50代・60代の資産と住宅 岩手 盛岡

『 群れの外に立つファイナンシャルプランナー 』 ・・の、辛口コメント日記。 

◆貯蓄 ◆生命保険 ◆住宅ローン ◆老後 
◆マイホーム ◆不動産 ◆相続 ◆子どもの将来


   ★「昔から続いてきた損」は、早めに断ち切りましょう。 
   ★「将来・・発生しそうな損」を、事前に防ぎましょう。

そのために・・やっておきたいこと、色々あります。 たとえば・・、

◆貯蓄・生命保険・住宅ローンを徹底的に整理する
◆金融資産・不動産は、老後設計・相続設計を意識して
◆マイホーム建築の際は、同時に老後・相続を設計する
◆争いにならないための、相続設計をしておく
◆引きこもり・ニートの子どもの将来の経済対策設計

岩手 盛岡の 独立ファイナンシャル プランナー(FP)事務所の実録日記です。
売り手とは対極の立場で、20代〜80代までの家計相談・支援をしてきて・・7年目。
「生命保険」や「住宅ローン」・・放りっぱなしなら、
だいたい・・お金がたれ流し状態になっています・・よ。

安易な「相続対策」や「土地活用」での多額の借金、
相続以前に「生活設計」が大変なことになるかも・・。

「マイホーム」・・複数の業者で見積り比較をしないと、
かんたんに数百万円もの損をこうむる場合も・・。


ぼく2

日本ファイナンシャル・プランナーズ協会 CFP(R)認定者
1級FP技能士 武田 つとむ


真に消費者側に立つため、商品販売は行なっていません。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 生命保険は適正?住宅ローン金利が上昇するけど | main | マイホーム用地を買う時の税金・・損得のお話。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
Category : -
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
生命保険をしっかり検証してからマイホーム取得
JUGEMテーマ:家庭


住宅取得すると生命保険が必要に?
「不要だった人が必要に」 ・・初めてのケースです。



生命保険(死亡保障).JPG


メール顧問会員のKさん(30代)
   (相談:ライフプランニング)

   Kさんのライフプランニング(生活設計) 進行状況

   1 ヒアリング
       家族状況・家計収支・資産・職歴ほか
   2 家計の現状診断 
       診断資料(小冊子) 問題点把握

   3 生活設計 シミュレーション
       設計資料(キャッシュフロー表ほか)

   4 実行支援
       商品選択や処理(金融商品・保険・ローンほか)
       住宅・不動産・相続等の段取り・手続き
   5 事後チェック
       計画の実行・・進行状況、必要に応じた修正



依頼を受けていた・・
「マイホーム取得をした場合のシミュレーション」
が完成、先日メール添付で送りました。

〇シミュレーション作成の際のリクエスト
・来年、第2子が誕生する。
・再来年、土地を購入してマイホームを建築する。

〇マイホーム予算・資金
・土地:120坪で3,600万円
・建築工事費:60坪で3,600万円
・自己資金:7,000万円  ・・というリクエストでした。
このケースでは、当事務所の試算から、
諸費用は約280万円になるので、資金繰りは・・
・自己資金:6,980万円
・住宅ローン:500万円
・合計 : 7,480万円   ・・ということになります。

〇シミュレーションで作成した資料
・マイホーム資金計画書 ・キャッシュフロー表
・キャッシュフローグラフ ・公的年金:受給のかたち
・公的年金計算書(夫) ・公的年金計算書(妻)
・遺族年金計算書 ・死亡保障必要額の計算書(夫)
・死亡保障必要額の計算書(妻)


キャッシュフローグラフは以下のようになりました。
上が「現状診断」時点、下が「住宅取得」を乗せたグラフ。





資料を読んだ後、メールをいただきました。



武田様

こんにちは。〇〇県のKです。
シミュレーションどうもありがとうございました。

2人目ができても今のマイホームの予算で
何とかなりそうなのが分かって安心しました。

マイホーム取得後は死亡保障が必要になるのですね。
今の団体保険は早いところ解約しておいて、
マイホームを取得したら、
必要額だけ三角形の生命保険に入ろうと思います。
            ・・A:マイホーム取得と生命保険

住宅取得のアドバイスもどうもありがとうございます。
顧問会員の方のように武田様に直接お会いして
サポートしてもらえると安心なのですが、
そうはいかないので、
いろいろとメールで質問させてください。

まず土地探しについて、                   
今はチラシなどでチェックしているぐらいですが、
いい土地があったら確保しておきたい!
と考えてしまいそうです。
先に土地だけ買ってしばらく更地にしておくのと
土地を買ってすぐに住宅を建てるのとでは、
税負担にどれくらいの違いがでてくるのでしょうか?
            ・・B:土地取得・保有と税金

次に住宅建築について、               
住宅会社で設計から施工までしてもらうのと
設計は設計事務所(建築士)で、施工は住宅会社で、
と分けた場合、
それぞれどんなメリット、デメリットがあるのでしょうか?
            ・・C:マイホーム建築と設計事務所

よろしくお願いします。




それでは・・3つのテーマについてコメントします。

・・と行きたいところですが、
ボリュームが大きくなりすぎるので、
今日は・・ひとつについてだけコメントします。
( 残りは、明日・・書きます )


A:マイホーム取得と生命保険


生命保険の必要額の検証は、
単純に・・以下のような算数を行ないます。
( 夫、妻、それぞれについて計算します )

必要資金 − 手当て可能資金 = 必要額

「現状診断」時点での、Kさん夫婦の
「死亡保障必要額」の計算結果は・・?
( マイホーム取得の想定はありません )

         現在        10年後
夫     −6,688万円    −9,315万円
妻   −1億1,420万円 −1億2,269万円

・・でした。
「手当て可能資金」の方が圧倒的に多い!・・ということです。 
夫婦とも死亡保障は不要!・・だということです。
そのK家の生命保険加入状況は・・?

夫 : 死亡保障:3,040万円 入院保障:2,000円/日
妻 : 加入なし
子 : 加入なし
保険料 : 7,680円/月 92,160円/年
払込み保険料総額 : 350万円
内・・保障コスト(たれ流すお金) : 259万円

日本人には珍しく・・たれ流しが少なめの家計です。
(大部分の日本人は、もっともっと・・たれ流しています)

それでも・・検証の結果からは、
K家には生命保険は一切・・不要!・・です。
不要なのに、お金をたれ流していた・・ということです。
生命保険料分を貯蓄に廻していい・・ということです。

       ※「30代で子どもがいるなら、
         3〜5千万円は確保しておきましょう。」 ・・?

        こんなドンブリ勘定の・・保険屋さんの
        アホバカ・トークを真に受けてはいけません。


さあ!・・それでは、マイホーム取得をすると、
生命保険の必要額はどうなるでしょうか?


普通は・・住宅ローンを借りる際に
団体信用生命保険に加入するので、
「必要額」は減る・・のが一般的です。

元々生命保険が不要なKさんの場合は・・?
検証結果は以下です。 
マイホーム取得直後の時点・・です。

夫 :   3,028万円
妻 : −4,721万円

必要額が発生・・しました。 ( 珍しい・・ )
初めてのケースです。
妻も億単位で不要だったのが、千万円単位に・・。


なぜ・・このようなことになるか?
「貯蓄」の大きさが原因のようです。

「手当て可能資金」の項目に、「預貯金」があります。
K家には、30代にしては大きすぎる「預貯金」があります。

住宅取得をしなければ、このお金がまるまるありますから、
もし・・夫に万が一のことがあっても、
遺族の不安はありません。

住宅取得をする場合は、このお金の大部分を
その資金に充当するため・・ほとんど無くなります。
「手当て可能資金」が大きく減ります。

だから・・だったんですね。


・・で、実際・・マイホーム取得の際、
Kさん(夫)は生命保険をどうすればいいか?


住宅ローンは、500万円・・です。
必要保障額は、3,000万円・・です。

ローンの500万円分は団信に加入しますから、
生命保険で2,500万円分を確保すればいい、
・・ということになります。

マイホーム取得後・・の時点ではなく、
マイホーム取得前に(自己資金を払ってしまう前に)、
三角形の生命保険で2,500万円分を確保しましょう。

三角形の生命保険であれば・・、
保険料はリーズナブルに・・2千円程度で済みます。
年間・・24,000円。
払込み保険料総額は・・10年程度でOKなので、
24万円も払えば(捨てれば)OK・・です。
( 現在の1/10以下で済みます )


本来・・保険とは、そういうものです。
少ない資金で大きな保障を確保する・・。


生命保険は、保険屋さんやマスコミが言うような
「住宅に次ぐ出費」・・なんかでは決してありません。



               明日に続く・・。
               B:土地取得・保有と税金
               C:マイホーム建築と設計事務所







《 消費者の方へ 》 
質問・感想など気軽にどうぞ。できるだけ早めにお返事します。
( 具体的な質問の際は、できるだけ詳しい情報提供を )

《 業界の方へ 》 コメントを頂く場合は所属・姓名を名乗り、
私同様・・個人が特定できる状況で、正々堂々とお願いします。
読者の参考にもなるので、敬意を表してきちんとお返事します。
匿名は即 削除します。 ( 無駄な手間隙はご遠慮下さい )
Posted by 武田 つとむ
Category : ■生命保険
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
スポンサーサイト
Posted by スポンサードリンク
Category : -
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
コメント
コメントする








生活設計の考え方
サイドバー用 休息

●老後が不安?
必要以上に不安を煽られるな

基本的に企業や金融機関は、老後の不安を あおります。
(営業ですから・・当然です)
・・が、実際に現状診断をしてみると、本当に老後が心配な状況の人は少数派です。
しっかり将来設計の意識を持って、自分で考え、自分で判断できる力をつけましょう。


●社会保険制度を勉強する
以外に私たちは守られている

病気やケガで膨大な医療費がかかった時、障害者になった時、死亡した時・・等々、日本の制度は充実しています。
健康保険・国民年金・厚生年金保険・介護保険・雇用保険等々。勤務先の制度も勉強しておくと、安心できるかも・・。

●お金の知識、基本をおさえる
金利とコストだけは 理解したい

貯蓄:低金利の時期に長期契約をするのは、その低金利を固定することになるので損。
長期の定期預金・個人年金保険・学資保険・養老保険等々。
借金:金利上昇期に、変動金利や短期固定金利の借金をするのは危険。変動金利や3年固定金利の住宅ローン、土地活用での変動金利のアパートローン等々。
コスト:毎年 高い手数料を払い続ける金融商品では資産は増えません。 変額年金保険・一部の投資信託等々。


●生命保険は徹底的に整理
膨大な損は ここで断ち切る!

「付き合いで加入」や「保険の内容がよく分からない」という人は、ほぼ・・大損をしています。
できるだけ早めに整理整頓!
ただし、保険を売る人に相談しては いけません。
社会保険制度・勤務先の制度・同業者組合の制度・自身の貯蓄・家族の勤労収入・身内の援助等々で対応できないか、徹底的に検討する。


●住宅ローン返済、最優先
繰上返済に優る資産運用なし

くり上げ返済の効果、住宅ローン控除とはケタちがいです。
(銀行にだまされないように)
くり上げ返済の効果、投資信託の運用とはケタちがいです。投資信託のようなリスクもありません。
余裕資金ができたら金融商品を考える前に、繰上げ返済!住宅ローン返済中の人の最善策です。



saidoba-

のんびりと 反り返って座れる
快適な即席ソファー・・です。
材料:スキー・ストック・ウエア



Categories
Archive
Search
FP事務所の ご案内
サイドバー 秋田駒

商品販売をしないファイナンシャル・プランナー事務所です。

保険を売らない保険物語
金融商品を売らない貯蓄物語
建築請負いをしない
         マイホーム物語


消費者が安心して相談できる、
FP事務所を志向しています。
事務所設立は平成13年、
2001年 10月10日です。


                       ファイナンシャル・プランナー
            事務所
(有)エフピー・ステーション  


TEL 019-629-3115 
FAX 019-629-3116 
〒020-0033
岩手県 盛岡市 盛岡駅前北通
7-22 イノカツビル103

業務時間:10:00〜18:00
休日  :日曜・祭日
相談の上、業務する場合も・・

事務所前に駐車できますよ♪




事務所スタッフです。

●ファイナンシャル・プランナー
   武 田  務

  
・日本FP協会 CFP(R)認定者  ・1級FP技能士
・NPO 日本FP普及協議会
    認定プラクティショナー
・宅地建物取引主任者
・不動産コンサルタント
・大手住宅会社で、22年間
 住宅・不動産の営業部門に
・1950年生れ 盛岡市出身


●建築士
   佐藤 拓郎 


・一級建築士
・岩手県木造住宅耐震診断士
・岩手県被災建築物
    応急危険度判定士
・マンションリフォームマネジャ
・大手住宅会社で建築部門に
・1957年生れ 釜石市出身


●ファイナンシャル・プランナー
   佐々木 真寿美

 
・3級FP技能士
・アシスタントFP
 キャッシュフロー表等の作成
・会社員の夫と長女(幼稚園)
 の、3人家族の主婦FP
・1972年生れ 郡山市出身
 

サイドバー ウエストバッグ

こんなウエストバッグを腰(お尻側)に付けて、軽快に飛び回っています。



■相談・支援の料金です。
 
無料相談は、行ないません。

真に相談者側で対応しますので、アドバイス自体が有益です。
商品販売を目的とした「無料相談」とは、質・内容が異なります。



【顧問会員】
  ●年間顧問料、36,000円


  [ 顧問料に含まれる業務 ]

  家計・資産の
     1 現状診断
     2 計画作成
     3 実行支援
     4 事後チェック

  ▼「相談」

   1年間 何回でも
   (面談・電話・メール等)
 
  ▼「資料作成」

   ・金融資産表
   ・不動産表
   ・生命保険表
   ・死亡保障必要額計算表
   ・キャッシュフロー表
   ・キャッシュフロー・グラフ
   ・マイホーム平面・立面図
   ・住宅ローン返済予定表
   ・住宅ローン繰上返済表
   ・土地運用計画プラン
   ・不動産運用計画表
       等、必要に応じて。

  ▼「実行支援」

    ●金融資産運用支援
    貯蓄・保険・ローン等
    の見直し、運用設計
    金融機関との接し方

    ●マイホーム取得支援
    土地検討・売買立会
    プラン作成・業者入札
    ・契約立会・施工立会

    ●相続前後の対策支援
    資産表作成・対策立案
    ・極力借金をしない計画
    ・相続後の手続き日程

    ●不動産運用支援
    相続を考慮して設計
    ・借金は極力少なく
    ・借金は固定金利で
    ・不動産売買・建築支援

  

■講演料金です。


【セミナー講演】
  ●2時間まで 30,000円
 

  ・オリジナル・テキスト
   (20数ページ)を使った
   セミナーです。
  ・ライフプラン(生活設計)
   を基本とします。
  ・分野は、貯蓄・保険・
   老後・住宅・不動産・
   相続などです。

【座談会】
  ●1時間 1人 500円
 

  ・セミナーの簡易版です。
   テーマをしぼり込み、
   少人数から開催可能です。
  ・主催者・聴講者ともに、
   消費者・生活者の個人で
   あること。