50代・60代の資産と住宅 岩手 盛岡

『 群れの外に立つファイナンシャルプランナー 』 ・・の、辛口コメント日記。 

◆貯蓄 ◆生命保険 ◆住宅ローン ◆老後 
◆マイホーム ◆不動産 ◆相続 ◆子どもの将来


   ★「昔から続いてきた損」は、早めに断ち切りましょう。 
   ★「将来・・発生しそうな損」を、事前に防ぎましょう。

そのために・・やっておきたいこと、色々あります。 たとえば・・、

◆貯蓄・生命保険・住宅ローンを徹底的に整理する
◆金融資産・不動産は、老後設計・相続設計を意識して
◆マイホーム建築の際は、同時に老後・相続を設計する
◆争いにならないための、相続設計をしておく
◆引きこもり・ニートの子どもの将来の経済対策設計

岩手 盛岡の 独立ファイナンシャル プランナー(FP)事務所の実録日記です。
売り手とは対極の立場で、20代〜80代までの家計相談・支援をしてきて・・7年目。
「生命保険」や「住宅ローン」・・放りっぱなしなら、
だいたい・・お金がたれ流し状態になっています・・よ。

安易な「相続対策」や「土地活用」での多額の借金、
相続以前に「生活設計」が大変なことになるかも・・。

「マイホーム」・・複数の業者で見積り比較をしないと、
かんたんに数百万円もの損をこうむる場合も・・。


ぼく2

日本ファイナンシャル・プランナーズ協会 CFP(R)認定者
1級FP技能士 武田 つとむ


真に消費者側に立つため、商品販売は行なっていません。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
Category : -
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
生命保険と住宅ローン、人生をシミュレーション
JUGEMテーマ:家庭


一歩前進できます!



住宅ローン借換えと生保清算.JPG


メール顧問会員のYさん(30代)
   (相談:ライフプランニング)


すでに家計の現状診断を終えていて・・、
( キャッシュフローは一応・・大丈夫 )
シミュレーションの作成を依頼されました。

〇住宅ローンの借換え
   2.8%の住宅ローンが11年目から4%に
   なるので、ここで借換え!・・です。

〇生命保険の清算 (見直しではない!)
   すべては終わってはいません。
   とりあえず・・すぐできるところから清算!

・・と、まだ生活設計の途中段階ですが、
シミュレーションを作成して送りました。

その資料の一部が、上のキャッシュフローグラフ。
上が現状診断時点、
下が今回のシミュレーション ・・です。

ん・・? ほとんど変わりない?
同じように見えますが、貯蓄残高の厚みがちがいます。
( シミュレーションの方が厚いでしょ? )

今回の・・部分的な家計の見直しだけでも、
家計経済効果は・・700万円!・・です。



メールをいただきました。



おはようございます。

〇〇のYです。
早々のシミュレーションありがとうございます。

シミュレーションしていただいたおかげで
一歩前進できます!

まず、妻の死亡保障を確保するため、
新たに保険に入り直してから
現在の保険の解約を進めたいと思います。
早速、逓減定期保険で見積もりを取りたいと思います。

また、
見積もりを取りましたら報告させていただきます。
よろしくお願いします。




「まず、妻の死亡保障を確保するため」


そう・・なんです。 現状診断の結果、
妻に死亡保障が必要!・・という結果が出ました。
逆に、夫は永遠に不要!・・という結果が。 

Y家は、フルタイムの共稼ぎです。
30代の夫婦に2人の子ども・・4人家族です。


生命保険には10本・・加入していました。
月の保険料は・・約3.2万円。
年間の保険料は・・約49万円!
継続した場合の支払い保険料総額は・・約1,580万円!
   内・・満期金等は・・410万円。
   内・・保障コスト(捨てるお金)は・・1,170万円!
                    ( うぅ・・もったいない )
保険屋さんに行って「無料相談」すると、
このような悲惨なことになります。  (^^ゞ
( タダほど高いものはない! )


・・で、Y家に必要な生命保険は・・現状診断の結果、
妻の死亡保障だけ!・・ということになりました。

   フルタイムの共稼ぎの場合・・、
   〇夫婦ともに生命保険は不要!
   〇妻のみ生命保険が必要、夫は不要!

   ・・というケースはよく出てきます。

   「無料相談」では教えてもらえない場合が多い。
   ・・結果、お金の大量たれ流し・・に。

   実は「教えない」のではなく、そもそも保険屋さんは
   「生活設計」とか「ライフプランニング」とかを、
   実際にやることはありません。 (口先・・だけ)
   なので・・きちんと検証することはありません。
   ・必要か?不要か?
   ・必要なら、金額はいくらか?
   ・必要なら、いつまでか?  ・・等々。

   このような姿勢の売る側が、まともなアドバイスが
   できるわけがありません。
   大きい契約をたくさん取った人が評価される世界です。
   不幸にもそんなやり手の営業マンに当たった消費者は、
   「安心」のために大金をたれ流し続けます。
   ( ・・ご愁傷様 )


Y家では・・家族全員が生命保険にも医療保険にも、
これでもか、これでもか、・・と、た〜っぷり加入。
( タレ流す・・わけです )

改善方法は、実にカンタンです。

妻の生命保険(死亡保障)を
三角形の保険で確保できたら・・、
加入中の保険・・すべてを解約! (清算!)

これだけ・・です。 家計が見違えるように変わります。


Y家の妻の死亡保障必要額は、検証の結果・・、
現在:750万円で、10年後:マイナス970万円です。
4〜5年後にはもう・・不要! ・・ということ。

仮に5年間・・かけるとして・・、
30代半ば女性の保障750万円、
三角形の保険での保険料は、わずか1,000円/月
・・です。

0.1万円×12ヶ月×5年=6万円

たったこれだけ、
捨てるお金は・・たった6万円で済んでしまいます。
さらに・・5年経過後のY家は、生命保険が一切不要!
( 生命保険料がゼロ! 家計上・・助かります )


「無料相談」で、ありがたいアドバイスを頂いて、
そのまま放置していると、1,170万円も捨てます。

きちんと検証すると、捨てる必要があるお金は・・6万円。

どっちがお得? ・・なんていうレベルではないですね。

1,100万円以上のお金をどこに置く?
A : 保険屋さんに置く。
B : 我が家に置く。

「Bィ〜〜ッ! Bィ〜〜ッ!」
小学生でも判断をまちがいません。

大人・・なら、「お金の置き場所」を間違えないように・・。


       ※子どもの金銭教育

        ・・なんてことを盛んにやっている
        FPさんが全国にいますが、
        子どもの前に・・親の金銭教育
        の方が大事!  ( 圧倒的に! )

        大部分のFPの共通認識は・・、
        「金銭教育=投資教育」ですが、
        その前にするべき基本的なことが、
        実は・・たくさんあります。


生命保険の清算!・・が終わったY家の
キャッシュフロー表は、見違えるようになります。

・・当然です。
保険屋さんに置く予定だった1千万円のお金が、
自宅に残るんですから。



   Kさんのライフプランニング(生活設計) 進行状況

   1 ヒアリング
       家族状況・家計収支・資産・職歴ほか
   2 家計の現状診断 
       診断資料(小冊子) 問題点把握

   3 生活設計 シミュレーション
       設計資料(キャッシュフロー表ほか)
   4 実行支援
       商品選択や処理(金融商品・保険・ローンほか)
       住宅・不動産・相続等の段取り・手続き

   5 事後チェック
       計画の実行・・進行状況、必要に応じた修正




今日の佐々木FP


メール顧問会員のKさん(30代)
   (相談:ライフプランニング)

今日から「現状診断」の資料作成に入りました。

不動産等も抱えているので、
一般の顧問会員よりは日数がかかりそうです。









《 消費者の方へ 》 質問や相談は、「家計の常識を疑え!」
を読んでからどうぞ。回答は一般論にならざるを得ませんが。

《 顧問会員希望の方へ 》 『身内』として真剣に厳しく支援。
『お客様』扱いはナシ。「顧問会員って何?」参照の上、どうぞ。

《 業界の方へ 》 コメントは所属・姓名を名乗り、私同様・・
個人が特定できる状況で、正々堂々とお願いします。
Posted by 武田 つとむ
Category : ■ライフプラン
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
母の生活に光が射した様・・アメリカからのメール
JUGEMテーマ:家庭


ちゃんと整理して考える事ができる人が居ない



借金ゼロ。保険ナシ。.JPG


顧問会員のHさん(60代)
   (相談:ライフプランニング)


   Hさんのライフプランニング(生活設計) 進行状況

   1 ヒアリング
       家族状況・家計収支・資産・職歴ほか
   2 家計の現状診断 
       診断資料(小冊子) 問題点把握
   3 生活設計 シミュレーション
       設計資料(キャッシュフロー表ほか)

   4 実行支援
       商品選択や処理(金融商品・保険・ローンほか)
       住宅・不動産・相続等の段取り・手続き

   5 事後チェック
       計画の実行・・進行状況、必要に応じた修正


7月末に・・久しぶりに里帰りしている娘さんを
伴なって来所されました。
娘さん・・といっても40代・・ですが。 (^^ゞ

娘さんは結婚してアメリカにお住まいです。
お母さんのこれから・・について、
心配しておいででした。

これまでのヒアリングとその日頂いた情報から
その場で・・ライフプランの資料作成した結果、
これからの生活に不安がない状況になり、
お二人とも・・安心してお帰りになりました。



アメリカにお帰りになった、その娘さんからメールが・・。



武田様

先日はお会いできて良かったです。

40過ぎても、騒がしい娘(母からみて娘という意味です)で
すんません・・。失礼しました。

とにかく、母の生活に光が差した様で安心しました。
ちゃんと整理して考えればなんだかんだ言っても
母は大丈夫と思ってはいたのですが、
そのちゃんと整理して考える事ができる人が
居ないから困っていたんですよ。

そこで、武田さんと出会えた。良かった!

借金もあるけど父が残してくれた財産もある。
母が全部使っちゃっていいのだと思ってる。
母が楽なようにしていいのですよ。
好きにしていいのですよ。

  ・・  中略 ・・

母の為!母の為!と言いながら結局、
私も自分の事しか考えてないんじゃないかって
自分の事がわからなくなります。

結局、自分は遠く離れてる事をいいことに
何もしてないんじゃないか?

  ・・  中略  ・・

我が家は経済的に(きっと)苦しいです。
でも、夢に(目標に)向かって生活出来る事。
幸せです。
主人の両親にも感謝しています。
(主人の実家は〇〇にある「〇〇飯店」という
 中華料理屋さんです。よかったら
 行ってみてください。美味しいですよ〜)

子供たちに財産なんて残してあげられないと思っています。
今の経験を財産にしてほしいです。
だから、我が家の財産は無限大なんですよ!!

我が家の家計。
借金ゼロ。
保険ナシ。
現金が通帳にウン十万円くらいかな〜。

今回日本に帰ったら、少なくなっちゃった〜ぎゃはは〜
佐々木さんに我が家のライフプラン立ててもらったら
チョ〜簡単ですね。きっと。

主人は健康だし、
子供の学校は日本よりお金が掛からないし
〜右肩上がり?

ココは2、3日過ごしやすく、
「あっ!お母さん、〇〇の気温と同じだよ!」
って娘が言っています。
でも、風や湿度が違うので体感は随分違うのだと思います。
そちらはそろそろ学校も始る頃ですね。
娘たちは9月8日まで夏休みです。
6月20日からでしたから、いい加減飽きました。

長々とお忙しいのにすみません。
先日のお礼とこれからも母をよろしく
・・と簡単にそれだけなんですが(汗)

大変失礼しました。



借金ゼロ。保険ナシ。 ・・いいですね〜。

いかにも・・アメリカで生きている・・って感じで、
すべてにポジティブな考え方もOK!・・です。

私が日ごろ言っていること・・そのまんま・・です。

「シンプルに考えれば、家計は健康になります。」
   本気で生活設計、3つの提言。 「できるだけ」 を付けて。
  ●生命保険には、加入しない。
  ●借金は、しない。

  ●手数料や経費は、払わない。

アホバカ・トークに引っかかるおバカさんが
後を絶たない日本・・です。

たとえば・・
「貯蓄がない人ほど、保険に入りましょう。」
・・もろに、アホバカ・トークです。

保険に入っていない不安・・より、
貯蓄がないことに不安を感じる、
まともな感性をもちましょう。



「我が家の財産は無限大!」
・・いい・・ですね〜。

子どもさんたちが今まさに経験していることが、
将来の大きな財産になります。

楽しみ・・です。



ひるがえって・・ちょっと心配が・・。

ライフプランニングを日常業務としている立場から、
「ご夫婦の老後」・・に思いを馳せてしまいます。

顧問会員のお母さんについては、
将来に何の問題もないことが確認できましたが、
娘さんご夫婦の老後・・は?

顧問会員ではないので、
ヒアリングとかもしていません。

公的年金の保険料、払っているんでしょうか・・?
老後の生活設計は、公的年金をメインにします。
無年金・・なんてことにならなければいいんですが。
( 過去の顧問会員に、現実におられました )

・・ふと、私が不安になってしまいました。 (^^ゞ




今日の佐々木FP


メール顧問会員のKさん(40代)
   (相談:ライフプランニング)

「現状診断」はすでに終えていて・・、
(  正直・・悲惨な結果・・でした (^^ゞ  )
あらためて・・改善点を総合的に加味、
今日からシミュレーションを作成しています。

明日には、終了できるか・・と思います。








《 消費者の方へ 》 
質問・感想など気軽にどうぞ。できるだけ早めにお返事します。
ただし、回答は一般論にならざるを得ないことをご了承下さい。
( 会員の個別診断が可能なのは、徹底的な情報提供による )

《 業界の方へ 》 コメントを頂く場合は所属・姓名を名乗り、
私同様・・個人が特定できる状況で、正々堂々とお願いします。
読者の参考にもなるので、敬意を表してきちんとお返事します。
匿名は即 削除します。 ( 無駄な手間隙はご遠慮下さい )
Posted by 武田 つとむ
Category : ■ライフプラン
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
生命保険は適正?住宅ローン金利が上昇するけど
JUGEMテーマ:家庭


入院暦もあり・・どうしたらいいのか?



住宅ローン金利4%.JPG


メール顧問会員希望のKさん(40代)
   (相談:ライフプランニング)


日曜日にメールをいただいていた・・ようです。
新規にメール顧問会員になりたい・・と。


 当事務所で新規に顧問会員になる方は、
 平均すると・・だいたい週に一人・・というペースです。
 月に4〜5人です。
 一人当たりの資料作成密度から考えると・・、
 対応できる人数もこのくらいが適正レベルです。

 顧問料:36,000円 × 5人 = 180,000円/月

 粗末な事務所でも、月の経費は・・数十万円です。
 事務所家賃、駐車場料金、佐々木FPの給与、
 事務機器リース料、通信費、その他諸々・・。

 私の報酬が出るわけがありません。 (^^ゞ
 逆に不足分を私のポケットマネーから補充・・。

 なぜ・・こんなお人好しなことを継続しているか?
 『私のライフワーク』・・と、決めてかかっているからです。
 保険会社、金融機関、住宅会社、不動産会社、・・等々の
 プロを相手に、素人の消費者が「人生に係わる大損」を
 こうむっている事態を放っておけない・・からです。

 ・顧問会員は、具体的に計画・実行支援。
 ・一般消費者は、ブログ記事で「目覚め」のきっかけを。

 相談に乗るFP事務所が・・商品を販売していたり、
 相談料金が高かったり、・・していては、
 「だれでも安心して相談できる」相手にはなり得ません。

 だから・・商品販売はもちろん行なわず、
 料金は・・だれでも相談できるレベルに設定しています。
 ( 追加負担のない36,000円/年です )



・・で、Kさんからのメール文です。


はじめまして。
〇〇県に住むKと申します。

メール顧問会員の契約を結びたくてメールしました。

相談内容の概要は、 
1 現在支払っている生命保険料は適正なのか? 
2 借り入れ中の住宅ローンの金利が、
  2年後に上がる(2.8%→4%)のですが、  
  負担を減らすためにどう対応すべきか?などです。

2 については、借り替えを検討していますが、
1年半ほど前に〇〇〇〇での入院歴があり、
団信保険の審査にとおりにくいかもしれないので、
生命保険を解約して現在のローンを繰り上げ返済すべきか、
などと日々悩んでいます。

よろしくお願い申し上げます。



よく見かける相談テーマ・・です。


まず・・最初に。
顧問会員になる際に、「契約」は交わしていません。
雑誌の年間購読料・・程度の料金ですから・・。
顧問料:36万円・・だったら交わしますが。 (^^ゞ

生命保険の加入状況が適正か?
住宅ローンをどうするか?

生命保険の加入状況、住宅ローンの詳しい内容、
等々が分かれば・・ポンポンとアドバイスする、
・・そんな光景を雑誌や新聞で見ることがありますが、
それは一般論でしかありません。
( だれでも同じ答えが最良・・には、なりません )

これらは、
Kさんのすべてを把握した後の回答になります。
Kさん固有の答えが出てきます。

   ※Kさんのすべて
    家族構成、資産、収入・支出、職歴、収入暦、
    子どもへの希望、将来や老後の希望、
    固有の特殊事情、・・等々の情報を基に作成される
    一生のキャッシュフロー表で全てを把握します。


〇生命保険を1円でも払っていれば、お金のたれ流しを疑え!

なぜ・・こんなことを言うかというと、検証の結果
「生命保険がまったく不要な家族」が、少なくないからです。

・医療保険や医療特約は、家族全員不要。
・死亡保障は、必要な人が必要額分だけ三角形の保険で。
・貯蓄性保険は、払うお金ともらうお金を比べっこ。

・・の作業をした結果、家族全員不要! ・・ありえます。


〇住宅ローン金利4%はもちろん、今どきあり得ない。

金利上昇の前に対策を打つ・・ことになります。

おっしゃるように・・不要な生命保険の解約返戻金は
たいへんな効果をもたらします。
住宅取得前に・・この作業を真剣に検討していれば、
『ひと粒で2度おいしいおバカさん』 ( 失礼! )
・・に、ならずに済みましたが・・。


   ※よくある・・『ひと粒で2度おいしいおバカさん』

    毎年・・たっぷりと生命保険料を払いながら、
    住宅ローンを多額に組んで住宅取得した人。

    ひと粒目:生命保険で、お金(保険料)たれ流し。
    ふた粒目:多めの住宅ローンで、お金(利息)たれ流し。

    生命保険を清算!( 見直しではない )すれば、
    大きな解約返戻金をマイホームの
    自己資金に充当できます。
    払うローン利息が減ります。
    毎月の保険料支払い負担が激減、生活に潤い。


これから・・K家の家計をしっかり見ます。
その上で、しっかりアドバイスしていきます。
( 入院暦も考慮・・して )



メール顧問会員になるための案内を送りました。

いつも・・以下のような案内分を送っています。



こんにちは。 メール、ありがとうございました。
主な相談内容、了解しました。

  雑誌やネットで目にする一般論での相談対応ではなく、
  自分だけの具体的でオリジナルな資料作成や
  相談に対応することができるので、期待してください。

  本当のライフプランニングは、大変な作業になります。
  ( 当事務所が )
  ネホリハホリの聞き取り調査(ヒアリング)を
  覚悟してください。 (^^ゞ
  まず、現状でご自身の一生がどうなっていくか?
  を具体的に見てみましょう。
  ( これが「現状診断」、当事務所も
    顧問会員を具体的に把握できます )

申込み・入金に当たっては、改めて
「顧問会員って何?」で内容の確認をお願いします。
顧問会員が受けられるサービス、
顧問会員と当事務所との関係、・・等々。


よろしければ・・これからの流れは、以下のようになります。

1 年間顧問料:36,000円 入金 

  その日から翌年の前日までの、年間顧問会員になります。
  入金確認次第、「ヒアリング・シート」をメール添付で送ります。
  雑誌購読料程度の極安料金に設定しているので、
  契約の取交わしはしておりません。
  事務所運営に適正な料金(36万円等)であれば、
  契約を交わしますが。 (^^ゞ

2 ヒアリング

  ヒアリングを行ないます。
  ( 記入項目に真剣に向き合って下さい )
  再ヒアリング、再々ヒアリングを行ないます。
  ・・で資料を作成して、家計の現状診断を行ないます。

  くれぐれも、現状診断終了前の相談や質問は
  行なわないようお願いします。
  顧問会員を把握できていない内は、
  一般論でしかお答えのしようがありません。

3 家計の現状診断

  我が家だけのオリジナル小冊子(16ページ前後)
  が完成します。
  キャッシュフロー表で、
  ご自身の一生を見ることができます。
  生命保険等でムダにたれ流す金額が
  正確に把握できます。
  お金の置き場所(空間的・時間的)の
  問題点が把握できます。
当事務所も顧問会員の内容を
  しっかり把握できた状態になります。
  あらゆる質問・相談に対応できる状態・・ということです。

4 生活設計 ( ライフプランニング )

  いっしょに改善案を検討した上で、
  現状診断資料を元に各種対策を施した新たな
  シミュレーション資料を作成し、将来の見通しを立てます。
  生涯シミュレーションは、基本的に「現状診断」時点と
  「生活設計」時点の2度作成することになります。
  以後、各分野で・・その具体的な実行支援作業を
  行なっていきます。
  ( 生命保険 住宅ローン 教育費 
    マイホーム 老後 相続 不動産 )

●振込口座は、以下です。

  ・・ 中 略 ・・


それでは、よろしくお願いします。








《 消費者の方へ 》 
質問・感想など気軽にどうぞ。できるだけ早めにお返事します。
( 具体的な質問の際は、できるだけ詳しい情報提供を )

《 業界の方へ 》 コメントを頂く場合は所属・姓名を名乗り、
私同様・・個人が特定できる状況で、正々堂々とお願いします。
読者の参考にもなるので、敬意を表してきちんとお返事します。
匿名は即 削除します。 ( 無駄な手間隙はご遠慮下さい )
Posted by 武田 つとむ
Category : ■ライフプラン
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
老後準備に夢中になった結果 教育資金不足に
JUGEMテーマ:家庭


とっとと・・個人年金ほかを解約。



老後資金 教育資金.JPG


顧問会員の I さん(50代)
   (相談:ライフプランニング)


今日・・朝、お電話をいただいて・・、
午前11時に来所されました。
( 数ヶ月ぶり ・・です )

家計の現状診断の結果では、
老後は何の心配もいらないキャッシュフローです。
それなのに・・。

それなのに、「老後に備えて」 個人年金等を・・。
まだ・・スネをかじっている子どもさんがいます。
仕送りが大変です。
家計は、ここ1〜2年がピンチ!・・です。



現状診断を終えた時点のアドバイスは・・、
『お金の置き場所が悪い。』 ・・です。
( 時間的な「置き場所」 )

老後はすでに潤沢な家計なのに、
目先の出費を考えずに・・お金を老後へ老後へ・・と
送り続けていることが問題です。

対策は・・簡単です。
老後に送ろうとしているお金を、現在使うことです。
適正な時期にお金を使うこと・・です。
個人年金等は解約!・・することです。



・・で、その通りにされたようで・・今日いらっしゃいました。

佐々木FPがお相手しました。
「解約後のキャッシュフロー表を改めて作ってほしい。」
・・ということで、
武田FPに用はない・・ようでした。 (^^ゞ

できあがったら・・ご連絡、・・ということに。



むやみやたらに・・お金を老後に送り続ける人、
けっこう・・大勢・・いらっしゃいます。

金融機関や保険会社の言いなりにならないように・・。
彼らは生活設計なんて、やっていません。
( 商品を売ればそれでいい・・人たちです )




I さんのライフプランニング(生活設計) 進行状況

   1 ヒアリング
       家族状況・家計収支・資産・職歴ほか
   2 家計の現状診断 
       診断資料(小冊子) 問題点把握

   3 生活設計 シミュレーション
       設計資料(キャッシュフロー表ほか)
   4 実行支援
       商品選択や処理(金融商品・保険・ローンほか)
       住宅・不動産・相続等の段取り・手続き

   5 事後チェック
       計画の実行・・進行状況、必要に応じた修正




今日の佐々木FP


●メール顧問会員のKさん(40代)
   (相談:ライフプランニング)

ここ数日、現状診断資料の作成をしています。
なんとか・・明日で終われるか?
・・というところまできているようです。
( がんばれ、がんばれ )


●メール顧問会員の I さん(30代)
   (相談:ライフプランニング)

先週・・顧問会員になったばかりです。
ヒアリングシートを送っています。

電話をいただきました。 武田FPが取りました。

「ヒアリングシートの書き方について
 お聞きしたいので、佐々木さんをお願いします。」

ここでも、私はお呼びでなかった・・ようです。 (^^ゞ
佐々木FPが、てきぱきてきぱき・・お答えしていました。



今日の武田FP


顧問会員のMさん(30代)
   (相談:生活設計・マイホーム建築)

一日がかりで・・住宅プラン作成をしていました。

マイホームは、屋根の形状次第で
おもしろい空間が色々創出できます。
( 夢がふくらみます )

新しい案を作成して・・メール添付で送信しました。

また・・土曜日に、ご夫婦で来所されます。



今日・・作成したプランです。
人生設計も、マイホーム設計も・・。  (^^ゞ

M家マイホームプラン.JPG





《 消費者の方へ 》 
質問・感想など気軽にどうぞ。できるだけ早めにお返事します。
( 具体的な質問の際は、できるだけ詳しい情報提供を )

《 業界の方へ 》 コメントを頂く場合は所属・姓名を名乗り、
私同様・・個人が特定できる状況で、正々堂々とお願いします。
読者の参考にもなるので、敬意を表してきちんとお返事します。
匿名は即 削除します。 ( 無駄な手間隙はご遠慮下さい )
Posted by 武田 つとむ
Category : ■ライフプラン
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
夫が入院したら収入ゼロ、備えるため医療保険?
JUGEMテーマ:家庭


主人の収入がゼロに・・心配です。




医療保険で収入保証?.JPG


読者からの相談です。
みみさん ・・からです。



毎日楽しくブログ拝見させていただいてます。
ずうずうしいですが、
宜しかったら無料公開診断を希望いたします。

主人:41歳 会社員(組織は法人ですが、
 会社の理由により国民健康保険+国民年金)
 年収約400万

妻:37歳 会社員 年収約360万

持ち家:ローンなし(繰上返済にて終了)
子供:15歳、12歳、8歳

貯蓄:現金1100万 
   郵便局の学資保険
   (損すると理解したため先日払済へ変更)

生命保険:
   主人 こくみん共済総合2倍+医療タイプ(支払5200円/月)
   妻 こくみん共済医療タイプ(支払1600円/月)
   年金積立 第一生命(支払10000円/月)
   (こちらはお付き合いで加入したばかりです)

 心配なのは以前質問させていただいたように、
病気等で入院した場合の主人の収入が0になるので、
収入としての必要最小限の医療保障が必要なのか。
主人の死亡保障は必要なのか。
老後の公的年金はどうなのか。
私が今後も定年まで働くとして、遺族基礎年金でも十分なのか。

大変図々しいかとは存じますが、
公開診断していただけたら幸いです。
お忙しい中大変申し訳ございませんが
どうぞ宜しくお願いします。




こんにちは。

結論を言います。 『診断』・・は、不可能です。
理由、決定的に情報が少ない・・からです。
( これだけの情報では何の判断材料にもならない )

『診断』・・は、必要な情報をすべてもらった上で、
慎重に検証して導き出されるもの・・です。

   ※『診断』・・は、徹底的なヒアリングから。
    楽天ブログの「武田つとむFP事務所」の
    「顧問会員 業務と手順」を参照してください。
    数多いヒアリング項目や提出書類があります。
    これら全てが確認できて初めて・・『診断』です。

それでも・・、たとえば保険屋さんなら、
上記のような提示情報で相談を受ければ、
てきぱきてきぱきとアドバイスして・・、
保険商品をオススメして・・契約に誘導します。
( 非常に無責任でアブナイ対応・・です )


なお・・生活設計で必要な情報は、収入と資産だけではなく、
「支出」も大きな要素になります。

収入の情報も・・現在の一時点だけではなく、
過去も未来も必要になります。 支出でも同じことです。

その他にも確認事項が数多くあります。



・・で終わってしまっては気の毒なので、
コメントできるところをひろってお答えします。



公開の無料相談では、このように情報が限られるため、
答えが可能なものと不可能なものがあります。
相談者の背景や全体像が見えないので、
その答えも「一般論」になることをご了解ください。


Q:夫が収入ゼロの事態に医療保険で備える・・はOK?

A:貯蓄で備えることを勧めます。
 ・そもそも保険加入は損。
  一定期間の保障を買って、お金を捨て続ける行為。
 ・働けないで自宅療養の場合は給付が無い。
  医療保険の給付は入院が基本なので無意味に。
 ・現金が1,100万円あるのなら充分。
  保険料でたれ流すお金を貯蓄に廻して、さらに増やしたい。


Q:主人の死亡保障は必要なのか。

A:答えようがありません。 ( 情報不足 )
 ・公開相談で、死亡保障の要不要の判断は不可能です。
  死亡保障必要額の計算方法は・・、
  楽天ブログの「武田つとむFP事務所」の
  「家計の常識を疑え!」の「生命保険」参照。


Q:老後の公的年金はどうなのか。

A:計算しようがありません。 ( 情報不足 )
 ・楽天ブログの「武田つとむFP事務所」の
  「顧問会員 業務と手順」を参照してください。
  数多いヒアリング項目や提出書類。


Q:私が今後も定年まで働くとして、
  遺族基礎年金でも十分なのか。


A:判断しようがありません。 ( 情報不足 )
 ・楽天ブログの「武田つとむFP事務所」の
  「顧問会員 業務と手順」を参照してください。
  数多いヒアリング項目や提出書類。



質問に・・ほとんどお答えできずに申しわけありません。

・・が、提供された情報の中で
私なりに気になった部分をいくつか指摘しておきます。



〇郵便局の学資保険
(損すると理解したため先日払済へ変更)


「払済(はらいずみ)」・・は、保険を売る側の都合で、
解約をさせないための手法・・です。
以後の保険料支払いを止めて、保障を継続します。
消費者は、保障継続分のコストを負担します。
売る側の得は、買う側(消費者)の損・・です。

元々の目的は何でしょう? 貯蓄? 保障?
純粋に貯蓄が目的なら・・スパッとやめるべきです。
「損すると理解したため」なら・・なんで「払済」に?
「払済」にする損得をしっかり検証してみましょう。


〇生命保険
主人 こくみん共済総合2倍+医療タイプ(支払5200円/月)
妻 こくみん共済医療タイプ(支払1600円/月)


家計節約のため・・生命保険はすべて共済系で?
時々見かける家計で、顧問会員にもいます。
これ・・2つの点で、マズイ・・です。
1 医療保障でお金たれ流し。(バカにならない金額に)
2 死亡保障、小さすぎて必要額に足りない場合も。


〇年金積立 
第一生命(支払10000円/月)
(こちらはお付き合いで加入したばかりです)


こちらも・・マズイ・・です。
1 保険屋さんとのお付き合いは、大金流出になりやすい。
2 保険で貯蓄をしてはいけない。 (保障分のロスが発生)
3 超低金利の今・・長期契約は損。 (超低金利を固定)



・・ということで、相談の世界ではよくあることですが、
ご本人の懸念事項よりも別のところに
問題点がごろごろしていたり・・するものです。


ご参考に・・。




今日の佐々木FP


●顧問会員のTさん(30代)
   (相談:ライフプランニング)

家計の現状診断、資料作成が終了しました。
私が「総評」を書いて完了。
佐々木FPが小冊子に仕上げました。

明日の午後、来所いただくことになりました。


●メール顧問会員のKさん(40代)
   (相談:ライフプランニング)

引き続き・・家計の現状診断資料の作成作業。
来週・・前半で完成させる予定です。




今日の武田FP


●顧問会員のMさん(30代)
   (相談:生活設計・マイホーム建築)

マイホームのプラン作成・・です。
明日・・午前、ご夫婦で来所されます。








《 消費者の方へ 》 
質問・感想など気軽にどうぞ。できるだけ早めにお返事します。
( 具体的な質問の際は、できるだけ詳しい情報提供を )

《 業界の方へ 》 コメントを頂く場合は所属・姓名を名乗り、
私同様・・個人が特定できる状況で、正々堂々とお願いします。
読者の参考にもなるので、敬意を表してきちんとお返事します。
匿名は即 削除します。 ( 無駄な手間隙はご遠慮下さい )
Posted by 武田 つとむ
Category : ■ライフプラン
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
実家のメドが付いたら、自分たちのマイホームを
JUGEMテーマ:家庭


面談してのヒアリング、スムーズ・・です。






顧問会員のTさん(30代)
   (相談:生活設計・マイホーム取得)


今日・・午前、来所して新規に顧問会員になりました。


奥さん1人での来所・・です。
ご夫婦と子ども2人の4人家族・・です。

金曜日に電話予約をいただいていて・・、
年間顧問料や提出書類も持参いただきました。
( あらかじめ・・ブログを読んで準備 )

1 「覚書き」の取り交わし

   ・顧問会員の内容の説明。
   ・「顧問会員と当事務所の関係」の説明。
   ・・等々を終えて、署名・押印。

2 年間顧問料 入金

   ・36,000円をいただきました。
   「事務所に現金は置いていないので、
    お釣りの無いように。」 ・・ちょうど頂きました。

3 主な相談事項・懸念事項の確認

   メインの相談は、ライフプランニング・・です。
   ・・が、夫の実家に特殊事情があります。
   けっこう・・重い・・内容です。
   ( もちろん、公表はできません・・が )
   その事情の解決メドが立ったら、自分たちの
   マイホーム取得を実現させたい。

4 ヒアリング

   ここから・・佐々木FPにバトンタッチ、
   ネホリハホリのヒアリングを行ない、
   1時間半ほどで終了・・です。
   ・不足資料:厚生年金基金の将来受給額情報
   ・確認事項:定年退職金・死亡退職金・
          50才時予測年収・・等のみ。

   やはり・・面談で行なうヒアリングはスムーズです。
   記入事項で不明な部分はその場で説明しながら・・、
   あっという間に、ほぼ終了・・です。
   face to face ・・って、やっぱりすごい。

   これが・・メール顧問会員の場合は大変です。
   未記入、勘ちがい記入、その他諸々・・で、
   ひどい状態(失礼!)でシートが返信されます。

   面談なら一言の説明で済むことを・・いちいち
   そのヶ所ごとに吹き出しで説明を付けて・・
   「再ヒアリング」資料として添付送信します。
   「再々ヒアリング」になることもしばしば・・です。
   送る方も送られる方も、手間ひまがかかります。

   結果・・、「現状診断」終了まで何日も要しています。
   ま・・それでも、ライフプランニングをすることは
   とても大切なことだし、実利のあること・・です。

   全国に・・面談で本当のライフプランニングが
   できるところがほとんど無い事の方が問題・・です。


ヒアリングでのイメージから・・、
T家は・・いかにも堅実そうな家計・・のようです。

Tさんの場合は、残る必要情報をファックス等で
いただければ、家計の「現状診断」が終了できます。


Tさんのライフプランニング(生活設計) 進行状況

   1 ヒアリング
       家族状況・家計収支・資産・職歴ほか

   2 家計の現状診断 
       診断資料(小冊子) 問題点把握
   3 生活設計 シミュレーション
       設計資料(キャッシュフロー表ほか)
   4 実行支援
       商品選択や処理(金融商品・保険・ローンほか)
       住宅・不動産・相続等の段取り・手続き
   5 事後チェック
       計画の実行・・進行状況、必要に応じた修正



週明けの月曜日・・です。 色々な着信メールが・・。

〇メール顧問会員のJさん(40代)
   先日・・「現状診断」を終えています。
   その後・・細かな質問をたくさんいただいています。
   ( すぐにお返事できなくて、スミマセン! )

〇メール顧問会員のHさん(20代)
   ただ今・・ヒアリング中です。
   ヒアリングシートと提出資料が送信されてきました。

〇顧問会員のMさん(30代)
   マイホーム建築へ向けて、実行支援中です。
   農業振興地域での建築で、手続きが大変です。
   マイホームの間取り打ち合わせの件で連絡・・。

〇メール顧問会員のKさん(40代)
   ただ今・・ヒアリング中です。
   ヒアリングシートと提出資料が送信されてきました。

〇メール顧問会員希望のTさん(40代?)
   「年間顧問料をネットバンキングで振込みしました。」
   明日・・入金になるようです。
   入金を確認したら、ヒアリングシートを送信します。


・・現状診断前後の顧問会員が、混み合ってきています。
大変・・です。  ( 佐々木FPが )


本格的な生活設計は、すごく手間ひまがかかります。
当事務所の対応能力は、1ヶ月に4〜5家族・・ですぅ。 (^^ゞ



今日の佐々木FP


●メール顧問会員のOさん(20代)
   (相談:ライフプランニング)

家計の現状診断資料・・作成終了!

引き続き・・私が「総評」を書いて仕上がり!
メール添付で送信しました。

すごい・・キャッシュフローです。

どんな風にすごいか?
まだご本人が見る前なので、別の機会に
取り上げようと思っています。


●顧問会員のTさん(30代)
   (相談:生活設計・マイホーム取得)

上記の通り、ヒアリングを行ないました。
午前中から・・お昼の時間に食い込んで・・。


●メール顧問会員のKさん(40代)
   (相談:ライフプランニング)

記入されたヒアリングシートと、
提出書類の情報が、いっしょに送られてきました。

整理整頓して・・「再ヒアリング」のシート作成の
作業に入りました。








《 消費者の方へ 》 
質問・感想など気軽にどうぞ。できるだけ早めにお返事します。
( 具体的な質問の際は、できるだけ詳しい情報提供を )

《 業界の方へ 》 コメントを頂く場合は所属・姓名を名乗り、
私同様・・個人が特定できる状況で、正々堂々とお願いします。
読者の参考にもなるので、敬意を表してきちんとお返事します。
匿名は即 削除します。 ( 無駄な手間隙はご遠慮下さい )
Posted by 武田 つとむ
Category : ■ライフプラン
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
大目標のために、生命保険に目をつぶるのも一法
JUGEMテーマ:家庭


男は思い込みの強い生き物・・です。






顧問会員のSさん(30代)
   (相談:ライフプランニング)


今日・・午前、奥さん+チビ2人・・の3人で来所。

   チビ1 : 長男 4才
   チビ2 : 長女 2才

   土曜日で佐々木FP(お守り役)がいないので、
   チョコチョコ動き回られて・・大変です。
   チビ2は、どちらかといえば「人見知り」だそうですが、
   私には最初から笑顔で接してくれました。
   私は「合格」・・のようです。  (^^ゞ

   その・・チビ2が・・私に寄り添って、
   「あのね、あのね・・おじいちゃん。」
   人生で初めて言われました。 「おじいちゃん」・・って。
   ( 少なからず・・ショック・・です )
   そういえば私、Sさんのご両親と近い世代です。 (^^ゞ



今日は、家計の現状診断結果の説明・・です。


キャッシュフローグラフ(貯蓄残高の推移)は、
( 1年ごとの棒グラフで表現しています )
普通・・現役時に貯蓄が増えて高くなっていき、
老後は徐々に徐々に減っていくのが普通です。

S家のキャッシュフローは、
現役時はその通り順調に増えて高くなっていきますが、
老後は減りません。 ( むしろ増えたりしています )
〇千万円の高い位置前後で安定しています。

すごい状況・・です。

奥さんが老衰で亡くなる時に・・
こんなに残してどうするの? ・・というレベルです。

ということで、このまま推移するとすれば、
将来には何の不安もありません。


   ※やってはいけないこと

    保険屋さんや銀行等で勧められて、
    「個人年金保険」なんかを始めてはダメ。

    もうすでに・・老後のお金は〇千万円で
    推移することが分かっています。
    あらためて老後の資金準備は不要です。

    現役時のお金は現役時に有効に
    使った方がいい・・ということになります。


・・で、S家の生命保険は・・?

〇年間保険料 : 35万円  ・・もちろん払いすぎ!
   ・払込み保険料総額        : 993万円!
   ・内・・捨てるお金(保障相当分) : 787万円!

〇死亡保障 必要額計算結果
   ・夫 : −648万円  ( 加入:1,775万円 )
   ・妻 : −462万円  ( 加入:3,620万円 )
   不要なのに加入中・・です。

〇医療保障 : 元々、加入しない方がお得。


・・ということで、
S家の場合も生命保険はまったく不要です。
ガンガン・・お金をたれ流している状況・・です。
大部分の保険はすぐ解約できそうです。


・・が、数本の保険の内・・大きな保険がクセモノです。

身内が保険営業をしていて加入したものです。
( 夫側の身内の・・ )


「かんたんにやめるわけにはいかない。
 〇〇(保険営業)の生活も考えてやらないと・・。」

・・のように言っているようです。

これは・・大変なネックです。
しばらくは・・どうにもならないでしょう。

男は一旦「こうだ!」と決めたら・・なかなか、
人の話に耳を貸しません。 ( 特に妻の話には )
「理路整然と話せば分かる。」という問題ではありません。

ある意味・・おバカさん(失礼!)・・です。



Sさんは、マイホーム取得も希望しています。

この大きな計画のためには、
小さなことにはとりあえず目をつぶる・・
ということも必要かと思います。

問題の生命保険はとりあえずそのままにして・・、
他の保険はすべて解約した上で、
マイホームの計画の方に夫を誘導・・
するのが得策だと思います。

そのうちに・・その身内が、
生命保険の営業をやめてもらえばラッキー♪
・・程度に考えて・・。


Sさん、次回は夫婦そろって・・6月の第2週に
おいでになる予定です。

( チビ1・チビ2は預けて置いてきて・・ )



Sさんのライフプランニング(生活設計) 進行状況

   1 ヒアリング
       家族状況・家計収支・資産・職歴ほか

   2 家計の現状診断 
       診断資料(小冊子) 問題点把握

   3 生活設計 シミュレーション
       設計資料(キャッシュフロー表ほか)
   4 実行支援
       商品選択や処理(金融商品・保険・ローンほか)
       住宅・不動産・相続等の段取り・手続き
   5 事後チェック
       計画の実行・・進行状況、必要に応じた修正








《 消費者の方へ 》 
質問・感想など気軽にどうぞ。できるだけ早めにお返事します。
( 具体的な質問の際は、できるだけ詳しい情報提供を )

《 業界の方へ 》 コメントを頂く場合は所属・姓名を名乗り、
私同様・・個人が特定できる状況で、正々堂々とお願いします。
読者の参考にもなるので、敬意を表してきちんとお返事します。
( 匿名コメントは削除 : 無駄な手間隙はご遠慮下さい )
Posted by 武田 つとむ
Category : ■ライフプラン
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
マイホーム取得前の生活設計、する? しない?
JUGEMテーマ:家庭


しない人が圧倒的に多い・・のが現実。
だから・・後々、大変なことになっています。




住宅ローン 生命保険.JPG

メール顧問会員のKさん(30代)
   (相談:ライフプランニング)


Kさんは今日・・顧問会員になりました。 
なりたてのホヤホヤ・・。
年間顧問料:36,000円を入金いただきました。



一昨日いただいたメール


   はじめまして。
   〇〇県在住のKと申します。

   いつも武田先生のブログで勉強させて頂いています。
   私、妻、息子の3人家族です。
   子供はもう1人欲しいと思っています。

   現在、賃貸アパート住まいですが、
   近い将来に持ち家の取得を考えています。

   妻の希望もあり、なるべくゆったりとした大きな家に
   住みたいと思っているのですが、
   持ち家にどれくらいの予算を費やすことができるのか?
   よくわからず躊躇しています。

   相談内容は上記のことを含めたライフプランニングで、
   メール顧問会員を希望します。

   よろしくお願い致します。



・・で、
顧問会員になる手続きをご案内しました。


今朝・・また、メールをいただきました。



   こんにちは。

   先日メール顧問会員へ申し込みました
   〇〇県在住のKです。

   昨日、年間顧問料36,000円を振込みましたので、
   ご確認をお願いします。

   それでは、よろしくお願いします。



振込入金を確認しました。

さっそく先ほど・・ヒアリングシート(5ページ)を
メール添付で送りました。

まず、徹底的なヒアリングをして、
K家の家計の現状診断を行ないます。

・現状のまま推移すると、K家の将来はどうなるか?
・現在のK家の家計の問題点は何か?
・・等々を明らかにしていきます。



「近い将来に持ち家の取得を考えている。」
「持ち家にどれくらいの予算を費やすことが
 できるのか分からない。」

・・だから、
『きちんとライフプランニングしてみたい。』

・・と、Kさんのように考えれば、将来に確信が持てて
安心してマイホーム取得ができます。

が・・、そう考える人は、かなりの少数派・・です。

当事務所に来るのも・・ほとんど、事後相談です。
事後相談で・・住宅ローンや生命保険や・・
家計改善作業をしながら、
「何で事前に相談しなかったんだろう・・。」
・・例外なく皆さん、悔やんでいます。
( 後の祭り・・です )

過去の「損」は取り返しがつきませんから、
あっさりあきらめて・・気持ちを切り替えて、
将来に向けて改善作業をしていくことになります。


事後相談は・・おおよそ以下のようなケースが多い。

「住宅ローンの返済と生命保険料で大変だ。
 年々・・教育費もかさんできて、
 食費その他を切り詰めなければやっていけない。」


こんな状態を作った「犯人」は・・、まず本人!です。
( 将来設計の意識がまったく無い )

・・が、まだまだ犯人はたくさん・・います。

〇生命保険会社

   保険商品を売って食べています。
   できるだけ金額の大きい保険を売ろうとします。
   できるだけ特約をつけようとします。
   「生活設計」は口先だけで、実際にはやっていません。

   助言通りにしていたら、損をするに決まっています。
   期間が長いために、たれ流すお金は高額になります。

〇銀行

   住宅ローンは、銀行のドル箱商品です。
   預金の数十倍の利息が得られ、確実で
   大きな収入源になっています。
   「保証会社」さえ承認してくれれば、できるだけ
   多く貸し付けた方が儲かります。
   
〇住宅会社

   できるだけ大きく、高価な仕様にした方が
   儲かるので、打ち合わせの中で盛んに勧めます。
   たいていの消費者は・・だいたい、
   本人の能力以上に背伸びしてしまいます。


ということで・・
にっちもさっちも行かなくなった場合どうするか?
食費や日常生活費を切り詰める前に
することがあります。


生命保険料・・、若い人でも月5万円なんて
平気で払っていたりします。
それで住宅ローンも・・では大変過ぎます。

   ※本末転倒
    保険料を5万円も払いながら
    食費を切り詰める・・、異常です。
    この状況を本末転等・・と言います。
    無駄なお金のたれ流しをやめて、
    おいしいものをしっかり食べましょう。


『 生命保険料は、一家族で数千円/月で済みます。 』

〇捨てるお金

保険料月5万円の半分前後は保障に充当するお金です。
「 保障に充当するお金 = 捨てるお金 」
半分の2.5万円を捨て続ければ・・
2.5万円 × 12ヶ月 × 30年 = 900万円!
( こんな大金を捨てる必要はない )
本当に捨てても有効なお金・・、
きちんと計算しなければなりません。
自分の頭で考え、理解して、納得づくでお金を捨てましょう。

〇貯める(つもりの)お金

残りの2.5万円は貯蓄性の保険・・だとします。
・・が、当事務所で診てきた顧問会員の内容では、
5本の貯蓄性保険の内・・4本が元本割れ!
不要な特約を付けているので・・お金が増えないどころか、
元本割れしているんです。
本人は・・算数をしてみることをしないので、
元本割れに気付かないし、有利な貯蓄をしている
つもりでいます。 おバカさん・・です。 ( 失礼! )
シンプルに預貯金の積立てをする方がマシ!・・です。

で・・結局、
月5万円も払っている場合は、ほとんど解約を
することで、家計が大幅に改善されます。

( フローとストックの両面で )

●フロー

保険料は・・どんな家族でも月数千円で済みます。

浮いた4万円が・・将来の家計に効果をもたらします。
4万円 × 12ヶ月 × 30年 = 1,440万円!
・・この大金が、大きな効果に。

毎月の生活が豊かになります。余裕ができます。
あるいは・・計画的に貯めて、繰上げ返済することも・・。

●ストック

現在のほとんど不要な保険を解約することで、
解約返戻金が手元に入ります。 ♪
以外にまとまったお金になったりします。
100万円とか、300万円とか・・。

このお金を、住宅ローンの繰上げ返済に
あてると・・、
100万円の元本で・・70万円の利息節約!
ローン返済期間が数年短縮!
・・のような、お得な結果が得られます。

貯蓄性保険で、ダラダラ積立て・・元本割れ、
・・なんてアホなことをしている場合ではありません。



・・ということで、事後であっても
このような作業をすることで、
家計は大幅に改善することができます。

・・が、ここに至るまでの「損」は確実に存在します。

・生命保険料のたれ流し
・元本割れの貯蓄
・住宅ローン繰上げ返済効果を得る機会を逃す
・・等々お金にして、数十〜数百万円の「損」が・・。


事前にきちんと生活設計した方がいいに決まっています。

Kさんは・・これから、近い将来の住宅取得に向けて
事前のライフプランニング(生活設計)を行ないます。


Kさんのライフプランニング(生活設計) 進行状況

   1 ヒアリング
       家族状況・家計収支・資産・職歴ほか

   2 家計の現状診断 
       診断資料(小冊子) 問題点把握
   3 生活設計 シミュレーション
       設計資料(キャッシュフロー表ほか)
   4 実行支援
       商品選択や処理(金融商品・保険・ローンほか)
       住宅・不動産・相続等の段取り・手続き
   5 事後チェック
       計画の実行・・進行状況、必要に応じた修正



今日の佐々木FP


メール顧問会員のWさん(20代)
   (相談:ライフプランニング)

佐々木FP・・、現状診断資料の作成、
どんどん作業を進めて今日で一応終了!

一応・・というのは・・、Wさんが郵送したという
「提出書類」がまだ届きません。
その書類を確認した上で終了!・・になります。

明日・・ですね。


Wさんのライフプランニング(生活設計) 進行状況

   1 ヒアリング
       家族状況・家計収支・資産・職歴ほか

   2 家計の現状診断 
       診断資料(小冊子) 問題点把握
   3 生活設計 シミュレーション
       設計資料(キャッシュフロー表ほか)
   4 実行支援
       商品選択や処理(金融商品・保険・ローンほか)
       住宅・不動産・相続等の段取り・手続き
   5 事後チェック
       計画の実行・・進行状況、必要に応じた修正








《 消費者の方へ 》 
質問・感想など気軽にどうぞ。できるだけ早めにお返事します。
( 具体的な質問の際は、できるだけ詳しい情報提供を )

《 業界の方へ 》 コメントを頂く場合は所属・姓名を名乗り、
私同様・・個人が特定できる状況で、正々堂々とお願いします。
読者の参考にもなるので、敬意を表してきちんとお返事します。
( 匿名コメントは削除 : 無駄な手間隙はご遠慮下さい )
Posted by 武田 つとむ
Category : ■ライフプラン
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
給料が減って、住宅ローンや生命保険が重荷に
JUGEMテーマ:家庭


連日登場! 生命保険料・・月7万円!






今日・・午前、
初めての方から電話問い合わせが入りました。
( Sさん:30代 )


私が不在でしたので、佐々木FPが受けました。

・夫婦共稼ぎだけど、給料が減ってきている。
・住宅ローンの返済がある。
・生命保険料は、月7万円・・払っている。
・これから子供たちの教育費がかかる。

生命保険と住宅ローンで大変.JPG
で・・顧問会員になって、しっかり家計改善したい!
・・という内容のようです。
4/27(月)に来所いただいて顧問会員になり、
さっそく・・ヒアリングに入ることになりました。



生命保険料・・月7万円!
( 1千万円単位のお金たれ流しになります )


昨日・・メールで顧問会員を希望された
Kさん(30代)と同じ、連日の生命保険料:月7万円!・・です。

これ・・日本人の平均をはるかに上回っています。
( 保険大好き日本人の平均をさらに・・ )
若い世代は少ない傾向にあるんですが、
30代でこんなに払うのは異常・・です。

1年間に払う保険料は・・
7万円 × 12ヶ月 = 84万円! ( もったいない・・ )

     ※一家族の生命保険料

     基本的に・・年:数万円で済みます。
     差額の約80万円が貯蓄に廻ると・・
     80万円×30年=2,400万円!
     2,400万円ではなく2,000万円でも
     将来が非常に明るくなります。


Sさん、Kさん、両者に共通するのは、
「保険屋さんにお任せ」 ・・ということです。
保険屋さんは・・
「生活設計」や「ライフプランニング」の言葉を使いながら、
その具体的な作業は何もせず、保険商品を売ります。
ライフプランニングに必須の
・詳しいヒアリングを受けたでしょうか?
・具体的なキャッシュフロー表を作ってくれたでしょうか?

売り手はプロで、買い手は素人・・です。
所詮・・ヒツジさんはオオカミさんに・・かないません。
ヒツジさんは少なくとも、こちらから近づかないことです。
オオカミさんの巣窟へ・・。
おいしく・・食べられてしまいます。  (^^ゞ



住宅ローンの返済がたいへん。
( こちらも、1千万円単位のお金たれ流しになる場合も )


これはまず、マイホーム取得の時点がカンジン・・です。

     なのに・・圧倒的に、事後相談が多いですね。
     事前相談を受けていれば、取得時点で
     少なくても「数百万円のお得」を実現できます。

マイホーム建築をお願いする住宅会社・・、
当初から1社に決めていたとすれば、
少なくても数百万円のお金たれ流しが、
一瞬で発生しています。

     ※建築価格

      価格はあってないようなものです。
      同じ条件で複数の業者を比較すると・・、
      予算2,000万円の場合で・・見積り
      価格は上下で1,000万円もの差が
      ついたりします。
      必ず、複数の業者を比較検討しましょう。

      詳しくは・・
      楽天ブログ「武田つとむFP事務所」の
      「生活設計後の実行支援」の
      「マイホーム事例(写真)」を参照。


で・・知らずに・・仮に500万円も高い契約をした場合、
当然・・住宅ローンを500万円余計に借りることになります。
ザックリと・・500万円の利息総額は200万円です。

・建築費の損     : 500万円
・上乗せローン利息 : 200万円

合計で700万円の損が・・初期段階で確定します。
( もったいない・・ )
本人が気付かないまま、こんなことが起きています。



で・・住宅ローンの返済の段階・・。

オオカミさんの言葉にすなおに従って・・
お金をたれ流しているヒツジさんたちが大勢・・います。

オオカミさん
「住宅ローン控除期間中は、残高が減ると
 充分に恩恵を受けられません。
 繰上げ返済は、期間が明けてからにしましょう。」

ヒツジさん
「分かりました。住宅ローン控除の期間中は、
 繰上返済はしないようにします。」

・・なんて、アホなやり取りをして、
さらに悪いことには・・

オオカミさん
「余裕資金があるのなら、老後に備えて積立てを
 始めることをお勧めします。公的年金もあてに
 なりませんから・・。 いい商品がありますよ。」

ヒツジさん
「あ・・なるほど、少しずつ始めとこうかな・・。」


・・なんてことになれば、ヒツジさんはオオカミさんに
おいしく食べられてしまった・・ということです。


住宅ローンの返済が始まって間もない時期は、
100万円の繰上げ返済で利息100万円を節約!
・・のような大きな効果が得られます。

数回の繰上げ返済で、数百万円の利息を削減!
・・が、可能なんです。
同様の効果が・・だれでも簡単にリスク無しで
得られる金融商品は、存在しません。
住宅ローン返済者だけの・・スーパー金融商品!

数十年先に少しの上乗せ分をいただく
個人年金保険などは、足元にも及びません。
変額年金保険(投資型年金)などは、
本質は「資産運用」ではなく・・金融機関への「資産移転」
であり、まったく・・問題外です。

     ※注

      なんでもかんでも繰上げ返済!
      ・・ではありません。
      特に「教育費」はケアが必要です。
      教育費が無くなりかけた顧問会員
      ・・います。  (^^ゞ



・・と、以上のお話は一般論です。

Kさんも、Sさんも、顧問会員になったら
まずヒアリングを行ないます。
その資料を元に家計の「現状診断」を行ないます。
( 佐々木FPが、4〜5日かけて必死に資料作成 )

でき上がったキャッシュフロー表で、
家計の全体像を把握、問題点を洗い出します。
( ご夫婦の一生が見渡せます )


そこから・・です。・・具体的な対策は。
対策は当然・・、各家計ごとに異なります。







《 消費者の方へ 》 
質問・感想など気軽にどうぞ。できるだけ早めにお返事します。
( 具体的な質問の際は、できるだけ詳しい情報提供を )

《 業界の方へ 》 コメントを頂く場合は所属・姓名を名乗り、
私同様・・個人が特定できる状況で、正々堂々とお願いします。
読者の参考にもなるので、敬意を表してきちんとお返事します。
( 匿名コメントは削除 : 無駄な手間隙はご遠慮下さい )
Posted by 武田 つとむ
Category : ■ライフプラン
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
お金たれ流し家計の、ダイナミックな改善の実例
JUGEMテーマ:家庭


どこのお宅でも、たれ流し・・あります。






メール顧問会員のOさん(40代)
   (相談:ライフプランニング)


いただいたメールを・・昨日、記事にしました。
「住宅ローンの1本を繰上げ返済!・・気持ちいい 」



またまた、メールをいただきました。



武田様
本日の記事、拝見しました。有難うございます。

記事中の「この1年で」というのは正にそうです。
「武田様にみていただいてから」ということです。

そして、出費の行方は、
やはり外車と海外旅行・・ですよね。はい。


さて、
年間500万円くらいの繰上げができる見通し、
というのが
あながち突然、突飛な発言ではないことを
ちょっと検証してみました。

年間支払額

      お世話になる前    今年から
生命保険    42.5万円 ⇒ 4.2万円 (解約&新規)
個人年金    14.5万円 ⇒  0円 (解約)
自社株積立  108万円 ⇒  0円 (積立の一時停止)
夫分住宅ローン 75万円 ⇒ 0円 (完済)
海外旅行予算  300万円 ⇒ 100万円 (一時縮小)

 【 合計 : 540万円 ⇒ 104.2万円 へ 】

ということで、
540万円分の支出が104.2万円だけになったのです!

これは、とても大きな差ですね。

差額の435.8万円は、
残ったワタクシ妻分の住宅ローンの繰上げ返済に
充当できちゃったりするわけですよね?

年収のアップ分を加味せずとも
これだけ節約できる余地があったのです。

ということで、500万円くらいの繰上げ返済に
充当できる金額に近い計算になります。

こんな計算も、武田様に見ていただく機会がなければ
しないまま相変わらず今年もがんがんに海外旅行へ
出かけていたと思います。

あらためてお礼申し上げます。

・・・・・

連日ブログ記事ネタにされることもないとは思いますが、
どの部分でも掲載いただいても構いません。




連日のブログ・ネタ・・に、しちゃいます。  (^^ゞ


Oさん宅の家計、すごい・・ですね〜。
2,000万円強の住宅ローンだって、
4年で完済できちゃいますね。


     ※当事務所コマーシャル  (^^ゞ

       Oさん宅のたれ流し家計が、現在の
       状態になるためにかかったコストは、
       年間顧問料の36,000円です。
       ( 安いもの・・です )
       3.6万円のコストで、1千数百万円の
       経済効果をもたらしています。
       少ない方の場合でも、生涯で同様に
       数百万円の効果が得られます。
       人生の外科手術料金としては安過ぎ・・?
       ( 料金設定を失敗したかも・・です )
       


どこのお宅でも、多かれ少なかれ
お金のたれ流しがあります。

Oさん宅は2馬力で収入レベルも高いので、
その・・お金たれ流しレベルもダイナミック!・・でした。


それぞれの人生です。
稼いだお金の使い方はそれぞれの自由・・です。

・・が、それでもやはり・・もったいないですね。

「単なるお金のたれ流し」 や
「お金の置き場所の勘ちがい」 などは・・。


●お金のたれ流し

 〇生命保険
   日本人のお金たれ流し原因の筆頭!
   年間保険料が数十万円という場合は、
   かなりのたれ流しがあると思って
   まちがいありません。
   Oさんが行なった「清算」のように・・、
   年間保険料は1家計数万円で済みます。
   生涯の保険料も・・「住宅に次ぐ出費」
   ではなく、「軽自動車なみ」で済みます。

 〇住宅ローン
   当初設定どおりの期間ですなおに返済
   していると・・、お金を大量にたれ流します。
   ローンの利息額・・、バカになりません。
   融資額2,000万円、3%、30年返済であれば、
   すなおに払う利息総額は 1,000万円!・・です。
   ( もったいない・・ )
   できるだけ繰上げ返済!・・です。

●お金の置き場所の勘ちがい

 〇個人年金
   老後の準備を万全に・・と、保険会社や
   銀行等に勧められて始める人が多い。
   ・・が、
   きちんと家計の現状診断をしてみると・・、
   老後は公的年金とその他貯蓄等で
   すでに充分で、個人年金の積立をする
   必要がないケースが以外に多いものです。
   「現役時は節約貧乏、老後は超リッチ」
   ・・のような本末転倒な事態に・・。
   お金を老後に老後に・・と送らずに、
   現役時に置いて有効に使った方がいいケース、
   よくあります。
   あるいは・・ほとんどのお金を老後に送りすぎて、
   現役時後半の教育費が足りなくなる
   ・・という、おバカな事態になっている人もいます。

 〇株式等に投資
   住宅ローンの返済を抱えている人が、
   余裕資金を投入して投資を行なうのは、
   お金の置き場所の勘ちがい・・です。
   住宅ローンの繰上げ返済効果は、
   他の資産運用を圧倒します。
    ・大きな効果が得られる。
    ・だれでもできる。
    ・リスクを取らなくて済む。
    ・時間がかからず一瞬でできる。
   ・・そんな方法がある場合は、そちらを優先。




Oさんのライフプランニング(生活設計) 進行状況

   1 ヒアリング
       家族状況・家計収支・資産・職歴ほか
   2 家計の現状診断 
       診断資料(小冊子) 問題点把握
   3 生活設計 シミュレーション
       設計資料(キャッシュフロー表ほか)
   4 実行支援
       商品選択や処理(金融商品・保険・ローンほか)
       住宅・不動産・相続等の段取り・手続き

   5 事後チェック
       計画の実行・・進行状況、必要に応じた修正









《 消費者の方へ 》 
質問・感想など気軽にどうぞ。できるだけ早めにお返事します。
( 具体的な質問の際は、できるだけ詳しい情報提供を )

《 業界の方へ 》 コメントを頂く場合は所属・姓名を名乗り、
私同様・・個人が特定できる状況で、正々堂々とお願いします。
読者の参考にもなるので、敬意を表してきちんとお返事します。
( 匿名コメントは削除 : 無駄な手間隙はご遠慮下さい )
Posted by 武田 つとむ
Category : ■ライフプラン
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
| 1/17PAGES | >>
生活設計の考え方
サイドバー用 休息

●老後が不安?
必要以上に不安を煽られるな

基本的に企業や金融機関は、老後の不安を あおります。
(営業ですから・・当然です)
・・が、実際に現状診断をしてみると、本当に老後が心配な状況の人は少数派です。
しっかり将来設計の意識を持って、自分で考え、自分で判断できる力をつけましょう。


●社会保険制度を勉強する
以外に私たちは守られている

病気やケガで膨大な医療費がかかった時、障害者になった時、死亡した時・・等々、日本の制度は充実しています。
健康保険・国民年金・厚生年金保険・介護保険・雇用保険等々。勤務先の制度も勉強しておくと、安心できるかも・・。

●お金の知識、基本をおさえる
金利とコストだけは 理解したい

貯蓄:低金利の時期に長期契約をするのは、その低金利を固定することになるので損。
長期の定期預金・個人年金保険・学資保険・養老保険等々。
借金:金利上昇期に、変動金利や短期固定金利の借金をするのは危険。変動金利や3年固定金利の住宅ローン、土地活用での変動金利のアパートローン等々。
コスト:毎年 高い手数料を払い続ける金融商品では資産は増えません。 変額年金保険・一部の投資信託等々。


●生命保険は徹底的に整理
膨大な損は ここで断ち切る!

「付き合いで加入」や「保険の内容がよく分からない」という人は、ほぼ・・大損をしています。
できるだけ早めに整理整頓!
ただし、保険を売る人に相談しては いけません。
社会保険制度・勤務先の制度・同業者組合の制度・自身の貯蓄・家族の勤労収入・身内の援助等々で対応できないか、徹底的に検討する。


●住宅ローン返済、最優先
繰上返済に優る資産運用なし

くり上げ返済の効果、住宅ローン控除とはケタちがいです。
(銀行にだまされないように)
くり上げ返済の効果、投資信託の運用とはケタちがいです。投資信託のようなリスクもありません。
余裕資金ができたら金融商品を考える前に、繰上げ返済!住宅ローン返済中の人の最善策です。



saidoba-

のんびりと 反り返って座れる
快適な即席ソファー・・です。
材料:スキー・ストック・ウエア



Categories
Archive
Search
FP事務所の ご案内
サイドバー 秋田駒

商品販売をしないファイナンシャル・プランナー事務所です。

保険を売らない保険物語
金融商品を売らない貯蓄物語
建築請負いをしない
         マイホーム物語


消費者が安心して相談できる、
FP事務所を志向しています。
事務所設立は平成13年、
2001年 10月10日です。


                       ファイナンシャル・プランナー
            事務所
(有)エフピー・ステーション  


TEL 019-629-3115 
FAX 019-629-3116 
〒020-0033
岩手県 盛岡市 盛岡駅前北通
7-22 イノカツビル103

業務時間:10:00〜18:00
休日  :日曜・祭日
相談の上、業務する場合も・・

事務所前に駐車できますよ♪




事務所スタッフです。

●ファイナンシャル・プランナー
   武 田  務

  
・日本FP協会 CFP(R)認定者  ・1級FP技能士
・NPO 日本FP普及協議会
    認定プラクティショナー
・宅地建物取引主任者
・不動産コンサルタント
・大手住宅会社で、22年間
 住宅・不動産の営業部門に
・1950年生れ 盛岡市出身


●建築士
   佐藤 拓郎 


・一級建築士
・岩手県木造住宅耐震診断士
・岩手県被災建築物
    応急危険度判定士
・マンションリフォームマネジャ
・大手住宅会社で建築部門に
・1957年生れ 釜石市出身


●ファイナンシャル・プランナー
   佐々木 真寿美

 
・3級FP技能士
・アシスタントFP
 キャッシュフロー表等の作成
・会社員の夫と長女(幼稚園)
 の、3人家族の主婦FP
・1972年生れ 郡山市出身
 

サイドバー ウエストバッグ

こんなウエストバッグを腰(お尻側)に付けて、軽快に飛び回っています。



■相談・支援の料金です。
 
無料相談は、行ないません。

真に相談者側で対応しますので、アドバイス自体が有益です。
商品販売を目的とした「無料相談」とは、質・内容が異なります。



【顧問会員】
  ●年間顧問料、36,000円


  [ 顧問料に含まれる業務 ]

  家計・資産の
     1 現状診断
     2 計画作成
     3 実行支援
     4 事後チェック

  ▼「相談」

   1年間 何回でも
   (面談・電話・メール等)
 
  ▼「資料作成」

   ・金融資産表
   ・不動産表
   ・生命保険表
   ・死亡保障必要額計算表
   ・キャッシュフロー表
   ・キャッシュフロー・グラフ
   ・マイホーム平面・立面図
   ・住宅ローン返済予定表
   ・住宅ローン繰上返済表
   ・土地運用計画プラン
   ・不動産運用計画表
       等、必要に応じて。

  ▼「実行支援」

    ●金融資産運用支援
    貯蓄・保険・ローン等
    の見直し、運用設計
    金融機関との接し方

    ●マイホーム取得支援
    土地検討・売買立会
    プラン作成・業者入札
    ・契約立会・施工立会

    ●相続前後の対策支援
    資産表作成・対策立案
    ・極力借金をしない計画
    ・相続後の手続き日程

    ●不動産運用支援
    相続を考慮して設計
    ・借金は極力少なく
    ・借金は固定金利で
    ・不動産売買・建築支援

  

■講演料金です。


【セミナー講演】
  ●2時間まで 30,000円
 

  ・オリジナル・テキスト
   (20数ページ)を使った
   セミナーです。
  ・ライフプラン(生活設計)
   を基本とします。
  ・分野は、貯蓄・保険・
   老後・住宅・不動産・
   相続などです。

【座談会】
  ●1時間 1人 500円
 

  ・セミナーの簡易版です。
   テーマをしぼり込み、
   少人数から開催可能です。
  ・主催者・聴講者ともに、
   消費者・生活者の個人で
   あること。