50代・60代の資産と住宅 岩手 盛岡

『 群れの外に立つファイナンシャルプランナー 』 ・・の、辛口コメント日記。 

◆貯蓄 ◆生命保険 ◆住宅ローン ◆老後 
◆マイホーム ◆不動産 ◆相続 ◆子どもの将来


   ★「昔から続いてきた損」は、早めに断ち切りましょう。 
   ★「将来・・発生しそうな損」を、事前に防ぎましょう。

そのために・・やっておきたいこと、色々あります。 たとえば・・、

◆貯蓄・生命保険・住宅ローンを徹底的に整理する
◆金融資産・不動産は、老後設計・相続設計を意識して
◆マイホーム建築の際は、同時に老後・相続を設計する
◆争いにならないための、相続設計をしておく
◆引きこもり・ニートの子どもの将来の経済対策設計

岩手 盛岡の 独立ファイナンシャル プランナー(FP)事務所の実録日記です。
売り手とは対極の立場で、20代〜80代までの家計相談・支援をしてきて・・7年目。
「生命保険」や「住宅ローン」・・放りっぱなしなら、
だいたい・・お金がたれ流し状態になっています・・よ。

安易な「相続対策」や「土地活用」での多額の借金、
相続以前に「生活設計」が大変なことになるかも・・。

「マイホーム」・・複数の業者で見積り比較をしないと、
かんたんに数百万円もの損をこうむる場合も・・。


ぼく2

日本ファイナンシャル・プランナーズ協会 CFP(R)認定者
1級FP技能士 武田 つとむ


真に消費者側に立つため、商品販売は行なっていません。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 畑をつぶして住宅建築、たらい廻しに負けないで | main | 不安・・やっぱり医療保険に入った方がいいかも >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
Category : -
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
医療費控除、収入って?所得って?何?なに?
JUGEMテーマ:家庭


給与所得控除?所得控除の額の合計?なに?






メール顧問会員のZさん(30代)
   (相談:ライフプランニング)


家計の現状診断後・・、ただ今
問題の大きい生命保険を整理セイトン中です。



メールをいただきました。



武田様、お久しぶりです。 Zです。

先週土曜に、〇ニー生命の家族収入保険の
契約に行ってきました。 たぶんOKだと思います。

3月帰省時に、住宅ローン控除の手続きに
行くので医療費控除もないか、
領収書を計算してみると8万円近くあって・・・

"医療費控除に関する" 武田さんのブログを読みました。

20年分の源泉徴収票が来たので、計算してみましたが
武田さんの言われる "収入金額" とは
源泉徴収票の "給与所得控除後の金額" のことでしょうか?

そして "給与所得控除額" とは源泉徴収票の 
"所得控除の額の合計額" のことですか?

まとめると、源泉徴収票でいう
(給与所得控除後の金額−所得控除の額の合計額)×0.05
で計算したものが10万円以上なら却下で
うちの去年の医療費は8万円なので、
医療費控除はなしということですね?



うぅ・・ 
「まとめると・・」って、なんにも・・まとまっていない・・。
お話が・・シリメツレツ。
  (^^ゞ

「所得金額」って何か?・・が分からなければ、
「医療費控除」のことが分かりませんので・・、
それでは・・まず、
サラリーマンの「収入」や「所得」ってなに?
・・のお話をします。


まず、「源泉徴収票」を眺めてみてください。

左側から順番に・・数字が書かれています。
その意味を示します。

1 『支払い金額』 : これが『収入』です。

  「年収はいくら?」・・といったら、これのことです。

2 『給与所得控除後の金額』 : これが『所得』です。

  収入から経費を引いた金額が、所得!

  自営業の人は経費を引き算できますが、
  サラリーマンは基本的にそれがありません。
  その代わりに「収入の額」に応じた「給与所得控除」
  が認められています。
  その引き算を終えた後の金額がこれです。
  ( 会社の総務・経理の人が計算・記入します )
  
  『医療費控除額』こ関係してくるのは、の数字!

3 『所得控除の額の合計額』 : 所得からさらに引き算。

  所得税の課税価格を計算をする際に、
  さらに・・引く残していいモノが色々あります。
  ( いっぱい引き算できれば、所得税も少なくて済む )

  ・社会保険料控除 
  ・小規模企業共済等掛金控除
  ・生命保険料控除
  ・地震保険料控除
  ・配偶者控除
  ・配偶者特別控除
  ・扶養控除
  ・基礎控除
  ・雑損控除
  ・医療費控除
  ・寄附金控除   ・・等々があり、

  『医療費控除額』がある人は、確定申告書の
  この欄に数字を記入して控除を受けることになります。
                                         
4 『源泉徴収税額』 : 所得税の額です。

  2から3を引いた額が課税金額になります。
  その額に所定の税率をかけて税額が決まります。


だから・・、3の金額が大きいほど、税金を節約できます。
「医療費控除」ができそうな人は、がんばってみましょう。

ちなみに・・「小規模企業共済等掛金控除」・・、
「確定拠出年金」の掛金がまるまる全額、
ここに記入できます。 ( 助かります )



・・で、Zさんの場合・・医療費控除はできるか?  


前回も書きましたが・・基本は以下です。  

『医療費控除額』・・の対象になるのは、
『所得金額の5%を越えた金額』・・と、
『10万円』・・の、
いずれか少ない方の金額を越えた分
・・です。

なので・・、
・サラリーマンでも所得の少ない人
・自営業の人
・・等々は、控除額が大きくなる可能性があります。

かかった医療費が50万円の場合・・、

所得金額が200万円以上の人は、
50万円−10万円=40万円 ・・が、医療費控除額に。

所得金額が・・100万円の人は、
100万円×0.05=5万円 ・・なので、
50万円−5万円=45万円 ・・が、医療費控除額に。

所得金額が・・50万円の人は、
50万円×0.05=2.5万円 ・・なので、
50万円−2.5万円=47.5万円 ・・が、医療費控除額に。             


Zさんは、所得が200万円以上です。    
去年1年間の医療費が8万円弱・・です。
  

8万円 − 10万円 = マイナス2万円

はい、分かりますよね。
医療費控除の対象にはなりません。 ザンネン!      



これを機会に・・「源泉徴収票」の意味を理解しましょう。  
                
もし・・税務署に行くのなら、「確定申告書の手引き」を
もらってきて、しっかり読んでみましょう。

確定申告の記入過程をなぞることで、
源泉徴収票のしくみが理解できます。

お金を払って下手な本を手に入れるよりいいですよ。
タダ・・だし、分かりやすく書かれているし・・。
所得税のしくみについて理解が深まります。


どんな分野でも・・「知識が無いために損をする」
そんなことがよくあります。




Zさんのライフプランニング(生活設計) 進行状況

   1 ヒアリング
       家族状況・家計収支・資産・職歴ほか
   2 家計の現状診断 
       診断資料(小冊子) 問題点把握

   3 生活設計 シミュレーション
       設計資料(キャッシュフロー表ほか)
   4 実行支援
       商品選択や処理(金融商品・保険・ローンほか)
       住宅・不動産・相続等の段取り・手続き

   5 事後チェック
       計画の実行・・進行状況、必要に応じた修正








《 消費者の方へ 》 
質問・感想など気軽にどうぞ。できるだけ早めにお返事します。
( 具体的な質問の際は、できるだけ詳しい情報提供を )

《 業界の方へ 》 コメントを頂く場合は所属・姓名を名乗り、
私同様・・個人が特定できる状況で、正々堂々とお願いします。
読者の参考にもなるので、敬意を表してきちんとお返事します。
( 匿名コメントは削除 : 無駄な手間隙はご遠慮下さい )
Posted by 武田 つとむ
Category : ■税金
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
スポンサーサイト
Posted by スポンサードリンク
Category : -
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
コメント
コメントする








生活設計の考え方
サイドバー用 休息

●老後が不安?
必要以上に不安を煽られるな

基本的に企業や金融機関は、老後の不安を あおります。
(営業ですから・・当然です)
・・が、実際に現状診断をしてみると、本当に老後が心配な状況の人は少数派です。
しっかり将来設計の意識を持って、自分で考え、自分で判断できる力をつけましょう。


●社会保険制度を勉強する
以外に私たちは守られている

病気やケガで膨大な医療費がかかった時、障害者になった時、死亡した時・・等々、日本の制度は充実しています。
健康保険・国民年金・厚生年金保険・介護保険・雇用保険等々。勤務先の制度も勉強しておくと、安心できるかも・・。

●お金の知識、基本をおさえる
金利とコストだけは 理解したい

貯蓄:低金利の時期に長期契約をするのは、その低金利を固定することになるので損。
長期の定期預金・個人年金保険・学資保険・養老保険等々。
借金:金利上昇期に、変動金利や短期固定金利の借金をするのは危険。変動金利や3年固定金利の住宅ローン、土地活用での変動金利のアパートローン等々。
コスト:毎年 高い手数料を払い続ける金融商品では資産は増えません。 変額年金保険・一部の投資信託等々。


●生命保険は徹底的に整理
膨大な損は ここで断ち切る!

「付き合いで加入」や「保険の内容がよく分からない」という人は、ほぼ・・大損をしています。
できるだけ早めに整理整頓!
ただし、保険を売る人に相談しては いけません。
社会保険制度・勤務先の制度・同業者組合の制度・自身の貯蓄・家族の勤労収入・身内の援助等々で対応できないか、徹底的に検討する。


●住宅ローン返済、最優先
繰上返済に優る資産運用なし

くり上げ返済の効果、住宅ローン控除とはケタちがいです。
(銀行にだまされないように)
くり上げ返済の効果、投資信託の運用とはケタちがいです。投資信託のようなリスクもありません。
余裕資金ができたら金融商品を考える前に、繰上げ返済!住宅ローン返済中の人の最善策です。



saidoba-

のんびりと 反り返って座れる
快適な即席ソファー・・です。
材料:スキー・ストック・ウエア



Categories
Archive
Search
FP事務所の ご案内
サイドバー 秋田駒

商品販売をしないファイナンシャル・プランナー事務所です。

保険を売らない保険物語
金融商品を売らない貯蓄物語
建築請負いをしない
         マイホーム物語


消費者が安心して相談できる、
FP事務所を志向しています。
事務所設立は平成13年、
2001年 10月10日です。


                       ファイナンシャル・プランナー
            事務所
(有)エフピー・ステーション  


TEL 019-629-3115 
FAX 019-629-3116 
〒020-0033
岩手県 盛岡市 盛岡駅前北通
7-22 イノカツビル103

業務時間:10:00〜18:00
休日  :日曜・祭日
相談の上、業務する場合も・・

事務所前に駐車できますよ♪




事務所スタッフです。

●ファイナンシャル・プランナー
   武 田  務

  
・日本FP協会 CFP(R)認定者  ・1級FP技能士
・NPO 日本FP普及協議会
    認定プラクティショナー
・宅地建物取引主任者
・不動産コンサルタント
・大手住宅会社で、22年間
 住宅・不動産の営業部門に
・1950年生れ 盛岡市出身


●建築士
   佐藤 拓郎 


・一級建築士
・岩手県木造住宅耐震診断士
・岩手県被災建築物
    応急危険度判定士
・マンションリフォームマネジャ
・大手住宅会社で建築部門に
・1957年生れ 釜石市出身


●ファイナンシャル・プランナー
   佐々木 真寿美

 
・3級FP技能士
・アシスタントFP
 キャッシュフロー表等の作成
・会社員の夫と長女(幼稚園)
 の、3人家族の主婦FP
・1972年生れ 郡山市出身
 

サイドバー ウエストバッグ

こんなウエストバッグを腰(お尻側)に付けて、軽快に飛び回っています。



■相談・支援の料金です。
 
無料相談は、行ないません。

真に相談者側で対応しますので、アドバイス自体が有益です。
商品販売を目的とした「無料相談」とは、質・内容が異なります。



【顧問会員】
  ●年間顧問料、36,000円


  [ 顧問料に含まれる業務 ]

  家計・資産の
     1 現状診断
     2 計画作成
     3 実行支援
     4 事後チェック

  ▼「相談」

   1年間 何回でも
   (面談・電話・メール等)
 
  ▼「資料作成」

   ・金融資産表
   ・不動産表
   ・生命保険表
   ・死亡保障必要額計算表
   ・キャッシュフロー表
   ・キャッシュフロー・グラフ
   ・マイホーム平面・立面図
   ・住宅ローン返済予定表
   ・住宅ローン繰上返済表
   ・土地運用計画プラン
   ・不動産運用計画表
       等、必要に応じて。

  ▼「実行支援」

    ●金融資産運用支援
    貯蓄・保険・ローン等
    の見直し、運用設計
    金融機関との接し方

    ●マイホーム取得支援
    土地検討・売買立会
    プラン作成・業者入札
    ・契約立会・施工立会

    ●相続前後の対策支援
    資産表作成・対策立案
    ・極力借金をしない計画
    ・相続後の手続き日程

    ●不動産運用支援
    相続を考慮して設計
    ・借金は極力少なく
    ・借金は固定金利で
    ・不動産売買・建築支援

  

■講演料金です。


【セミナー講演】
  ●2時間まで 30,000円
 

  ・オリジナル・テキスト
   (20数ページ)を使った
   セミナーです。
  ・ライフプラン(生活設計)
   を基本とします。
  ・分野は、貯蓄・保険・
   老後・住宅・不動産・
   相続などです。

【座談会】
  ●1時間 1人 500円
 

  ・セミナーの簡易版です。
   テーマをしぼり込み、
   少人数から開催可能です。
  ・主催者・聴講者ともに、
   消費者・生活者の個人で
   あること。