       ファイナンシャル・プランナー
            事務所
(有)エフピー・ステーション  


TEL 019-629-3115 
FAX 019-629-3116 
〒020-0033
岩手県 盛岡市 盛岡駅前北通
7-22 イノカツビル103

業務時間:10:00〜18:00
休日  :日曜・祭日
相談の上、業務する場合も・・

事務所前に駐車できますよ♪




事務所スタッフです。

●ファイナンシャル・プランナー
   武 田  務

  
・日本FP協会 CFP(R)認定者  ・1級FP技能士
・NPO 日本FP普及協議会
    認定プラクティショナー
・宅地建物取引主任者
・不動産コンサルタント
・大手住宅会社で、22年間
 住宅・不動産の営業部門に
・1950年生れ 盛岡市出身


●建築士
   佐藤 拓郎 


・一級建築士
・岩手県木造住宅耐震診断士
・岩手県被災建築物
    応急危険度判定士
・マンションリフォームマネジャ
・大手住宅会社で建築部門に
・1957年生れ 釜石市出身


●ファイナンシャル・プランナー
   佐々木 真寿美

 
・3級FP技能士
・アシスタントFP
 キャッシュフロー表等の作成
・会社員の夫と長女(幼稚園)
 の、3人家族の主婦FP
・1972年生れ 郡山市出身
 

サイドバー ウエストバッグ

こんなウエストバッグを腰(お尻側)に付けて、軽快に飛び回っています。



■相談・支援の料金です。
 
無料相談は、行ないません。

真に相談者側で対応しますので、アドバイス自体が有益です。
商品販売を目的とした「無料相談」とは、質・内容が異なります。



【顧問会員】
  ●年間顧問料、36,000円


  [ 顧問料に含まれる業務 ]

  家計・資産の
     1 現状診断
     2 計画作成
     3 実行支援
     4 事後チェック

  ▼「相談」

   1年間 何回でも
   (面談・電話・メール等)
 
  ▼「資料作成」

   ・金融資産表
   ・不動産表
   ・生命保険表
   ・死亡保障必要額計算表
   ・キャッシュフロー表
   ・キャッシュフロー・グラフ
   ・マイホーム平面・立面図
   ・住宅ローン返済予定表
   ・住宅ローン繰上返済表
   ・土地運用計画プラン
   ・不動産運用計画表
       等、必要に応じて。

  ▼「実行支援」

    ●金融資産運用支援
    貯蓄・保険・ローン等
    の見直し、運用設計
    金融機関との接し方

    ●マイホーム取得支援
    土地検討・売買立会
    プラン作成・業者入札
    ・契約立会・施工立会

    ●相続前後の対策支援
    資産表作成・対策立案
    ・極力借金をしない計画
    ・相続後の手続き日程

    ●不動産運用支援
    相続を考慮して設計
    ・借金は極力少なく
    ・借金は固定金利で
    ・不動産売買・建築支援

  

■講演料金です。


【セミナー講演】
  ●2時間まで 30,000円
 

  ・オリジナル・テキスト
   (20数ページ)を使った
   セミナーです。
  ・ライフプラン(生活設計)
   を基本とします。
  ・分野は、貯蓄・保険・
   老後・住宅・不動産・
   相続などです。

【座談会】
  ●1時間 1人 500円
 

  ・セミナーの簡易版です。
   テーマをしぼり込み、
   少人数から開催可能です。
  ・主催者・聴講者ともに、
   消費者・生活者の個人で
   あること。