50代・60代の資産と住宅 岩手 盛岡

『 群れの外に立つファイナンシャルプランナー 』 ・・の、辛口コメント日記。 

◆貯蓄 ◆生命保険 ◆住宅ローン ◆老後 
◆マイホーム ◆不動産 ◆相続 ◆子どもの将来


   ★「昔から続いてきた損」は、早めに断ち切りましょう。 
   ★「将来・・発生しそうな損」を、事前に防ぎましょう。

そのために・・やっておきたいこと、色々あります。 たとえば・・、

◆貯蓄・生命保険・住宅ローンを徹底的に整理する
◆金融資産・不動産は、老後設計・相続設計を意識して
◆マイホーム建築の際は、同時に老後・相続を設計する
◆争いにならないための、相続設計をしておく
◆引きこもり・ニートの子どもの将来の経済対策設計

岩手 盛岡の 独立ファイナンシャル プランナー(FP)事務所の実録日記です。
売り手とは対極の立場で、20代〜80代までの家計相談・支援をしてきて・・7年目。
「生命保険」や「住宅ローン」・・放りっぱなしなら、
だいたい・・お金がたれ流し状態になっています・・よ。

安易な「相続対策」や「土地活用」での多額の借金、
相続以前に「生活設計」が大変なことになるかも・・。

「マイホーム」・・複数の業者で見積り比較をしないと、
かんたんに数百万円もの損をこうむる場合も・・。


ぼく2

日本ファイナンシャル・プランナーズ協会 CFP(R)認定者
1級FP技能士 武田 つとむ


真に消費者側に立つため、商品販売は行なっていません。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 生命保険、FPさんにふり回されて12年・・うぅ。 | main | マイホーム用の土地購入、気をつけること色々・・ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
Category : -
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
終身の生命保険は不要!お金は生きている内に
JUGEMテーマ:家庭


お金は、生きている内に役立てましょう。
「ソニーの営業マンが恐い。」 ・・続編。






メール顧問会員のWさん(20代)
   (相談:ライフプランニング)


7/4(土)に書いた記事は中途半端?で、
スミマセン・・でした。 改めて・・その続きです。
整理せいとんして・・今回の記事にしました。


   Wさんは、すでに家計の現状診断を終え、
   遠い将来の自宅建替えシミュレーションも済み、
   家計健全化の実行作業中・・です。


お話の要点は・・、

〇W家の生命保険加入状況
 全部で9本(内5本がソニー) 年間保険料≒33万円。
 ( お金のたれ流し状態! )

〇生命保険の清算・・の方針  (見直しではなく清算!)
 現在の生命保険はすべて不要。
 必要なのは夫の死亡保障〇百万円のみ。
 これ1本のみを三角形の保険で・・。( ソニーを検討 )
 年間保険料は数万円で済む。 ⇒約30万円は貯蓄へ。

〇解約の意思表示に対するソニー生命の対応
 ・終身保険は保障にも貯蓄にもなり必要。
 ・貯蓄の利率は2%を約束しているからお得。
 ・今まで払った分がもったいないから継続した方が良い。

〇Wさんの感情と意向
 ・ソニーの営業マンは、やり手の人で恐い。
 ・私(妻)一人の面談では、希望通りにいかないかも・・。
 ・新たな契約もあるので、相手の感情を害したくない。



さあ! どうする?


今回の件を、3つの切り口からコメントします。

「保険でお金のたれ流し」をしないために
非常に大切なことです。 しっかり理解してください。


1 終身の生命保険は不要。

『大部分の人にとって、生命保険が必要かもしれないのは、
 実は・・ごく限られた時期だけです。』


     ※「大部分の人にとって」
      ごくわずかな人だけは、生涯・・生命保険が必要。
      相続対策を考慮する必要がある人・・だけです。
      だから・・それ以外の私たち「大部分の人」は、
      生涯(終身)の生命保険は不要です。

     ※「必要かもしれない」
      生命保険は、だれもが必要とは限らないから、
      このような表現になっています。
      子供を抱えていても、計算の結果・・不要!
      ・・というケースが現実にいくつもある。
      一家族ごとのきちんとした検証が必要です。

     ※「ごく限られた時期」
      一般的には・・生命保険が必要かもしれない
      時期は、子供(末子)誕生から・・15年前後
      程度で、その先はまったく不要になります。

      しっかりした検証が必要です。
      保険屋さんはやらないし、できない。

生命保険 加入のカタチ.JPG

現時点の必要額も、時間の経過とともに減っていきます。
ずぅ〜〜っと、同じ金額分の保険料を払うことは、
お金のたれ流しに他なりません。
だから・・四角形ではなく、三角形の保険が合理的。
保険料も圧倒的に少なくて済む。

生涯に渡って保障を確保することは、
究極のお金のたれ流しであり、
それをする人は、究極のおバカさん(失礼!)・・です。


2 利率2% と 金利2% ・・は、まったくちがう。

「利率2%をお約束、お得ですよ〜。」
この手の言い回しは、保険屋さんの常套手段です。

「ほとんど利子が付かない預貯金より圧倒的に有利。」
・・と口にこそ出しませんが、
そのような印象を与えて、消費者心理を揺さぶります。

     ※実は法令違反
      消費者に誤認を与える言い回しはご法度!
      ソニー生命がそんなことをしているとすれば、
      会社のコンプライアンス(法令順守)の
      姿勢を疑います。

生命保険で言う「利率」は、預貯金の「金利」とは
まったくちがうモノ・・です。

預貯金の「金利」は、預けたお金にそのまま掛け算します。

『生命保険の「利率」は、払った保険料に
 そのまま掛け算するモノではない!』


生命保険の「利率2%」.JPG

払った保険料からは、色々な経費の引き算がされます。
経費・・というのは、以下のようなモノです。
( 保険の種類によって、比率は異なる )
・新契約費 : 代理店や営業マンの手数料・歩合
・集金費 : 保険料の集金に要する費用
・維持費 : 契約の維持管理に要する費用

     ソニーのやり手の営業マンの給料や歩合も、
     払った保険料から払われます。
     『 やめさせないこと = 彼の利益 』 です。

これだけのモノを引き算して残ったお金の2%です。
その・・「残ったお金」を保険会社は公表していないので、
掛け算のしようがありません。
なので・・仮に、預金は0.5%、保険は2%、・・だとしても、
「保険がだんぜん有利♪」・・なんて全く言えません。

     ※世の中に、うまい話なんて無い!


3 保険営業は、自らの利益を優先しがち。

日本ファイナンシャル・プランナーズ協会に、
「FPの職業倫理原則」・・というモノがあります。

第一原則 : 「 顧客第一 」
   顧客の利益を最優先させることは、
   専門家であることの証であり、
   FPは正直に行動し、自らの利益と都合を
   顧客の利益に優先させない。


第二原則以下は・・次のようなものがあります。
2:「誠実性」 3:「客観性」 4:「公平性」 5:「専門家意識」
6:「専門的力量」 7:「秘密保持」 8:「勤勉性」

ソニー生命も、日本FP協会の会員です。
やり手の営業マン氏・・も、FPだと思います。

その・・やり手営業マン氏は、
顧客の利益を差し置いて・・、
自らの利益と都合を優先させています。
「顧客第一」原則に、しっかり抵触しています。

このこと・・ソニー生命はどう考えるんでしょう?
(同じソニー生命でも他の地域では、事務的に
 解約手続きをしているケースもありますが)

     ソニー生命に限らず、生命保険業界は
     「顧客の利益を差し置いて・・。」
     のような傾向があることを日ごろから
     強く感じています。

     ただし、ひとこと・・付け加えておきます。 
     当ブログも私個人も、特定の企業や個人を
     攻撃することは本意ではありません。

     「私もこんなことがあった。」「ひどかった。」
     等々の体験のコメントの書き込みで
     特定企業の集中攻撃・・のようなことは、
     ご遠慮ください。 お願いします。

どうしても・・
営業マンが自分の意向を押し切ろうとする場合は、
消費者の利益が害されることになります。

出るところに出る ・・しかなくなります。

このようなケースでの「出るところ」は、
全国にある「消費生活センター」 ・・です。
まず・・電話で相談してみましょう。

効果テキメン! ・・です。

消費生活センターから電話を受けた
生命保険会社は、手のひらを返したように
スムーズに対応してきます。

・・が、その際は消費者と生命保険会社との
信頼関係は当然・・崩れます。
それでも・・信頼関係が崩れて困るのは、
大切な顧客を失う生命保険会社の方です。

今回の場合で言えば・・、
三角形の生命保険を売っているのは、
ソニー生命だけではありません。

他の数社から見積りを取って、比較検討・・です。



Wさんのライフプランニング(生活設計) 進行状況

   1 ヒアリング
       家族状況・家計収支・資産・職歴ほか
   2 家計の現状診断 
       診断資料(小冊子) 問題点把握
   3 生活設計 シミュレーション
       設計資料(キャッシュフロー表ほか)

   4 実行支援
       商品選択や処理(金融商品・保険・ローンほか)
       住宅・不動産・相続等の段取り・手続き

   5 事後チェック
       計画の実行・・進行状況、必要に応じた修正




今日の佐々木FP


メール顧問会員のNさん(40代)
   (相談:ライフプランニング)

4月にメール顧問会員になっています。
ヒアリングシートを送って返信を待っていました。

しばらく・・何の音沙汰もありませんでした。

数日前に電話をいただきました。
( 遠距離電話・・です )
家庭の事情が色々あって、ヒアリングの
提出書類を整えるのが難しい・・。

用意できる範囲で進めていきましょう・・
ということになり、ドサッと郵送物が送られてきました。

今日から・・佐々木FPが整理整頓作業に入りました。

「再ヒアリング」資料の完成には、
明日いっぱいまでかかりそうです。








《 消費者の方へ 》 
質問・感想など気軽にどうぞ。できるだけ早めにお返事します。
( 具体的な質問の際は、できるだけ詳しい情報提供を )

《 業界の方へ 》 コメントを頂く場合は所属・姓名を名乗り、
私同様・・個人が特定できる状況で、正々堂々とお願いします。
読者の参考にもなるので、敬意を表してきちんとお返事します。
匿名は即 削除します。 ( 無駄な手間隙はご遠慮下さい )
Posted by 武田 つとむ
Category : ■生命保険
1 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
スポンサーサイト
Posted by スポンサードリンク
Category : -
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
コメント

とても楽しいブログですねっ!
これからも頑張って下さい。(応援)
2009/11/03(Tue) posted by 保険営業マン
コメントする








生活設計の考え方
サイドバー用 休息

●老後が不安?
必要以上に不安を煽られるな

基本的に企業や金融機関は、老後の不安を あおります。
(営業ですから・・当然です)
・・が、実際に現状診断をしてみると、本当に老後が心配な状況の人は少数派です。
しっかり将来設計の意識を持って、自分で考え、自分で判断できる力をつけましょう。


●社会保険制度を勉強する
以外に私たちは守られている

病気やケガで膨大な医療費がかかった時、障害者になった時、死亡した時・・等々、日本の制度は充実しています。
健康保険・国民年金・厚生年金保険・介護保険・雇用保険等々。勤務先の制度も勉強しておくと、安心できるかも・・。

●お金の知識、基本をおさえる
金利とコストだけは 理解したい

貯蓄:低金利の時期に長期契約をするのは、その低金利を固定することになるので損。
長期の定期預金・個人年金保険・学資保険・養老保険等々。
借金:金利上昇期に、変動金利や短期固定金利の借金をするのは危険。変動金利や3年固定金利の住宅ローン、土地活用での変動金利のアパートローン等々。
コスト:毎年 高い手数料を払い続ける金融商品では資産は増えません。 変額年金保険・一部の投資信託等々。


●生命保険は徹底的に整理
膨大な損は ここで断ち切る!

「付き合いで加入」や「保険の内容がよく分からない」という人は、ほぼ・・大損をしています。
できるだけ早めに整理整頓!
ただし、保険を売る人に相談しては いけません。
社会保険制度・勤務先の制度・同業者組合の制度・自身の貯蓄・家族の勤労収入・身内の援助等々で対応できないか、徹底的に検討する。


●住宅ローン返済、最優先
繰上返済に優る資産運用なし

くり上げ返済の効果、住宅ローン控除とはケタちがいです。
(銀行にだまされないように)
くり上げ返済の効果、投資信託の運用とはケタちがいです。投資信託のようなリスクもありません。
余裕資金ができたら金融商品を考える前に、繰上げ返済!住宅ローン返済中の人の最善策です。



saidoba-

のんびりと 反り返って座れる
快適な即席ソファー・・です。
材料:スキー・ストック・ウエア



Categories
Archive
Search
FP事務所の ご案内
サイドバー 秋田駒

商品販売をしないファイナンシャル・プランナー事務所です。

保険を売らない保険物語
金融商品を売らない貯蓄物語
建築請負いをしない
         マイホーム物語


消費者が安心して相談できる、
FP事務所を志向しています。
事務所設立は平成13年、
2001年 10月10日です。


                       ファイナンシャル・プランナー
            事務所
(有)エフピー・ステーション  


TEL 019-629-3115 
FAX 019-629-3116 
〒020-0033
岩手県 盛岡市 盛岡駅前北通
7-22 イノカツビル103

業務時間:10:00〜18:00
休日  :日曜・祭日
相談の上、業務する場合も・・

事務所前に駐車できますよ♪




事務所スタッフです。

●ファイナンシャル・プランナー
   武 田  務

  
・日本FP協会 CFP(R)認定者  ・1級FP技能士
・NPO 日本FP普及協議会
    認定プラクティショナー
・宅地建物取引主任者
・不動産コンサルタント
・大手住宅会社で、22年間
 住宅・不動産の営業部門に
・1950年生れ 盛岡市出身


●建築士
   佐藤 拓郎 


・一級建築士
・岩手県木造住宅耐震診断士
・岩手県被災建築物
    応急危険度判定士
・マンションリフォームマネジャ
・大手住宅会社で建築部門に
・1957年生れ 釜石市出身


●ファイナンシャル・プランナー
   佐々木 真寿美

 
・3級FP技能士
・アシスタントFP
 キャッシュフロー表等の作成
・会社員の夫と長女(幼稚園)
 の、3人家族の主婦FP
・1972年生れ 郡山市出身
 

サイドバー ウエストバッグ

こんなウエストバッグを腰(お尻側)に付けて、軽快に飛び回っています。



■相談・支援の料金です。
 
無料相談は、行ないません。

真に相談者側で対応しますので、アドバイス自体が有益です。
商品販売を目的とした「無料相談」とは、質・内容が異なります。



【顧問会員】
  ●年間顧問料、36,000円


  [ 顧問料に含まれる業務 ]

  家計・資産の
     1 現状診断
     2 計画作成
     3 実行支援
     4 事後チェック

  ▼「相談」

   1年間 何回でも
   (面談・電話・メール等)
 
  ▼「資料作成」

   ・金融資産表
   ・不動産表
   ・生命保険表
   ・死亡保障必要額計算表
   ・キャッシュフロー表
   ・キャッシュフロー・グラフ
   ・マイホーム平面・立面図
   ・住宅ローン返済予定表
   ・住宅ローン繰上返済表
   ・土地運用計画プラン
   ・不動産運用計画表
       等、必要に応じて。

  ▼「実行支援」

    ●金融資産運用支援
    貯蓄・保険・ローン等
    の見直し、運用設計
    金融機関との接し方

    ●マイホーム取得支援
    土地検討・売買立会
    プラン作成・業者入札
    ・契約立会・施工立会

    ●相続前後の対策支援
    資産表作成・対策立案
    ・極力借金をしない計画
    ・相続後の手続き日程

    ●不動産運用支援
    相続を考慮して設計
    ・借金は極力少なく
    ・借金は固定金利で
    ・不動産売買・建築支援

  

■講演料金です。


【セミナー講演】
  ●2時間まで 30,000円
 

  ・オリジナル・テキスト
   (20数ページ)を使った
   セミナーです。
  ・ライフプラン(生活設計)
   を基本とします。
  ・分野は、貯蓄・保険・
   老後・住宅・不動産・
   相続などです。

【座談会】
  ●1時間 1人 500円
 

  ・セミナーの簡易版です。
   テーマをしぼり込み、
   少人数から開催可能です。
  ・主催者・聴講者ともに、
   消費者・生活者の個人で
   あること。