50代・60代の資産と住宅 岩手 盛岡

『 群れの外に立つファイナンシャルプランナー 』 ・・の、辛口コメント日記。 

◆貯蓄 ◆生命保険 ◆住宅ローン ◆老後 
◆マイホーム ◆不動産 ◆相続 ◆子どもの将来


   ★「昔から続いてきた損」は、早めに断ち切りましょう。 
   ★「将来・・発生しそうな損」を、事前に防ぎましょう。

そのために・・やっておきたいこと、色々あります。 たとえば・・、

◆貯蓄・生命保険・住宅ローンを徹底的に整理する
◆金融資産・不動産は、老後設計・相続設計を意識して
◆マイホーム建築の際は、同時に老後・相続を設計する
◆争いにならないための、相続設計をしておく
◆引きこもり・ニートの子どもの将来の経済対策設計

岩手 盛岡の 独立ファイナンシャル プランナー(FP)事務所の実録日記です。
売り手とは対極の立場で、20代〜80代までの家計相談・支援をしてきて・・7年目。
「生命保険」や「住宅ローン」・・放りっぱなしなら、
だいたい・・お金がたれ流し状態になっています・・よ。

安易な「相続対策」や「土地活用」での多額の借金、
相続以前に「生活設計」が大変なことになるかも・・。

「マイホーム」・・複数の業者で見積り比較をしないと、
かんたんに数百万円もの損をこうむる場合も・・。


ぼく2

日本ファイナンシャル・プランナーズ協会 CFP(R)認定者
1級FP技能士 武田 つとむ


真に消費者側に立つため、商品販売は行なっていません。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 住宅ローン繰上返済で生命保険が保障不足に? | main | 生命保険と住宅ローン、人生をシミュレーション >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
Category : -
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
この保険には入るな!という人が勧める生命保険
JUGEMテーマ:家庭


その保険だって、「入るな!」・・です。 (^^ゞ




どの生命保険に?.JPG


「週刊現代」 8/22・29号・・に、
生命保険に関する興味深い記事があったので、
取り上げてコメントしたいと思います。

書き手は・・
『生命保険で損をしたくないならこの1冊』
の著者で、国際保険総合研究所 所長のM氏。

「漢字系(社名が漢字の)生保が最近販売
 している保険はひどいものばかりだ。」
・・だそうです。

以下に記事の内容をかいつまんで紹介します。  
グリーン文字は、私のコメント。



「人気の『更新型』生命保険に入ってはいけない」
   あなたの人生設計が狂います


   1,400万円近くをドブに
   定年退職後、あなたが亡くなったら遺族がいくら
   手にするのかを計算したことがあるだろうか。
   20年以上支払ってきた生命保険にもかかわらず、
   保障額がわずか100万円だったとしたらーーー。

   第一生命の『堂堂人生』
   死亡保障額:5,000万円、入院:1万円/日。
   Gさんが35才で加入、保険料は29,034円。
   10年後契約更新で、保険料は53,695円に。
   さらに10年後契約更新で、保険料は85,135円に。
   60才までの支払いをすべて終えると・・
   支払い保険料の総額は1,491万円。
   定年退職後の終身保険の保障額は・・なんと、
   わずか100万円程度。
   定年後も今までと同じように保障が続くと
   勘ちがいしていたGさんの思いは、
   まったく裏切られる。
   定年までの人生を健康に過ごせば・・
   1,400万円近い大金をドブに捨てたも同然。


・・のような書き出しで、
各生命保険会社の商品の内容を暴いています。



   「悪い保険」の筆頭が・・
   「抱き合わせ型保険」と「アカウント型保険」の2つ。

   「抱き合わせ型保険」
   少額の終身保険に大きな定期保険、そのほかに
   もろもろの特約が大量に付いている保険。
   日本生命の『ロングラン みらいサポートEX』
          『生きるチカラ みらいサポートEX』


   「アカウント型保険」
   保険料の一部を口座に積立てていき、
   払込み後は終身保障へ移行できる・・としている。
   明治安田生命『ライフアカウントL A 』
   第一生命 『堂堂人生』
   朝日生命『保険王』


   問題点
   ●保険料払込みが終了した時点(60〜65才)で、
   多くの保障が終わってしまう。
   あとは、100万円程度の終身保険しか残らない。
   ●「更新型」なので、同じ保障内容なら10年ごとに
   保険料が1.5〜2倍程度も増額になる。

   たとえば・・
   第一生命の『順風人生』で死亡保障が5,000万円
   (入院:1万円/日)の場合の保険料は・・
   当初の10年間は、30,132万円/月。
   次の10年間は、54,722円/月。
   55才からの最後の5年間は、90,079円。

   アカウント型保険の場合、払込み終了時点で
   それまで積立てたお金で終身保険を買うことになる。
   だが、アカウントで貯められるのは、
   月に数百円から多くても3,000円程度。
   仮に月額1,000円として25年間で
   貯められるのは、せいぜい30万円に過ぎない。
   これっぽっちの金額で老後人生の保障を?

   住友生命の『ライブワン』は介護保障の充実を
   売りにしているが、必要な時期には保障が無い。
   要介護状態になった際の保障額は・・?
   35〜39才で、5,600万円。
   50〜64才で、2,600万円。
   65才以上では、0円。(保障なし)
   リスクが高まるにつれて保障額が減っていく。


・・ということで、
抱き合わせ型型もアカウント型もダメ!・・としています。 

んじゃぁ・・どうする?
・・で、以下のように書かれています。



   「いったいどんな保険に入ればいいのか?」
   ※この発想自体が、損の始まりになります。 (^^ゞ
    ( 「保険加入」を前提にしてはいけない )


   M氏が自信を持ってお勧めする保険は・・
   『積立利率変動型終身保険』 ・・です。

   ・保険料が一定。
   ・生涯を保障する終身保険。
   ・運用益分だけ保険金が増える。
   ・運用が不調でも最低保証がある。

   たとえば・・ソニー生命
   一生涯の死亡保障:1,000万円の場合、
   35〜60才の払込みなら・・
   保険料月額は23,060円。(途中増額は無い)
   払込み総額は691.8万円。
   ソニー生命の試算では・・60才の時点で解約しても、
   最低702万円の解約返戻金が得られる。
   60才未満で解約しなければ、支払額以上が戻る。

   あなたの生命保険はだいじょうぶか?
   保険証書を引っ張り出して点検してほしい。


・・と結んでいます。 



週刊現代を読んで・・「なるほど〜。」と感じた方が
大勢いたかどうかは分かりませんが、
このまま鵜呑みにしてはいけません。



前段の・・
「抱き合わせ型保険」と「アカウント型保険」も
まったくダメ! ・・については、賛成です。
まったく、その通りです。

問題はその後で・・「終身保険」を勧めていることです。


個別の家計の生活設計を
いくつも行なっていると分かってくることですが・・

『一般的に、終身の死亡保障は不要です。』

きちんと検証することで確認できます。
・夫婦ともに死亡保障は不要。
・夫のみ死亡保障が必要。
・妻のみ死亡保障が必要。
・夫婦ともに死亡保障が必要。
・・のように色々なパターンが現れます。

そして必要だとしても・・その金額は、一般的には
時間の経過と共に減っていきます。
どこかの時点でゼロになります。(不要になる)

終身の死亡保障は不要なんです。


こういうお話をすると、よく聞くコメントは・・
「有利な貯蓄になるんだから、いいんじゃない?」

・有利な貯蓄かどうかは分かりません。
 保証しているのは国ではなく保険屋さんです。
 長い期間の内に・・その会社がどうにかなったら、
 そんな保証は吹っ飛んでしまいます。
 保険会社の破綻等では、貯蓄性保険ほど
 こうむる被害が大きい・・んです。

・そのお金を現役時に使った方がいい。
 いつも言う「お金の置き場所」の問題です。
 その内の「時間的な置き場所」の問題です。
 生活設計でキャッシュフロー表を作ってみると、
 教育資金不足や老後資金不足・・
 なんて事態が時々見受けられます。
 天寿をまっとうした後にもらってどうするの?



ということで・・、
情報を発信している人がどういう立場の人か?
・・には、注意が必要です。

今回のM氏、保険業界の方だと思われます。
ご自身が保険を販売しているかどうかに
かかわらず、「売る側」の発想をしています。



「保険料」という出費が少ない家計は健康です。

「生命保険料ゼロ」・・にできれば、究極の健康優良児。
( 私・・健康優良児 )
きちんと検証することで判明します。
子どものいる20代夫婦にもいたりします。
40代夫婦で・・かなり多くなります。
50代以上なら・・ほぼ健康優良児。
( 生命保険が不要な家計、大勢います )

・・なのに、中年〜高齢者ほど、
生命保険料をたれ流しているのが、日本の現実です。
( 保険屋さんの洗脳が浸透しています )




今日の佐々木FP


メール顧問会員のYさん(30代)
   (相談:ライフプランニング)

家計の現状診断は終えています。

シミュレーション資料の作成・・です。
・住宅ローン借換え
・生命保険清算(解約)
・・の2つを行なった場合のキャッシュフロー。

完成したので、これから添付送信します。


メール顧問会員のWさん(30代)
   (相談:ライフプランニング)

ただ今・・ヒアリング中です。

「再ヒアリング」のための資料整理作業・・です。
明日で完成・・か?








《 消費者の方へ 》  質問や公開相談を希望する方は、
まず、「家計の常識を疑え!」の記事を読んでから・・どうぞ。
なお、回答は一般論にならざるを得ないことをご了承下さい。

《 顧問会員希望の方へ 》 1件受けるごとに赤字。 (^^ゞ
『お客様』扱いはせず、『身内』として徹底的に支援しています。
会員希望の方は「顧問会員って何?」を参照の上・・どうぞ。

《 業界の方へ 》 コメントを頂く場合は所属・姓名を名乗り、
私同様・・個人が特定できる状況で、正々堂々とお願いします。
匿名は即 削除します。 ( 無駄な手間隙はご遠慮下さい )
Posted by 武田 つとむ
Category : ■生命保険
3 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
スポンサーサイト
Posted by スポンサードリンク
Category : -
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
コメント
とても魅力的な記事でした。
また遊びにきます。
ありがとうございます。
2010/09/07(Tue) posted by あろえ
匿名で失礼します。 検索ワードでたどり着いたらなんと盛岡の方で驚きました!

ある保険会社(格付けはよくない)の営業を養成するための教育に誘われています。数か月間、時給をもらいながら勉強し、そのあとに働くか決めてよいそうです。研修だけ受けてやめてもいいそうですが、そんなうまい話があるのでしょうか。
2010/04/20(Tue) posted by 匿名希望
今まさにアリコの医療保険を勧められてます。現在はソニー生命に加入しています。私も保険貧乏から脱出したいです。どうすれば武田さんに見てもらえるのですか?
2010/04/14(Wed) posted by 石川淳子
コメントする








生活設計の考え方
サイドバー用 休息

●老後が不安?
必要以上に不安を煽られるな

基本的に企業や金融機関は、老後の不安を あおります。
(営業ですから・・当然です)
・・が、実際に現状診断をしてみると、本当に老後が心配な状況の人は少数派です。
しっかり将来設計の意識を持って、自分で考え、自分で判断できる力をつけましょう。


●社会保険制度を勉強する
以外に私たちは守られている

病気やケガで膨大な医療費がかかった時、障害者になった時、死亡した時・・等々、日本の制度は充実しています。
健康保険・国民年金・厚生年金保険・介護保険・雇用保険等々。勤務先の制度も勉強しておくと、安心できるかも・・。

●お金の知識、基本をおさえる
金利とコストだけは 理解したい

貯蓄:低金利の時期に長期契約をするのは、その低金利を固定することになるので損。
長期の定期預金・個人年金保険・学資保険・養老保険等々。
借金:金利上昇期に、変動金利や短期固定金利の借金をするのは危険。変動金利や3年固定金利の住宅ローン、土地活用での変動金利のアパートローン等々。
コスト:毎年 高い手数料を払い続ける金融商品では資産は増えません。 変額年金保険・一部の投資信託等々。


●生命保険は徹底的に整理
膨大な損は ここで断ち切る!

「付き合いで加入」や「保険の内容がよく分からない」という人は、ほぼ・・大損をしています。
できるだけ早めに整理整頓!
ただし、保険を売る人に相談しては いけません。
社会保険制度・勤務先の制度・同業者組合の制度・自身の貯蓄・家族の勤労収入・身内の援助等々で対応できないか、徹底的に検討する。


●住宅ローン返済、最優先
繰上返済に優る資産運用なし

くり上げ返済の効果、住宅ローン控除とはケタちがいです。
(銀行にだまされないように)
くり上げ返済の効果、投資信託の運用とはケタちがいです。投資信託のようなリスクもありません。
余裕資金ができたら金融商品を考える前に、繰上げ返済!住宅ローン返済中の人の最善策です。



saidoba-

のんびりと 反り返って座れる
快適な即席ソファー・・です。
材料:スキー・ストック・ウエア



Categories
Archive
Search
FP事務所の ご案内
サイドバー 秋田駒

商品販売をしないファイナンシャル・プランナー事務所です。

保険を売らない保険物語
金融商品を売らない貯蓄物語
建築請負いをしない
         マイホーム物語


消費者が安心して相談できる、
FP事務所を志向しています。
事務所設立は平成13年、
2001年 10月10日です。


                       ファイナンシャル・プランナー
            事務所
(有)エフピー・ステーション  


TEL 019-629-3115 
FAX 019-629-3116 
〒020-0033
岩手県 盛岡市 盛岡駅前北通
7-22 イノカツビル103

業務時間:10:00〜18:00
休日  :日曜・祭日
相談の上、業務する場合も・・

事務所前に駐車できますよ♪




事務所スタッフです。

●ファイナンシャル・プランナー
   武 田  務

  
・日本FP協会 CFP(R)認定者  ・1級FP技能士
・NPO 日本FP普及協議会
    認定プラクティショナー
・宅地建物取引主任者
・不動産コンサルタント
・大手住宅会社で、22年間
 住宅・不動産の営業部門に
・1950年生れ 盛岡市出身


●建築士
   佐藤 拓郎 


・一級建築士
・岩手県木造住宅耐震診断士
・岩手県被災建築物
    応急危険度判定士
・マンションリフォームマネジャ
・大手住宅会社で建築部門に
・1957年生れ 釜石市出身


●ファイナンシャル・プランナー
   佐々木 真寿美

 
・3級FP技能士
・アシスタントFP
 キャッシュフロー表等の作成
・会社員の夫と長女(幼稚園)
 の、3人家族の主婦FP
・1972年生れ 郡山市出身
 

サイドバー ウエストバッグ

こんなウエストバッグを腰(お尻側)に付けて、軽快に飛び回っています。



■相談・支援の料金です。
 
無料相談は、行ないません。

真に相談者側で対応しますので、アドバイス自体が有益です。
商品販売を目的とした「無料相談」とは、質・内容が異なります。



【顧問会員】
  ●年間顧問料、36,000円


  [ 顧問料に含まれる業務 ]

  家計・資産の
     1 現状診断
     2 計画作成
     3 実行支援
     4 事後チェック

  ▼「相談」

   1年間 何回でも
   (面談・電話・メール等)
 
  ▼「資料作成」

   ・金融資産表
   ・不動産表
   ・生命保険表
   ・死亡保障必要額計算表
   ・キャッシュフロー表
   ・キャッシュフロー・グラフ
   ・マイホーム平面・立面図
   ・住宅ローン返済予定表
   ・住宅ローン繰上返済表
   ・土地運用計画プラン
   ・不動産運用計画表
       等、必要に応じて。

  ▼「実行支援」

    ●金融資産運用支援
    貯蓄・保険・ローン等
    の見直し、運用設計
    金融機関との接し方

    ●マイホーム取得支援
    土地検討・売買立会
    プラン作成・業者入札
    ・契約立会・施工立会

    ●相続前後の対策支援
    資産表作成・対策立案
    ・極力借金をしない計画
    ・相続後の手続き日程

    ●不動産運用支援
    相続を考慮して設計
    ・借金は極力少なく
    ・借金は固定金利で
    ・不動産売買・建築支援

  

■講演料金です。


【セミナー講演】
  ●2時間まで 30,000円
 

  ・オリジナル・テキスト
   (20数ページ)を使った
   セミナーです。
  ・ライフプラン(生活設計)
   を基本とします。
  ・分野は、貯蓄・保険・
   老後・住宅・不動産・
   相続などです。

【座談会】
  ●1時間 1人 500円
 

  ・セミナーの簡易版です。
   テーマをしぼり込み、
   少人数から開催可能です。
  ・主催者・聴講者ともに、
   消費者・生活者の個人で
   あること。