50代・60代の資産と住宅 岩手 盛岡

『 群れの外に立つファイナンシャルプランナー 』 ・・の、辛口コメント日記。 

◆貯蓄 ◆生命保険 ◆住宅ローン ◆老後 
◆マイホーム ◆不動産 ◆相続 ◆子どもの将来


   ★「昔から続いてきた損」は、早めに断ち切りましょう。 
   ★「将来・・発生しそうな損」を、事前に防ぎましょう。

そのために・・やっておきたいこと、色々あります。 たとえば・・、

◆貯蓄・生命保険・住宅ローンを徹底的に整理する
◆金融資産・不動産は、老後設計・相続設計を意識して
◆マイホーム建築の際は、同時に老後・相続を設計する
◆争いにならないための、相続設計をしておく
◆引きこもり・ニートの子どもの将来の経済対策設計

岩手 盛岡の 独立ファイナンシャル プランナー(FP)事務所の実録日記です。
売り手とは対極の立場で、20代〜80代までの家計相談・支援をしてきて・・7年目。
「生命保険」や「住宅ローン」・・放りっぱなしなら、
だいたい・・お金がたれ流し状態になっています・・よ。

安易な「相続対策」や「土地活用」での多額の借金、
相続以前に「生活設計」が大変なことになるかも・・。

「マイホーム」・・複数の業者で見積り比較をしないと、
かんたんに数百万円もの損をこうむる場合も・・。


ぼく2

日本ファイナンシャル・プランナーズ協会 CFP(R)認定者
1級FP技能士 武田 つとむ


真に消費者側に立つため、商品販売は行なっていません。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
Category : -
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
土地をもらうなら、1人より3人で・・の方がいい?
JUGEMテーマ:家庭


その500万円 私にちょうだいよ〜!!



土地の相続・贈与.JPG


読者からのコメント・・です。
まいこさん ・・からです。


いつも参考にさせていただいてます♪

早速ですが土地の贈与の話が持ち上がっており、
ぜひ知恵をお借りできればうれしく思います・・・。

くれるのは親戚で、私の母にということですが
贈与税の計算をしたら、複数で贈与した方が
税金面ではお得だということで・・・。

母には私含め2人の子供がいます。
今、3人で贈与するという話がでているのですが
1人で贈与した時と、3人で贈与した時の差が
ざっくり500万円の差額があるんです。

私個人の考えでは500万円も差があるんだったら
3人ですることを選択したほうが、、、と思うのですが、
母は今後のことを考えると消極的です。

母が心配するひとつに、
もし我が子供が先に死んだら
お嫁さん、お婿さんに権利を主張されないか、と・・・。
私達子供は二人結婚してます。
(やっぱり婿、嫁は赤の他人??)
あとはのちのち、名義3人だとややこしくなるのでは?
ということで私以外の2人は消極的です。

現在その土地の一部に今、
母の住む家が建っております(家は母名義)。
お互いの子供は現在賃貸に住む30代。
母は今のところ元気な60代。
母は一人暮らしなのでこの先不安も先行しているようで...。
またうちは自営だったので母の年金は国民年金のみ・・・
今後の家の老朽化も考えるといっぱいいっぱいのようです。

「だったらよけいに、500万円って大きいじゃない!
 そんなに税務署に払いたいなら、
 その500万円私にちょうだいよ〜!!」

と母に力説した私ですが・・・・・。

名義変更する時印鑑がそれぞれいるから
ややこしいんじゃないか、に始まり
3人で名義を分けることに母は不安を感じ、
私一人で贈与したほうがややこしくない、
と言っております。

私としては、具体的にメリットデメリットを
把握した上で決断したくて・・・。

よろしくお願いいたします!




こんにちは。

ご相談の内容を整理してみた・・
つもりなのが、上のマンガです。
そういうことでOK・・でしょうか?

全てをあからさまにはできないでしょうから、
限られた情報の中で考えるしかありませんが・・
もう少し・・情報があれば・・。

・親戚 : どのような関係? 
     直系尊属・・ではないとは思われますが・・。
・贈与税の計算根拠
     よくあるマチガイが、「売買価格」(相場価格)に
     掛け算をしているケース。
     「相続税評価額」を使います。



与えられた情報の中でコメントします。

まいこさんが主張されていることは、普通は避けます。

●相続・贈与される不動産は、共有名義にしない。

   長い年月が経つと、収拾がつかなくなります。
   所有の権利者がネズミ算ではないが
   どんどん増えて・・、
   この不動産で何かをしようという時に、
   大勢の同意(印鑑)が必要になります。
   ( 何もできなくなる・・ということです )

   時々・・このような物件に出くわします。
   なんで・・共有にしたんだろう?
   ・・と、いつも思いますが、
   まいこさんのように、「500万円が!」
   ・・のようなことがあったんでしょうね。

   共有者の一人が行方不明・・なんて
   ことはザラにあります。
   分割する、建て替えをする、売却する、
   借金のために抵当権を設定する、
   ・・何をする場合でも、全員の印鑑が
   必要になります。


●贈与ではなく、相続にできないか?

   「親戚」の方のポジションや年齢
   が分かりませんが、
   お母さんより早く亡くなる可能性が
   高い人なら、あらかじめ遺言を書いてもらって
   おいて、将来・・お母さんが相続した方が
   コストはかからないと思います。
   
   相続税逃れの防止のために贈与税が
   存在します。
   当然・・その税率は圧倒的に高い。

   わざわざ税率の高い「贈与」にしない
   方がいいと思います。



・・と、いただいた情報の範囲では、
このようなコメントになります。

   







《 消費者の方へ 》 
質問・感想など気軽にどうぞ。できるだけ早めにお返事します。
( 具体的な質問の際は、できるだけ詳しい情報提供を )

《 業界の方へ 》 コメントを頂く場合は所属・姓名を名乗り、
私同様・・個人が特定できる状況で、正々堂々とお願いします。
読者の参考にもなるので、敬意を表してきちんとお返事します。
( 匿名コメントは削除 : 無駄な手間隙はご遠慮下さい )
Posted by 武田 つとむ
Category : ■相続
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
今シーズン初めての、本格的な除雪をしました。
JUGEMテーマ:家庭


あげると相手にかかる贈与税はいくらに?
その際・・私に相続税はかかる?





今朝の盛岡・・、
昨晩からの降雪で一面銀世界になりました。


朝・・早めに起きて、自宅廻りを除雪。

秋に2台分のカーポートを設置していたので、
その面積の除雪がない分、すごく楽♪・・です。
車に積もった雪の処理・・も無いので楽♪
( 2時間近くかかっていたのが30分程度で終了 )

出勤して、事務所前の歩道を通行人が歩きやすい
ように除雪・・と、駐車場廻りも除雪作業・・です。
雪国はたいへん・・です。
( 日本海側ほど・・ではありませんが )




メール顧問会員のZさん(30代)
   (相談:ライフプランニング)


現在、ヒアリングの真っ最中・・です。

再ヒアリングで送った資料が戻ってきました。
佐々木FPが整理セイトン作業中・・です。

ヒアリングシートは5枚あります。

その内の1枚が・・
「死亡保障必要額」を算出するためのものです。
「夫が亡くなった場合」 「妻が亡くなった場合」
・・それぞれについて、聞き取りをしています。

「夫が亡くなった場合」の質問に・・
夫所有の不動産をどうするか?
というものがあります。

     その夫所有の不動産は、現在
     兄弟に貸していて、家賃をもらっています。

どうするか?・・によって、死亡保障必要額の
計算がまったくちがうものになってきます。
・・だから、ヒアリング・・です。
( 保険金額算定に、色々な考慮が必要です )

・・で、そのことに関するZさん(妻)の質問です。

もし、その兄弟にあげた場合・・、
1 「兄弟にかかる贈与税はいくらぐらいですか?」
2 「その際、私に相続税はかかりますか?」  



まず・・妻に相続税がかかるか・・について 

・相続税がかかる人は100人に5人
 夫は、トップ5に入る資産家かどうか?
・相続税には基礎控除がある
 5千万円+法定相続人の数×1千万円
 Zさんの場合は・・8千万円です。
 夫の資産額がこれ以上なければ、
 相続税の心配はいりません。

結論 : 相続税の心配は無用です。


次に・・兄弟にあげた場合の贈与税

・贈与税にもわずかですが、基礎控除があります
 110万円・・です。
 1/1〜12/31までの1年間に贈与された財産から、
 この110万円を引いた残り(課税価格)に課税されます。

贈与税の速算表

 課税価格      税率     控除額
 200万円以下    10%      −
 300万円以下    15%    10万円
 400万円以下    20%    25万円
 600万円以下    30%    65万円
1,000万円以下    40%    125万円
1,000万円超     50%    225万円

贈与額が1,000万円なら、
(1,000万円−110万円)×40%−125万円=231万円

贈与額が500万円なら、
(500万円−110万円)×20%−25万円=53万円

でも・・現金を贈与する場合なら、計算も簡単です。
不動産の場合は・・贈与金額をいくらと見るか?
「評価額」といいますが、分かりにくい・・ですよね。



相続や贈与の場合の不動産の価値は、
「相続税の評価額」でみることになります。

・・ますます、分かりにくい?

かんたんにザックリとみる方法を書きます。

不動産を所有している人には毎年・・
「固定資産税」の課税通知が届きます。
その通知に、固定資産税の評価額が書かれています。
この金額を基に相続税の評価額を推定しましょう。

単純です。
固定資産税の評価額 × 8/7 = 相続税の評価額

たとえば・・固定資産税評価額が1,000万円の
不動産をもらった場合の贈与価格(相続税の評価額)は・・、
1,000万円 × 8/7 ≒ 1,140万円
贈与税の計算は・・
(1,140万円−110万円)×50%−225万円=290万円

あるいは・・固定資産税評価額が500万円の
不動産をもらった場合の贈与価格は・・、
500万円 × 8/7 ≒ 570万円
贈与税の計算は・・
(570万円−110万円)×30%−65万円=73万円

乱暴・・ですが、ザックリとこのように計算できます。



Z家・・、これから再々ヒアリングに入っていきます。



Zさんのライフプランニング(生活設計) 進行状況

   1 ヒアリング
       家族状況・家計収支・資産・職歴ほか

   2 家計の現状診断 
       診断資料(小冊子) 問題点把握
   3 生活設計 シミュレーション
       設計資料(キャッシュフロー表ほか)
   4 実行支援
       商品選択や処理(金融商品・保険・ローンほか)
       住宅・不動産・相続等の段取り・手続き
   5 事後チェック
       計画の実行・・進行状況、必要に応じた修正








《 消費者の方へ 》 
質問・感想など気軽にどうぞ。できるだけ早めにお返事します。
( 具体的な質問の際は、できるだけ詳しい情報提供を )

《 業界の方へ 》 コメントを頂く場合は所属・姓名を名乗り、
私同様・・個人が特定できる状況で、正々堂々とお願いします。
読者の参考にもなるので、敬意を表してきちんとお返事します。
( 匿名コメントは削除 : 無駄な手間隙はご遠慮下さい )
Posted by 武田 つとむ
Category : ■相続
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
他の資産はいらないから、土地だけ生前贈与を?
JUGEMテーマ:家庭


兄弟はそれで異存は無いと思うので・・。






顧問会員の I さん(50代)
   (相談:生活設計・相続設計)



土曜日(8/30)・・ご夫婦で来所。



I さんのご実家は、数年前にお父さんが亡くなり、
お母さんがお一人でお住まいです。

お父さんが亡くなった時の資産は、
すべてお母さんが相続しています。

その資産は相続税がかかるほどの
評価額ではありませんでした。
・・が、不動産と金融資産でけっこうな金額です。



I さんご夫婦の住まいの土地(お母さん名義)も
それらの相続資産の内のひとつ・・です。


I さんの兄弟は、I さんを含めて3人です。
もし・・今度お母さんが亡くなった時、
法定相続通りであれば兄弟それぞれ1/3ずつです。

I さん宅の住まいの土地の評価額は、
お父さんからの相続資産の総額の
1/3以下です。

「私たちは・・この土地さえもらえれば、
 あとは2人の兄弟で分けてもらっていいので、
 母が健在の内に生前贈与を受けておきたい。」


兄弟3人はもともとすごく仲が良く、
金額的にも損をする内容ではないので、
異存が出ることはない・・と考えています。

とにかく早く・・住んでいる土地を
自分のモノにして安心したい・・ようです。



贈与・・ということは、普通に考えれば
『贈与税』を心配しなければなりません。

ご夫婦がまずするべきこと・・として
アドバイスしたのは・・、

お母さんの資産の把握・・です。


お父さんが亡くなった時の資産は把握できています。
( そのまま・・お母さんの資産になっています )

・・が、お母さん独自の資産については
チェックされていないようです。

お父さん・お母さんの資産の合計が、
今度お母さんが亡くなった場合の遺産総額に・・。
ひょっとしたら相続税がかかるレベルになるかも・・。

このケースの相続・・基礎控除額は、
   5千万円+1千万円×3人=8千万円

以外にお母さんの預貯金があったりすると・・、
オーバーする可能性もあります。



資産総額を把握した上で、対策を考えます。

・・が、
ご希望のような・・わざわざ「生前贈与」をしないで、
「遺言」の作成で全員が安心する方法もあります。

資産全体の分け方を・・お母さんと兄弟3人で
確認して納得の上で、「公正証書遺言」にして
おけば・・関係者全員が安心できます。
いざという時の争いにもなりにくい・・です。


   お母さん自身も・・今の自宅建物は、3男に
   譲ってもいいと思っていますが、生前に譲って
   自分の名義でなくなることには
   不安を感じておられるようです。



生前に贈与・・しなくても、
みんなが安心できる状況を作れるのが、
『遺言』の作成です。



そのためには・・資産総額の把握です。

なかなか・・お母さんに確認しにくい・・ようです。
それは、長男である I さんの役割・・です。
( がんばれ! )
   



I 家の家計の現状診断・・ただ今進行中。
2人の子ども(大学生)が今・・一番お金がかかる時期・・。

今を乗り切れば、公的年金の受給レベルが
高そうなので・・老後の問題はないと思われます。




I さんのライフプランニング(生活設計) 進行状況

   1 ヒアリング
       家族状況・家計収支・資産・職歴ほか

   2 家計の現状診断 
       診断資料(小冊子) 問題点把握
   3 生活設計 シミュレーション
       設計資料(キャッシュフロー表ほか)
   4 実行支援
       商品選択や処理(金融商品・保険・ローンほか)
       住宅・不動産・相続等の段取り・手続き
   5 事後チェック
       計画の実行・・進行状況、必要に応じた修正








《 消費者の方へ 》 
質問・感想など、気軽にどうぞ。
できるだけ早めにお返事します。

《 業界の方へ 》 コメントを頂く場合は
所属企業・団体名、所属部署、姓名を名乗り、
勇気を持って、正々堂々と お願いします。

私は、個人が特定できる状況で発言しています。
勇気もない無責任なコメントは、固くお断りします。
Posted by 武田 つとむ
Category : ■相続
0 Comments / 16 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
先月亡くなって、その整理で色々手間やお金を
JUGEMテーマ:家庭


独居老人のおじさんが亡くなって・・






顧問会員のHさん(50代)
   (相談:相続・金融資産・不動産)


先月・・独居老人のおじさん(70代)が亡くなって、
警察から本家のHさんに連絡が入りました。


Hさんが後片付け一切を行ないました。


   おじさん
   ・離婚した元奥さんとの間に娘(30才ぐらい?)。
   ・破産宣告を受ける。
   ・生活保護を受ける。(年金受給まで)
   ・月約10万円の年金と廃品回収で生活。
   ・市営住宅住まい。
   

Hさん、部屋の片付けや
業者に依頼してクリーニング、
警察から遺体受取り〜火葬〜葬式、
いっさいを行ないました。

かかった費用は・・〇十万円。



亡くなったおじさんの預金通帳口座の
残高は・・〇百〇十円・・のみ。

・・が、6月・7月分の年金が8月15日に
口座に振り込まれてくるようです。
( 2か月分で約20万円 )

Hさん・・かけた費用の一部でも
回収したいところです。

   通帳やカードはHさんが持っていますが、
   印鑑はないし、暗証番号も分からない・・。


・・が、このケースでは唯一の法定相続人が
その娘さん・・です。


年金を受け取れるのは、その娘さんです。
結婚して東京にいるらしい・・程度しか
分からず、連絡の取りようがありません。

その娘さん・・結婚の際に、
父親(おじさん)から送られたお祝い金を
つき返した・・そうで、行き来も無いようです。



これからさらに手間ひまかけて
娘さんを探し当てても・・と、
Hさんは半分あきらめています。

私も司法書士さんや、その銀行に
確認してみましたが・・、
これ以上手間ひまかけても
報われることはないんじゃないか・・と。



なんとも・・ハッピーエンドにはならない
・・そんな相談でした。








《 消費者の方へ 》 
質問・感想など、気軽にどうぞ。
できるだけ早めにお返事します。



《 業界の方へ 》 コメントを頂く場合は
所属企業・団体名、所属部署、姓名を名乗り、
勇気を持って、正々堂々と お願いします。

私は、個人が特定できる状況で発言しています。
勇気もない無責任なコメントは、固くお断りします。
Posted by 武田 つとむ
Category : ■相続
0 Comments / 9 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
亡くなったお父さんの名義の家を建替える時・・
JUGEMテーマ:家庭


名義変更のタイミングは、建て替える前?






メール顧問会員のKさん(40代)
   (相談:生活設計・金融資産運用・住宅建築)


家計の現状診断を終えて資料を送付しています。

メールをいただきました。



   Kです。

   ライフ・プランニング現状診断資料の送付、
   ありがとうご ざいます。
   いろいろ不要なものがありますね。

   資料をもとにまず保健の整理をしていきます。

   質問ですが家を建て替える際に
   土地、建物を父から自分に名義変更する
   必要がありますが、
   タイミングとしては建て替える前にしたほうが
   良い のですか。

   それとも建て替える際に同時に
   名義変更をしたほうがよろしいのですか。

   また、名義変更する場合、
   自分で実施したほうがよろしいですか。
   代行する人にやってもらったほうがよろしいですか。

   自分で実施する場合、
   必要な書類、手続き方法をご教授願います。

   すいませんがよろしくお願い致します。




亡くなられた方の不動産の名義変更・・、
そのタイミングは・・亡くなられたその時・・です。


相続手続きの中で終わらせるべき・・でした。
( 相続人が家を建替える今・・ではなく )


放置していたのであれば、しょうがありません。
今からさっさとやってしまいましょう。

Kさんのご両親が亡くなられた際の情報は
いっさいいただいていないのですが・・、
法定相続人はKさん一人だけという前提で
お話します。



手続きは・・法務局で行ないます。
所有権移転登記、原因:相続
・・です。


〇必要書類と料金

   ・お父さんの子ども時代まで遡る戸籍謄本
   ・お母さんの子ども時代まで遡る戸籍謄本
   ・Kさんの住民票
   ・登録免許税:固定資産税評価額の0.4%
         ( 相続による所有権移転登記 )


〇代行する人(司法書士)と料金

   ・申請者に代わって戸籍謄本等を取ってくれます
   ・報酬:岩手県のケース・・6〜7万円

自分でやる、代行する人にお願いする、
どちらでもお好きな方でどうぞ。




一般的にマイホーム建替えの際には・・、


〇現建物の解体後に滅失登記を行ないます。

  建物が無くなってしまいました・・と登記。


〇新築のために住宅ローンを利用する場合

  土地所有者の「同意」が必要になります。
  ( 抵当権設定の同意で印鑑証明添付 )
  ・・なので、土地所有者が現存する必要があり、
  亡くなった人が所有者のままでは
  手続きが前に進みません。








《 消費者の方へ 》 
質問・感想など、気軽にどうぞ。
できるだけ早めにお返事します。



《 業界の方へ 》 コメントを頂く場合は
所属企業・団体名、所属部署、姓名を名乗り、
勇気を持って、正々堂々と お願いします。

私は、個人が特定できる状況で発言しています。
勇気もない無責任なコメントは、固くお断りします。
Posted by 武田 つとむ
Category : ■相続
0 Comments / 28 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
生命保険の契約者が亡くなった時・・相続税は?
JUGEMテーマ:家庭


保険金額を足し算したら・・相続税がかかりそう。






顧問会員の I さん(50代)
   (相談:ライフプランニング)


午前・・来所されました。


先月・・お父さんが亡くなられて・・、
その資産を調べて足し算してみたら、
なんだか・・相続税がかかりそうな感じ・・
と、心配されています。


   法定相続人が3人なので、相続税の
   基礎控除額が8,000万円なのは
   元々・・ご存知です。

   金融資産だけで、基礎控除額を
   越えている・・?




不動産は・・自宅土地建物のみです。
金融資産は・・預貯金と保険・年金です。


保険は・・
月払いの養老保険が2本、それぞれ
契約者・受取人がお父さん、
被保険者が相続人、・・になっています。

年金は・・
一時払いの確定年金と保証期間付終身年金。
こちらも・・それぞれ
契約者・受取人がお父さん、
被保険者が相続人、・・になっています。

これら4本の保険・年金の「保険金の額」を合計すると、
確かに・・相続税の基礎控除額を越えています。



・・が、これら保険・年金の被保険者は、
亡くなったお父さんではありません。
お父さんの死亡で・・保険金は給付されません。
・・ので、「保険金の額」が相続税の対象に
なるわけではありません。


「保険金の額」が相続税の対象ではなく・・、
「保険の権利」が相続税の対象になります。
「年金受給権」が相続税の対象になります。



〇保険の権利の評価 = 解約返戻金の額

〇年金受給権の評価・・年金種類により計算方法あり


   ・確定年金
   ・終身年金
   ・保障期間付終身年金


それぞれ・・「保険金額」より少額になります。


I さんのお父さんのケース・・、
ザックリと試算してみると、
遺産総額は・・基礎控除額の範囲内・・です。


I さん、相続税の負担を覚悟していたようですが、
何も心配しなくていい・・と思われます。



ただし・・相続税の負担はなくても・・、
「年金」を受給する期間は・・所得税(雑所得)を
当然・・払っていくことになります。







《 消費者の方へ 》 
質問・感想など、気軽にどうぞ。
できるだけ早めにお返事します。



《 業界の方へ 》 コメントを頂く場合は
所属企業・団体名、所属部署、姓名を名乗り、
勇気を持って、正々堂々と お願いします。

私は、個人が特定できる状況で発言しています。
勇気もない無責任なコメントは、固くお断りします。
Posted by 武田 つとむ
Category : ■相続
0 Comments / 4 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
贈与税がらみ・・農協のFPのアホバカ・トーク
JUGEMテーマ:家庭


"てめえー!ザケンじゃねえ!!!"
   ・・・、品のいい顧問会員・・です。






メール顧問会員のSさん(40代)
   (相談:ライフプランニング)


Sさん・・住宅ローンの借り換え作業中・・です。
住宅金融公庫のローン残高・・980万円。



突然!じーちゃんが500万円出してくれることに
なったので・・、その500万円で繰上げ返済を!

借り換え前に公庫で繰上げするのと、
借り替えてからJAで繰上げするのでは、
どちらが得か? ・・Sさん、迷っていました。

繰上げ返済の効果はどちらでもほぼ同じですが、
新たに借入れする額が大きいと・・、
比例して諸費用が大きくなりますので、
公庫で先に繰上げ返済した方が・・お得!・・です。
(消費者と利益が相反するJAは・・逆がお得)

・・が、結果は・・JAの勝ち!

じーちゃんとのシガラミを利用して、
980万円・・まるまるJAから借りることに・・。

それでも・・Sさん、言いました。
「500万と、あと何回か繰り上げ返済して
 3年以内には完済する所存で御座います。」

JAのファイナンシャル・プランナーのアホバカ・トーク・・、
「ウチはあんまり繰り上げしてもらいたく
 ないんですけどね〜。」
「他のローンの返済に使われた方が
 よっぽど良いと思うんですけどね〜。」

・・モロに、消費者とJAは利益相反の関係・・です。




その翌日にいただいたメール・・。


   おはようございます!
   昨夜のメールに 
   JAにチョー腹の立つこと追加です!!!

   昨日、隣に住むじーちゃんちに JAが
   土地の権利書等が要るので行ったらしいんです。

   で、その時に前の夜(4人で話した時)には
   一言も云ってなかったのに

   "500万いっぺんに贈与にすると、
    贈与税がかかるので
    年間100万ずつにしたほうが良いですよ"

    ( これ、アホバカ・トーク・・です )

   みたいなことを云ったらしく
   じーちゃんもJAの人がそう云うんなら、
   そうなんじゃろうと思ったらしく‥

   今朝その話を聞いて 
   "てめえー!ザケンじゃねえ!!!"
   ってむかっ腹が立ってきました!

   この人、一応FPの免許持ってる人なんですよ
   (て云うか、JAにお得になるように
    存在する為のFPなんでしょうけど)

   例の 相続時清算課税制度を
   知らないハズがありません。
   知ってて、そんなことをいかにも
   アドバイスしてあげているような感じで
   じーちゃんだけの時に言うなんて‥

   とーちゃんは、
   "あのオッサン知らんのんじゃないんか、
    オマエ教えてやれ"
   なんて笑ってますが‥

   でも本当に武田さんのアドバイスを受ける前は
   私たちも贈与税は掛かって来るから
   なんとかしようと思っていたので、
   もーホント金融サイドのFPってコワイです!

   人が何にも知らんと思いやがって〜!!!
   ムカツク〜!!!

   これから じーちゃんの
   "農協の人が親切に言うてくれとるんじゃけぇ、
    そうするのが一番ええんじゃろう"
   という呪縛を解くべく、説明しなくっちゃ!

   墓参り返上じゃ!

   そしてJAの人には 
   "相続時清算課税制度" 教えてあげます。



・・・、あいかわらず、上品な顧問会員です。

事務所のおやつに・・と、名物を送って頂いたので、
持ち上げる・・しか、ありません。



あのぅ・・「せいさん」は、「過去を清算」ではなく、
「料金を精算」する方で、『精算』が正解・・です。



   相続時精算課税制度

   今もらったお金に贈与税はかけないけど、
   じーちゃんが亡くなった時は・・その分も
   相続財産に繰り戻して相続税を計算します。
   ( 料金を精算します )
   
   65才以上の親から20才以上の子へ、
   生涯で2,500万円まで無税で贈与できます。


   相続税がかかりそうもない・・じーちゃんからは、
   じゃんじゃん先にもらった方がお得・・です。



JAのファイナンシャルプランナー・・、
消費者の方をいっさい向かないアドバイス
(アホバカ・トーク)も問題ですが・・、

もっと問題なのは・・シガラミです。

「JAの人がそう云うんなら、そうなんじゃろう。」
「農協の人が親切に言うてくれとるんじゃけぇ、
 そうするのが一番ええんじゃろう。」

・・何の疑いも持たない農家が、
いいように食い物にされてきています。








《 消費者の方へ 》 
質問・感想など、気軽にどうぞ。
できるだけ早めにお返事します。



《 業界の方へ 》 コメントを頂く場合は
所属企業・団体名、所属部署、姓名を名乗り、
勇気を持って、正々堂々と お願いします。

私は、個人が特定できる状況で発言しています。
勇気もない無責任なコメントは、固くお断りします。
Posted by 武田 つとむ
Category : ■相続
0 Comments / 10 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
恐いオオカミが出るかも・・って、あわてて動くと
JUGEMテーマ:家庭


よけいなお金を失うことに・・。






顧問会員のHさん(50代)
   (相談:不動産運用・相続設計)


数年前・・お父さんが亡くなった時に、
相続申告を税理士さんに依頼して、
ウン百万円の相続税を払いました。


もし・・今度・・お母さんが亡くなったら・・。

Hさん・・、
また・・ドォ〜ンと相続税を払うことになったら
たまらない・・と、動き出しました。

お母さんの所有になっている不動産を
あらかじめ・・自分の所有に変えておいたら
いいんじゃないか・・と考えました。

・・で、
名義を変えるにはどうしたらいいか?
費用はいくらぐらいかかるか?
・・と、相談を受けました。



「恐いオオカミが出るぞ〜!」

・・の事態かもしれない・・と思ったら、
まず、そのオオカミの恐さがどの程度か?
・・を、先に確認したいですね。

出てくるのは・・以外に「子犬ちゃん」だったりして・・。


・・で、お母さんの所有資産を整理して、
ザックリと簡易相続試算をやってみました。

出てきました。
かわいい・・子犬ちゃん・・です。

Hさんたちにかかる相続税の総額は・・、
ウン十万円・・です。

相続税はかからない・・ということです。

   葬式にかかった費用等も
   引き算してもらえるので、
   ウン十万円という金額は
   簡単に吹っ飛んでしまいます。
   


どれだけ恐いオオカミか・・確認しないで
不安だからと動き出すと・・、
余計なお金を垂れ流すことになります。


今回のケースでは・・、
司法書士さんの報酬や登録免許税や贈与税で
まとまったお金を失います。
( 司法書士さんと国は・・大喜び )




「恐いオオカミが出るぞ〜」
「余計なお金を垂れ流す」

・・このパターン、どこかで聞いたことがあります。

そうです、生命保険も同じ構図・・ですね。

頭の中で想像が膨らんだ恐いオオカミ・・、
恐いから、不安だから、入っていれば安心・・と、
お金をジャブジャブ垂れ流す生命保険・・。



オオカミが恐ければ恐いほど、
儲かる人がいます。

損する人がいます。


自分で調べてみない人に、
恐いオオカミは付きまといます・・一生。









《 消費者の方へ 》 
質問・感想など、気軽にどうぞ。
できるだけ早めにお返事します。



《 業界の方へ 》 コメントを頂く場合は
所属企業・団体名、所属部署、姓名を名乗り、
勇気を持って、正々堂々と お願いします。

私は、個人が特定できる状況で発言しています。
勇気もない無責任なコメントは、固くお断りします。
Posted by 武田 つとむ
Category : ■相続
0 Comments / 4 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
マイホーム建築はダメ?・・なんで?・・大殺界!
JUGEMテーマ:家庭


マイホームを建てたいけど、今年・来年はダメ。






顧問会員のSさん(60代)
   (相談:金融資産・不動産運用・相続設計)


今日・・午後、ご夫婦で来所。


相続プランの打ち合わせ・・です。

Sさん・・法定相続人は、奥さんと3人のお子さんです。
あらかじめ作成していた資料で説明。
( 現状と対策後で比較 )

相続が発生しても、あわてる必要がない
・・そんな状況作りのためのプランです。
業者が勧めるようなアパート建築
なんかしなくても、状況作りは可能です。


〇生命保険:有効な状態に整理
        ( 現在は、グッチャグチャ )

   個人の保障は不要なので、相続対策のみ考慮。
   非課税財産として扱われる範囲を確保する。
   ・生命保険金
    500万円×法定相続人の数
   ・死亡退職金
    500万円×法定相続人の数


〇保有している現預金を減らす。

   ・元々希望していたマイホームの建築に使う。
    ( 建築費3,000万円ぐらい? )
    本人名義で保存登記する。
   

〇そのマイホームを奥さんにプレゼントする。

   ・贈与税の配偶者控除
    20年以上連れ添った奥さんには、
    2,000万円まで無税で贈与できます。
    ( 110万円足して2,110万円まで無税 )

    3,000万円を現金でプレゼントすると
    贈与税の課税対象になりますが、不動産(建物)
    でなら・・その評価額レベルが低いので、
    無税贈与できる可能性が高くなります。



・・ざっくりと、このくらいのことで、
新築マイホームに入居できる上に・・、
相続税の納税資金は・・生命保険で対応できます。


2次相続(奥さんの死亡)への備えも・・、
生命保険を有効な状態に整理することで、
ほぼ問題ない状態が作れます。

ここまでで、ご夫婦ともに安心・・です。



・・で、マイホームの話に・・行こうとしたら、

奥さん ・・ご主人に向かって、
「今年と来年は、大殺界でダメ・・なんだよね。」

武田FP
「ダイサッカイ・・ですか?」

Sさん
「う・・ん、風水・・の。」



所有の不動産・・、管理しきれないほどの数です。
子どもたちでは保有・管理は無理だろうから、
おいおいと・・手放していくことも考えておられます。

相続してからこれまでの35年間で、
固定資産税の納税額・・1億円強! ・・です。
「どこからも・・表彰状ももらえないし・・。」
資産家には資産家の悩みが色々あります。



大殺界・・で、大きなことは何もできませんから、
これから・・ゆっくりと、色々やっていきましょう。

・・で、今日の相談はお終い・・です。







《 消費者の方へ 》 
質問・感想など、気軽にどうぞ。
できるだけ早めにお返事します。



《 業界の方へ 》 コメントを頂く場合は
所属企業・団体名、所属部署、姓名を名乗り、
勇気を持って、正々堂々と お願いします。

私は、個人が特定できる状況で発言しています。
勇気もない無責任なコメントは、固くお断りします。
Posted by 武田 つとむ
Category : ■相続
0 Comments / 3 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
割り印が無い!・・時間がない中・・ピンチです。
JUGEMテーマ:家庭


2ページに渡る書類は、割り印が無いと・・。






顧問会員のUさん(50代)
   (相談:不動産運用・相続設計)


10:00 AM
Uさん、司法書士さん(女性)、当事務所へ来所・・。


10数年前に亡くなったお母さんの資産の
移転登記の作業を急いでいます。

法定相続人は7人・・です。
(関東や関西にお住まいの方も・・)

遺産分割協議書に全員のハンコをもらい、
印鑑証明等の必要書類もそろい・・、
さあ!移転登記!

・・で、今日・・司法書士さんに書類を・・。



司法書士さん
「あの・・割り印が・・無いんですが・・。」

Uさん自身が作成した遺産分割協議書・・、
原稿作成当初は・・1枚の紙・・でしたが、
書き直したり・・色々やっている内に・・、
A4用紙2ページになっていました。

2ページ目に、各相続人の署名・捺印がありますが、
1ページ目にはなにもありません。
2枚の紙を連結する「割り印」が必要・・です。
   (私のチェック漏れ・・ごめんなさい!)


司法書士さん
「登記官も・・人によりますけど・・、
 そのまま見逃す人もいますが、
 しっかり指摘されれば・・移転登記できません。」



とりあえず・・司法書士さんには、
しらばっくれて申請してもらうことに・・。

ダメ・・に備えて、さっそく速達で各相続人に
新たな協議書の用紙(A3で1枚にした)を
送って、署名・捺印の上・・送り返してもらう・・。

・・という両面作戦・・で、いくことにしました。



順調にコトが進んでいる・・と思っていても、
色々・・漏れやアクシデントがあります。



Uさん・・、自分の仕事をこなしながら、
身内のために走り回っています。

師走・・です。







《 消費者の方へ 》 
質問・感想など、気軽にどうぞ。
できるだけ早めにお返事します。



《 業界の方へ 》 コメントを頂く場合は
所属企業・団体名、所属部署、姓名を名乗り、
勇気を持って、正々堂々と お願いします。

私は、個人が特定できる状況で発言しています。
勇気もない無責任なコメントは、固くお断りします。
Posted by 武田 つとむ
Category : ■相続
0 Comments / 10 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
| 1/3PAGES | >>
生活設計の考え方
サイドバー用 休息

●老後が不安?
必要以上に不安を煽られるな

基本的に企業や金融機関は、老後の不安を あおります。
(営業ですから・・当然です)
・・が、実際に現状診断をしてみると、本当に老後が心配な状況の人は少数派です。
しっかり将来設計の意識を持って、自分で考え、自分で判断できる力をつけましょう。


●社会保険制度を勉強する
以外に私たちは守られている

病気やケガで膨大な医療費がかかった時、障害者になった時、死亡した時・・等々、日本の制度は充実しています。
健康保険・国民年金・厚生年金保険・介護保険・雇用保険等々。勤務先の制度も勉強しておくと、安心できるかも・・。

●お金の知識、基本をおさえる
金利とコストだけは 理解したい

貯蓄:低金利の時期に長期契約をするのは、その低金利を固定することになるので損。
長期の定期預金・個人年金保険・学資保険・養老保険等々。
借金:金利上昇期に、変動金利や短期固定金利の借金をするのは危険。変動金利や3年固定金利の住宅ローン、土地活用での変動金利のアパートローン等々。
コスト:毎年 高い手数料を払い続ける金融商品では資産は増えません。 変額年金保険・一部の投資信託等々。


●生命保険は徹底的に整理
膨大な損は ここで断ち切る!

「付き合いで加入」や「保険の内容がよく分からない」という人は、ほぼ・・大損をしています。
できるだけ早めに整理整頓!
ただし、保険を売る人に相談しては いけません。
社会保険制度・勤務先の制度・同業者組合の制度・自身の貯蓄・家族の勤労収入・身内の援助等々で対応できないか、徹底的に検討する。


●住宅ローン返済、最優先
繰上返済に優る資産運用なし

くり上げ返済の効果、住宅ローン控除とはケタちがいです。
(銀行にだまされないように)
くり上げ返済の効果、投資信託の運用とはケタちがいです。投資信託のようなリスクもありません。
余裕資金ができたら金融商品を考える前に、繰上げ返済!住宅ローン返済中の人の最善策です。



saidoba-

のんびりと 反り返って座れる
快適な即席ソファー・・です。
材料:スキー・ストック・ウエア



Categories
Archive
Search
FP事務所の ご案内
サイドバー 秋田駒

商品販売をしないファイナンシャル・プランナー事務所です。

保険を売らない保険物語
金融商品を売らない貯蓄物語
建築請負いをしない
         マイホーム物語


消費者が安心して相談できる、
FP事務所を志向しています。
事務所設立は平成13年、
2001年 10月10日です。


                       ファイナンシャル・プランナー
            事務所
(有)エフピー・ステーション  


TEL 019-629-3115 
FAX 019-629-3116 
〒020-0033
岩手県 盛岡市 盛岡駅前北通
7-22 イノカツビル103

業務時間:10:00〜18:00
休日  :日曜・祭日
相談の上、業務する場合も・・

事務所前に駐車できますよ♪




事務所スタッフです。

●ファイナンシャル・プランナー
   武 田  務

  
・日本FP協会 CFP(R)認定者  ・1級FP技能士
・NPO 日本FP普及協議会
    認定プラクティショナー
・宅地建物取引主任者
・不動産コンサルタント
・大手住宅会社で、22年間
 住宅・不動産の営業部門に
・1950年生れ 盛岡市出身


●建築士
   佐藤 拓郎 


・一級建築士
・岩手県木造住宅耐震診断士
・岩手県被災建築物
    応急危険度判定士
・マンションリフォームマネジャ
・大手住宅会社で建築部門に
・1957年生れ 釜石市出身


●ファイナンシャル・プランナー
   佐々木 真寿美

 
・3級FP技能士
・アシスタントFP
 キャッシュフロー表等の作成
・会社員の夫と長女(幼稚園)
 の、3人家族の主婦FP
・1972年生れ 郡山市出身
 

サイドバー ウエストバッグ

こんなウエストバッグを腰(お尻側)に付けて、軽快に飛び回っています。



■相談・支援の料金です。
 
無料相談は、行ないません。

真に相談者側で対応しますので、アドバイス自体が有益です。
商品販売を目的とした「無料相談」とは、質・内容が異なります。



【顧問会員】
  ●年間顧問料、36,000円


  [ 顧問料に含まれる業務 ]

  家計・資産の
     1 現状診断
     2 計画作成
     3 実行支援
     4 事後チェック

  ▼「相談」

   1年間 何回でも
   (面談・電話・メール等)
 
  ▼「資料作成」

   ・金融資産表
   ・不動産表
   ・生命保険表
   ・死亡保障必要額計算表
   ・キャッシュフロー表
   ・キャッシュフロー・グラフ
   ・マイホーム平面・立面図
   ・住宅ローン返済予定表
   ・住宅ローン繰上返済表
   ・土地運用計画プラン
   ・不動産運用計画表
       等、必要に応じて。

  ▼「実行支援」

    ●金融資産運用支援
    貯蓄・保険・ローン等
    の見直し、運用設計
    金融機関との接し方

    ●マイホーム取得支援
    土地検討・売買立会
    プラン作成・業者入札
    ・契約立会・施工立会

    ●相続前後の対策支援
    資産表作成・対策立案
    ・極力借金をしない計画
    ・相続後の手続き日程

    ●不動産運用支援
    相続を考慮して設計
    ・借金は極力少なく
    ・借金は固定金利で
    ・不動産売買・建築支援

  

■講演料金です。


【セミナー講演】
  ●2時間まで 30,000円
 

  ・オリジナル・テキスト
   (20数ページ)を使った
   セミナーです。
  ・ライフプラン(生活設計)
   を基本とします。
  ・分野は、貯蓄・保険・
   老後・住宅・不動産・
   相続などです。

【座談会】
  ●1時間 1人 500円
 

  ・セミナーの簡易版です。
   テーマをしぼり込み、
   少人数から開催可能です。
  ・主催者・聴講者ともに、
   消費者・生活者の個人で
   あること。