50代・60代の資産と住宅 岩手 盛岡

『 群れの外に立つファイナンシャルプランナー 』 ・・の、辛口コメント日記。 

◆貯蓄 ◆生命保険 ◆住宅ローン ◆老後 
◆マイホーム ◆不動産 ◆相続 ◆子どもの将来


   ★「昔から続いてきた損」は、早めに断ち切りましょう。 
   ★「将来・・発生しそうな損」を、事前に防ぎましょう。

そのために・・やっておきたいこと、色々あります。 たとえば・・、

◆貯蓄・生命保険・住宅ローンを徹底的に整理する
◆金融資産・不動産は、老後設計・相続設計を意識して
◆マイホーム建築の際は、同時に老後・相続を設計する
◆争いにならないための、相続設計をしておく
◆引きこもり・ニートの子どもの将来の経済対策設計

岩手 盛岡の 独立ファイナンシャル プランナー(FP)事務所の実録日記です。
売り手とは対極の立場で、20代〜80代までの家計相談・支援をしてきて・・7年目。
「生命保険」や「住宅ローン」・・放りっぱなしなら、
だいたい・・お金がたれ流し状態になっています・・よ。

安易な「相続対策」や「土地活用」での多額の借金、
相続以前に「生活設計」が大変なことになるかも・・。

「マイホーム」・・複数の業者で見積り比較をしないと、
かんたんに数百万円もの損をこうむる場合も・・。


ぼく2

日本ファイナンシャル・プランナーズ協会 CFP(R)認定者
1級FP技能士 武田 つとむ


真に消費者側に立つため、商品販売は行なっていません。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
Category : -
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
差額ベッド代に備えて貯蓄した方がいい ・・か?
JUGEMテーマ:家庭


まだまだ多くの人が洗脳されています。
発信源はもちろん、保険屋さん・・です。



差額ベッド代を貯蓄?.JPG


メール顧問会員のOさん(20代)
   (相談:ライフプランニング)


   Oさんのライフプランニング(生活設計) 進行状況

   1 ヒアリング
       家族状況・家計収支・資産・職歴ほか
   2 家計の現状診断 
       診断資料(小冊子) 問題点把握

   3 生活設計 シミュレーション
       設計資料(キャッシュフロー表ほか)

   4 実行支援
       商品選択や処理(金融商品・保険・ローンほか)
       住宅・不動産・相続等の段取り・手続き
   5 事後チェック
       計画の実行・・進行状況、必要に応じた修正




メールをいただきました。


要望や質問の中から、医療費や保険に関するモノを
整理せいとんしようと思い・・抜粋しました。

質問に答える・・ということではなく、
「このような質問をすること自体が問題」
( 業界の洗脳をタ〜ップリと受けている )
・・なので、取り上げてコメントします。


 1 差額ベッド代、上増し貯蓄した方がいい。
 2 健康保険でカバーできない医療費とは
   どんなものがありますか?
  それに備えて、医療費は月いくらのペースで
   貯金していけばいいですか?
 3 健康保険の利かない医療費も全て
   高額医療費の対象になりますか?
 4 保険を整理したいと思いますが、
   どういう形がいいでしょうか
 (全部解約・一部解約・変更?)



それぞれについて・・コメントします。


1 差額ベッド代、上増し貯蓄した方がいい。

そんなことをする必要は、まったく・・ない。

多くの日本人がそんな心配をするようになったのは、
保険業界あげての洗脳のタマモノ・・です。 (^^ゞ
たくさんのお金がかかる・・と感じて、必要以上に
不安を大きく持ってもらえば、保険商品が売れます。

差額ベッド代は、自ら希望して贅沢する人が払うお金です。
本人の了解がなければ払う必要なし。

・治療上の必要性から個室に。
・病院の都合で個室に。
・・といった場合、差額を払う必要はありません。

何も心配するな!


2 健康保険でカバーできない医療費とは
  どんなものがありますか?
  それに備えて、医療費は月いくらのペースで
  貯金していけばいいですか?


「医療費目的」で貯蓄をする必要は、まったく・・ない。

   ※「資金は目的別に貯蓄」 ?

    これを推奨しているのがだれか?・・というと、
    保険屋さんや金融機関です。  (^^ゞ
    そう考えてもらえば、それぞれが用意している
    保険商品や金融商品が売りやすいから・・です。
    これらの商品は、色々な面で不利な場合が多い。
    ( 「コスト高」や「低利率の固定」・・など )

    ライフプランを検討する上では・・、
    「個別の貯蓄」ではなく、「総体の貯蓄」を
    大きく確保するように考えればOK・・です。

健康保険ではカバーできない・・からと、保険屋さんが
不安を煽る材料の代表は、「高度先進医療」・・ですね。

よく雑誌等に登場するFPさん(保険を販売している)が
おっしゃっている生命保険見直し法・・、

   医療保険について
   「入院1日〇万円分を〇日分確保で充分、
    高度先進医療は稀なケースであり、
    保険料が高額になるので、貯蓄で備えましょう。」


このFPさん、
入院の保障を確保しろと言っていますが、
( 保険を売る人だから・・ )
その保険料もお金のたれ流しです。(もったいない)

・・で、本題は、
高度先進医療に民間医療保険で備えるのは、
『費用対効果が割りに合わない』・・ということです。

多額の保険料を払い続けることになります。

これは、未承認抗がん剤等にも当てはまり、
健康保険対象外の治療はみな同じことです。

なので・・、貯蓄で備えましょう。

将来・・その治療を受けるかどうかは、
その時点の家計と相談・・です。
( 選択の余地があるということ )

その治療法を採用しないと死刑!・・というわけじゃない。


3 健康保険の利かない医療費も全て
   高額医療費の対象になりますか?


「高額医療費」・・というのは、
健康保険の「高額療養費」のことだと思いますが、
多額の医療費がかかった場合に・・多額の給付があり、
本人の自己負担月額が少なくて済む給付制度です。

1ヶ月の医療費が100万円かかった場合、
健康保険から・・約91万円も給付されます。
( すごい給付です・・ありがたい )
本人負担は・・約9万円です。

1ヶ月の医療費が1,000万円もかかっても、
健康保険から・・約982万円も給付されます。
( すごい給付です・・ありがたい )
本人負担は・・約18万円です。

   ※医療保険からの給付

    上記のどちらの場合でも、
    民間の医療保険からの給付は、
    たったの・・数十万円です。
    ( しかも、払った保険料より少額! )
    
    保険料 = たれ流すお金

・・で、
「高額療養費」は健康保険の給付のひとつです。
だから・・
健康保険のきかない医療費は、
「高額療養費」の対象にならない・・のは当然・・です。

だから・・どうした? ・・といお話です。

「だから・・民間の医療保険で備えましょう。」
・・という流れに、保険屋さんは持ち込みたい・・んです。
( 多くの消費者が、そのまま洗脳されています )

2・・で触れたように、
「医療保険」は割りに合わない・・んです。
悪いことは言わないから・・
だまって・・貯蓄の総額を増やしていきましょう。


4 保険を整理したいと思いますが、
   どういう形がいいでしょうか
 (全部解約・一部解約・変更?)


「現状診断」で算出した死亡保障の必要額は・・、
( 「必要資金−手当可能資金」で算出します )
夫:マイナス6,400万円、妻:マイナス9,300万円。

まったく・・生命保険は要らない家計です。
( これから産まれる子どもを1人加味しても不要 )
なので、全部解約!・・でOKです。

・・が、これから・・新たな要素を組み込んだ
シミュレーションを作成します。
これから子どもを3人もうける。
一戸建てマイホームを取得する。
将来の一定期間・・親へ資金援助をする。

・・等々の家計負荷がかかってくれば、
また・・死亡保障の必要額も再計算が必要です。

なので・・保険の整理せいとんは、
シミュレーションを作成してから・・です。

ただし・・どう転んでも、医療保険や医療特約は
元々要らないものなので、とっとと解約! ・・です。



払う保険料が少なくなれば・・、
家計は見違えるように改善されます。

のん気に、数十万円/年も払っていてはいけません。

「 保険料 = 捨て金 」 ・・です。

早めに、洗脳の呪縛から解放♪ ・・されましょう。




今日の佐々木FP


メール顧問会員のKさん(40代)
   (相談:ライフプランニング)

「シミュレーション」資料作成、
昨日から・・足かけ2日で完成しました。

メール添付で送信しました。


メール顧問会員の I さん(30代)
   (相談:ライフプランニング)

今度は・・ I さんの「現状診断」資料の
作成に取りかかりました。

生命保険の本数・・すごそう!・・です。
年間保険料・・60万円以上!?
I さんの家計もたいへんそうですが、
資料作成する佐々木FPも
仕事のボリュームが大きくてたいへんそう・・です。

今週では終わらず、来週にまたがりそう・・です。









《 消費者の方へ 》 
質問・感想など気軽にどうぞ。できるだけ早めにお返事します。
ただし、回答は一般論にならざるを得ないことをご了承下さい。
( 会員の個別診断が可能なのは、徹底的な情報提供による )

《 業界の方へ 》 コメントを頂く場合は所属・姓名を名乗り、
私同様・・個人が特定できる状況で、正々堂々とお願いします。
読者の参考にもなるので、敬意を表してきちんとお返事します。
匿名は即 削除します。 ( 無駄な手間隙はご遠慮下さい )
Posted by 武田 つとむ
Category : ■生命保険
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
母の生活に光が射した様・・アメリカからのメール
JUGEMテーマ:家庭


ちゃんと整理して考える事ができる人が居ない



借金ゼロ。保険ナシ。.JPG


顧問会員のHさん(60代)
   (相談:ライフプランニング)


   Hさんのライフプランニング(生活設計) 進行状況

   1 ヒアリング
       家族状況・家計収支・資産・職歴ほか
   2 家計の現状診断 
       診断資料(小冊子) 問題点把握
   3 生活設計 シミュレーション
       設計資料(キャッシュフロー表ほか)

   4 実行支援
       商品選択や処理(金融商品・保険・ローンほか)
       住宅・不動産・相続等の段取り・手続き

   5 事後チェック
       計画の実行・・進行状況、必要に応じた修正


7月末に・・久しぶりに里帰りしている娘さんを
伴なって来所されました。
娘さん・・といっても40代・・ですが。 (^^ゞ

娘さんは結婚してアメリカにお住まいです。
お母さんのこれから・・について、
心配しておいででした。

これまでのヒアリングとその日頂いた情報から
その場で・・ライフプランの資料作成した結果、
これからの生活に不安がない状況になり、
お二人とも・・安心してお帰りになりました。



アメリカにお帰りになった、その娘さんからメールが・・。



武田様

先日はお会いできて良かったです。

40過ぎても、騒がしい娘(母からみて娘という意味です)で
すんません・・。失礼しました。

とにかく、母の生活に光が差した様で安心しました。
ちゃんと整理して考えればなんだかんだ言っても
母は大丈夫と思ってはいたのですが、
そのちゃんと整理して考える事ができる人が
居ないから困っていたんですよ。

そこで、武田さんと出会えた。良かった!

借金もあるけど父が残してくれた財産もある。
母が全部使っちゃっていいのだと思ってる。
母が楽なようにしていいのですよ。
好きにしていいのですよ。

  ・・  中略 ・・

母の為!母の為!と言いながら結局、
私も自分の事しか考えてないんじゃないかって
自分の事がわからなくなります。

結局、自分は遠く離れてる事をいいことに
何もしてないんじゃないか?

  ・・  中略  ・・

我が家は経済的に(きっと)苦しいです。
でも、夢に(目標に)向かって生活出来る事。
幸せです。
主人の両親にも感謝しています。
(主人の実家は〇〇にある「〇〇飯店」という
 中華料理屋さんです。よかったら
 行ってみてください。美味しいですよ〜)

子供たちに財産なんて残してあげられないと思っています。
今の経験を財産にしてほしいです。
だから、我が家の財産は無限大なんですよ!!

我が家の家計。
借金ゼロ。
保険ナシ。
現金が通帳にウン十万円くらいかな〜。

今回日本に帰ったら、少なくなっちゃった〜ぎゃはは〜
佐々木さんに我が家のライフプラン立ててもらったら
チョ〜簡単ですね。きっと。

主人は健康だし、
子供の学校は日本よりお金が掛からないし
〜右肩上がり?

ココは2、3日過ごしやすく、
「あっ!お母さん、〇〇の気温と同じだよ!」
って娘が言っています。
でも、風や湿度が違うので体感は随分違うのだと思います。
そちらはそろそろ学校も始る頃ですね。
娘たちは9月8日まで夏休みです。
6月20日からでしたから、いい加減飽きました。

長々とお忙しいのにすみません。
先日のお礼とこれからも母をよろしく
・・と簡単にそれだけなんですが(汗)

大変失礼しました。



借金ゼロ。保険ナシ。 ・・いいですね〜。

いかにも・・アメリカで生きている・・って感じで、
すべてにポジティブな考え方もOK!・・です。

私が日ごろ言っていること・・そのまんま・・です。

「シンプルに考えれば、家計は健康になります。」
   本気で生活設計、3つの提言。 「できるだけ」 を付けて。
  ●生命保険には、加入しない。
  ●借金は、しない。

  ●手数料や経費は、払わない。

アホバカ・トークに引っかかるおバカさんが
後を絶たない日本・・です。

たとえば・・
「貯蓄がない人ほど、保険に入りましょう。」
・・もろに、アホバカ・トークです。

保険に入っていない不安・・より、
貯蓄がないことに不安を感じる、
まともな感性をもちましょう。



「我が家の財産は無限大!」
・・いい・・ですね〜。

子どもさんたちが今まさに経験していることが、
将来の大きな財産になります。

楽しみ・・です。



ひるがえって・・ちょっと心配が・・。

ライフプランニングを日常業務としている立場から、
「ご夫婦の老後」・・に思いを馳せてしまいます。

顧問会員のお母さんについては、
将来に何の問題もないことが確認できましたが、
娘さんご夫婦の老後・・は?

顧問会員ではないので、
ヒアリングとかもしていません。

公的年金の保険料、払っているんでしょうか・・?
老後の生活設計は、公的年金をメインにします。
無年金・・なんてことにならなければいいんですが。
( 過去の顧問会員に、現実におられました )

・・ふと、私が不安になってしまいました。 (^^ゞ




今日の佐々木FP


メール顧問会員のKさん(40代)
   (相談:ライフプランニング)

「現状診断」はすでに終えていて・・、
(  正直・・悲惨な結果・・でした (^^ゞ  )
あらためて・・改善点を総合的に加味、
今日からシミュレーションを作成しています。

明日には、終了できるか・・と思います。








《 消費者の方へ 》 
質問・感想など気軽にどうぞ。できるだけ早めにお返事します。
ただし、回答は一般論にならざるを得ないことをご了承下さい。
( 会員の個別診断が可能なのは、徹底的な情報提供による )

《 業界の方へ 》 コメントを頂く場合は所属・姓名を名乗り、
私同様・・個人が特定できる状況で、正々堂々とお願いします。
読者の参考にもなるので、敬意を表してきちんとお返事します。
匿名は即 削除します。 ( 無駄な手間隙はご遠慮下さい )
Posted by 武田 つとむ
Category : ■ライフプラン
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
建築現場、間取り、住宅ローン、設計事務所・・
JUGEMテーマ:家庭


マイホーム関連の動きが色々・・。






●顧問会員のYさん(50代)
   (相談:生活設計・マイホーム建築)


Y家 上棟.JPG
23.6坪の家・・なんですが、そんなに小さく見えません。


Y家 上棟 2.JPG
車は北側のお隣りさん。日当たりが悪くなってゴメンナサイ。



着工までは、手続きの問題で時間がかかりましたが、
今は・・順調に工事が進んでいます。

お盆前に、マイホームの形になりました。

10月に完成・入居・・する予定です。


     Yさんのマイホーム:進行状況

     1 家計の現状診断・問題点把握
     2 ライフプランニング(生活設計)
     3 資金・ローンの目安を立てる
     4 土地探し・土地売買契約
     5 展示場ほか見学  
     6 事前手続き・住宅プラン検討・作成  
     7 住宅会社・数社が提案競争 
     8 業者決定・請負契約
  
     9 着工〜上棟    
     10 完成・入居  
     11 住宅ローン返済開始





●顧問会員のMさん(30代)
   (相談:生活設計・マイホーム建築)


今・・家族全員で、マイホームの間取りを検討中です。
まだ固まっていない・・今が、一番楽しい時期です。

マイホームの間取りや外観の絵・・は、
特定のソフトではなく、私がエクセルで作製しています。
( 80数坪・・の、大きなマイホーム )

これに・・M家の家族の希望を入れて、
Mさんに色々といじくってもらっています。
( 下が、Mさんが・・いじくった絵 )

今が一番楽しい時 ・・です。


     Mさんのマイホーム:進行状況

     1 家計の現状診断・問題点把握
     2 ライフプランニング(生活設計)
     3 資金・ローンの目安を立てる

     4 土地探し・土地売買契約
     5 展示場ほか見学  
     6 事前手続き・住宅プラン検討・作成  
     7 住宅会社・数社が提案競争 
     8 業者決定・請負契約  
     9 着工〜上棟    
     10 完成・入居  
     11 住宅ローン返済開始

M家住宅プラン1.JPG

M家住宅プラン2.JPG






●顧問会員のSさん(30代)
   (相談:生活設計・マイホーム建築)


ただ今、マイホーム取得の資金繰り中・・です。
( お盆前から、やっていました )

Sさんは、現在・・持ち家です。
( 住宅ローンの残債もあります )

・・が、これから新たに土地を購入して
マイホームを建築しようとしています。
( それぞれ・・事情があります )

現在の家は賃貸にする予定・・です。

問題は住宅ローン・・です。
現在の残債も含めた・・大きな融資額になります。
いくつかの金融機関に相談しましたが、
「なんとかなるかもしれない。」
・・と、可能性があるのは・・K銀行だけです。

担当のWさんと仮申込みの件で、
お盆前からやり取りしています。
後から・・追加の資料を要求されて、
その対応のため・・Sさんが動いています。

今週中に準備できて、来週にはK銀行に
ローン審査をお願いできるか・・と思います。

   ※追加資料

    現在のマイホームの敷地は、Sさんの親が所有
    しているので・・親が保証人になる必要がある?
    ・保証人の書類に署名・押印
    ・親の所得証明
    ・親の固定資産税関係資料
    
    私の経験からは・・、
    保証人になる必要は無く、
    敷地を抵当権の担保に提供すればOK、
    というのが一般的・・かと思いますが・・。

    でも、S家の融資の可否がかかっていますので、
    言うことを聞くしかありません。


     Sさんのマイホーム:進行状況

     1 家計の現状診断・問題点把握
     2 ライフプランニング(生活設計)

     3 資金・ローンの目安を立てる
     4 土地探し・土地売買契約
     5 展示場ほか見学  
     6 事前手続き・住宅プラン検討・作成  
     7 住宅会社・数社が提案競争 
     8 業者決定・請負契約  
     9 着工〜上棟    
     10 完成・入居  
     11 住宅ローン返済開始




●メール顧問会員のKさん(30代)
   (相談:ライフプランニング)


   Kさんのライフプランニング(生活設計) 進行状況

   1 ヒアリング
       家族状況・家計収支・資産・職歴ほか
   2 家計の現状診断 
       診断資料(小冊子) 問題点把握

   3 生活設計 シミュレーション
       設計資料(キャッシュフロー表ほか)

   4 実行支援
       商品選択や処理(金融商品・保険・ローンほか)
       住宅・不動産・相続等の段取り・手続き
   5 事後チェック
       計画の実行・・進行状況、必要に応じた修正


お盆前の記事からの続き・・です。
「生命保険をしっかり検証してからマイホーム取得」 8/11
「マイホーム用地を買う時の税金・・損得のお話。」 8/12

Kさんからのメールにお答えしていたら、
お盆をまたいで・・3回の記事になってしまいました。

その質問メールの最後の部分・・です。


   次に住宅建築について、               
   住宅会社で設計から施工までしてもらうのと
   設計は設計事務所(建築士)で、施工は住宅会社で、
   と分けた場合、
   それぞれどんなメリット、デメリットがあるのでしょうか?
              ・・C:マイホーム建築と設計事務所


C:マイホーム建築と設計事務所

〇設計事務所に依頼する場合のメリット
   ・建築のプロの助言を得ながらプラン作成できる。
   ・設計と監理をやってもらえば、工事も安心。

〇設計事務所に依頼する場合のデメリット
   ・建築士の個性や好みと合わない場合は微妙。
   ・設計料が余分にかかる。(工事費の15%等)
   ・予め受注業者が決まっているので、市場原理が働かない。
   ( 業者に見積り競争させる建築士も僅かながらいる )

・・ということで、
相性が良い建築士さんにお願いできたとしても、
「高い買い物」・・になる、・・というのが私の印象です。


住宅会社に設計から施工までしてもらう場合であっても、
当初から一社に決め打ちしない・・ということをお勧めします。
あらかじめ決めてしまっている・・おバカさん(失礼!)、
よく・・見かけます。

いつも・・口を酸っぱくして言っていますが・・、
できるだけ同じ条件で複数の業者を比較してください。
競合他社の存在を認識することで、
市場原理が働き・・良いものを安く買えます。
信じられませんが、数百万円の差は当たり前のように出ます。
( 当事務所の係わった事例より )

500万円分・・高い買い物をすれば、
500万円分・・余分に住宅ローンを借ります。
その利息負担は・・ザックリと、200万円です。
計700万円のハンデをこれから背負い込みます。


『お金の大量たれ流し』

〇生命保険は、長い時間をかけて大量たれ流しをします。
〇マイホームは、一瞬で大量たれ流しをします。



   ※住宅会社の評判
    安ければいい・・というものではありません。
    自分が一生住む家の建築をお願いする相手です。
    一生懸命・・自分で調査しましょう。




今日の佐々木FP


●メール顧問会員のNさん(40代)
   (相談:ライフプランニング)

昨日から・・「現状診断」の資料を作成しています。
今日で、なんとか作業を終了しました。(佐々木FP分)

これから・・私が、全体をチェックした後「総評」を
書いて、仕上がりになります。

自営業の方の生活設計・・たいへんです。
共通の注意点を皆さん・・持っています。
まだ・・ご本人に送る前なので、
ブログ記事にするのは、後日・・です。


●メール顧問会員のUさん(50代)
   (相談:ライフプランニング)

昨日・・顧問会員になったばかりの
Uさんから電話が入りました。
( けっこう・・な、長距離電話です )

ヒアリングシートの記入のし方の質問に
佐々木FPがお答えしていました。
( これも・・けっこう、長電話・・です )








《 消費者の方へ 》 
質問・感想など気軽にどうぞ。できるだけ早めにお返事します。
ただし、回答は一般論にならざるを得ないことをご了承下さい。
( 会員の個別診断が可能なのは、徹底的な情報提供による )

《 業界の方へ 》 コメントを頂く場合は所属・姓名を名乗り、
私同様・・個人が特定できる状況で、正々堂々とお願いします。
読者の参考にもなるので、敬意を表してきちんとお返事します。
匿名は即 削除します。 ( 無駄な手間隙はご遠慮下さい )
Posted by 武田 つとむ
Category : ■マイホーム
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
誠実そうな保険屋さんの意見など参考にしながら
JUGEMテーマ:家庭


たっぷりのお金を垂れ流してきました。



誠実そうな保険屋さん.JPG


メール顧問会員のUさん(50代)
   (相談:ライフプランニング)


お盆明けのこの時期に、
初めてのメールをいただきました。

50代のご夫婦を始めとする5人家族・・です。



「メール顧問会員を希望しています。」


はじめまして、
武田さんのブログを興味深く拝見しております。

このメールでどれほどの情報を
お伝えしたらよいのかがわかりませんが、
とりあえず思いつくままに書かせていただきます。

〇住所   ・・ 略 ・・
〇氏名   ・・ 略 ・・ 
〇電話/FAX   ・・ 略 ・・ 
〇メールアドレス   ・・ 略 ・・ 
〇家族構成   ・・ 略 ・・ 
〇収入   ・・ 略 ・・ 

相談項目 

〇保険の整理
〇相続問題 など(他にも出てくるかも知れません)

結婚して約25年ほど経ちます。

もともとこの手の知識が全くなく、
経済系の学校を卒業している夫任せでしたが、
つい10年ほど前から「夫に任すのは危ないかも・・・」
と不安になりました。

しかし、元来お金の計算となると
頭痛がしてくるタイプなので、
誠実そうな保険屋さんの意見など参考にしながら・・・
たっぷりのお金を垂れ流してきました。

相続に関する不安もあります。

最近偶然に武田さんのブログを知り
「いた〜っ!こんな人〜!!!」
と興奮してしまいました。

ぜひメール顧問会員にしてください。
よろしくお願いいたします。




今日、メール顧問会員になる案内・・を送りました。

すぐに、年間顧問料を振り込みいただきました。
これから・・「ヒアリング・シート」を送ります。

1年間、よろしく・・お願いします。




「いた〜っ!こんな人〜!!!」

私を発見して・・興奮!♪

・・していただき、ありがとうございます。
女性を興奮させる魅力が・・まだあるんですね。
私も・・まだ、捨てたものではありません。  (^^ゞ


相談内容の中心は、『生命保険』・・のようです。

「夫に任すのは危ないかも・・・」
と不安になった・・10年ほど前に相談を受けていれば、
たれ流すお金が・・ずいぶんちがったでしょうね。
・・って、そのころまだ、当事務所は無い・・か。
( もうじき、満9年になります )

仮に月に3万円をたれ流していれば・・、
3万円 × 12ヶ月 × 10年 = 360万円
( もったいない )
「たっぷり」・・ということだから、
もっと多いかもしれません。  (^^ゞ

だからと言って、もう手遅れ・・ということではありません。
過去は過去で・・もうしょうがありませんが、
これからの人生で・・さらにたれ流すことはありません。

けっこう・・いるんですよ。
定年退職後に、延々と不要な保険料を払っている人たち。
申しわけないけど、おバカさん・・です。 ( 失礼! )

そのお金、自分たちのために使わないと・・。



日本人にとって、
最大の家計圧迫要因は・・『生命保険』です。


珍しい人種・・です。
妄想や不安を膨らませて、お金を投入します。
周囲と同じなら安心・・と、お金を投入します。
おバカさん・・です。 ( 失礼! )



●保険料は捨て金。   

他に方法があるなら、保険は利用しない方がお得。

『相互扶助』 大勢の人が少しずつお金を出し合って、
その中のだれかに何かがあった場合に備えます。
⇒ 『みんなが損をする』ことで成り立ちます。
身内だけの『相互扶助』なら・・まだ、その損も限定的です。
それでも損は損なので、参加しなくて済むのなら、
参加しない方がお得・・です。

『民間の保険は、相互扶助に経費・利益が上乗せ』
営業社員の手数料・代理店の手数料・
宣伝広告費その他経費・保険会社利益等々   
⇒『割り増しの損』を消費者が背負い込みます。
加入は任意:割り増しの損はしない方がいい・・に、
決まっています。  ⇒できるだけ参加しない方がお得。

『保険加入は、一定期間の保障を買う行為』  
保障期間が経過すれば、お金は無くなります。
消費者    
「あの・・保険をやめたい・・んですが。」
保険屋さん  
「えっ?なんで? 今まで払った分がもったいないよ。」
・・今まで払った分のお金はもうすでに無い。 
これから払うお金の方が、もっともったいないです。

『保険には、できるだけ加入しない。』 
・・生活設計を楽にする大前提・・です。

『保険でしか対応できない』 
・・そんな場合だけ、しぶしぶ加入しましょう。
たとえば・・火災保険、自動車保険、
大黒柱の生命保険(死亡保障)等々。
これらは、たとえお金を捨てることになったとしても、
人生に必要なコストです。
( 必ず必要とは限らない・・が )








《 消費者の方へ 》 
質問・感想など気軽にどうぞ。できるだけ早めにお返事します。
ただし、回答は一般論にならざるを得ないことをご了承下さい。
( 会員の個別診断が可能なのは、徹底的な情報提供による )

《 業界の方へ 》 コメントを頂く場合は所属・姓名を名乗り、
私同様・・個人が特定できる状況で、正々堂々とお願いします。
読者の参考にもなるので、敬意を表してきちんとお返事します。
匿名は即 削除します。 ( 無駄な手間隙はご遠慮下さい )
Posted by 武田 つとむ
Category : ■生命保険
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
マイホーム用地を買う時の税金・・損得のお話。
JUGEMテーマ:家庭


先に土地だけ買っておくと・・税金は?



マイホーム用地の固定資産税.JPG


メール顧問会員のKさん(30代)
   (相談:ライフプランニング)

   Kさんのライフプランニング(生活設計) 進行状況

   1 ヒアリング
       家族状況・家計収支・資産・職歴ほか
   2 家計の現状診断 
       診断資料(小冊子) 問題点把握

   3 生活設計 シミュレーション
       設計資料(キャッシュフロー表ほか)

   4 実行支援
       商品選択や処理(金融商品・保険・ローンほか)
       住宅・不動産・相続等の段取り・手続き
   5 事後チェック
       計画の実行・・進行状況、必要に応じた修正


昨日の記事の続き(後半)・・です。
「生命保険をしっかり検証してからマイホーム取得」 8/11
まだ読んでいない方は、そちらを先にどうぞ。



シミュレーション結果の資料を読んだ
Kさんからのメール(後半)・・です。



住宅取得のアドバイスもどうもありがとうございます。
顧問会員の方のように武田様に直接お会いして
サポートしてもらえると安心なのですが、
そうはいかないので、
いろいろとメールで質問させてください。

まず土地探しについて、                   
今はチラシなどでチェックしているぐらいですが、
いい土地があったら確保しておきたい!
と考えてしまいそうです。
先に土地だけ買ってしばらく更地にしておくのと
土地を買ってすぐに住宅を建てるのとでは、
税負担にどれくらいの違いがでてくるのでしょうか?
            ・・B:土地取得・保有と税金

次に住宅建築について、               
住宅会社で設計から施工までしてもらうのと
設計は設計事務所(建築士)で、施工は住宅会社で、
と分けた場合、
それぞれどんなメリット、デメリットがあるのでしょうか?
            ・・C:マイホーム建築と設計事務所

よろしくお願いします。




B:土地取得・保有と税金


土地を買う時は、大きく2種類の税金を意識しましょう。
〇購入時 : 不動産取得税 ( 購入時の1度きり )
〇保有中 ; 固定資産税・都市計画税 ( 毎年 )

Kさんが質問している税金は、後者・・のことです。


固定資産税は、毎年・・1月1日に所有している人に
課税されます。
 ( 市町村に納めます )

いくら納めるか? ・・は、以下の算式によります。
「固定資産税評価額」 × 「税率」 = 「税額」

〇「固定資産税評価額」
具体的に購入を検討する土地が出てきたら、
実際に課税されている固定資産税の額を
確認しておきましょう。
確認できない場合は、大ざっぱに算出します。
乱暴な方法を紹介します。
「売買価格」 × 60% = 「固定資産税評価額」
たとえば・・2,000万円の土地なら、
2,000万円 × 60% = 1,200万円

〇「税率」
市町村によって異なる場合もありますが、
1.4%が一般的なようです。
そうすると・・上記の例の土地に固定資産税の額は、
1,200万円 × 1.4% = 16.8万円

2,000万円の土地を買って保有していると、
毎年16.8万円を固定資産税として納まることになります。

土地だけでこんなに払うんじゃ、
さらに家を建てて・・建物にも課税されたら、
総額でいくらになるんだろ〜?
たいへんな負担になって・・ちょっと苦しいですよね。

・・と、みんなが思ってしまうと、
なかなか・・土地を買って家を建てる人がいなくなります。
・・ので、
政策的に軽減措置が講じられています。


●住宅用地の軽減措置

マイホームの敷地になっている土地は、
固定資産税評価額を小さくみてもらえます。

〇小規模住宅用地
住宅用地のうち・・200平米(60坪)以下の部分を、
「小規模住宅用地」と言います。
この部分は、固定資産税評価額が通常の
6分の1に軽減されます。 ( = 税額が6分の1に )

〇一般住宅用地
60坪を越える部分についても軽減があります。
固定資産税評価額が通常の3分の1に軽減されます。
( = 税額が3分の1に )

・・なので、
上の2,000万円の土地の面積が60坪以下で、
1月1日時点でマイホームが建っていれば・・、

2,000万円 × 60% × 1/6 = 200万円
200万円 × 1.4% = 2.8万円

・・ずいぶん、少なくなりました。 ( よかった、よかった )
家を建てないままの土地(更地)と、
かなりちがいますよね。


「良い土地が出てきた ♪ 」 ・・と買って、
家を建てないまま所有していると、
その年数分・・余分な負担をすることになります。

・・ですが、ある程度の負担を承知で・・
「2度と出ないかも。魅力的な土地は買っておく!」
というのも選択肢・・ですが。


さあ! それでは、Kさんの場合はどうか? ・・です。

Kさんのマイホーム計画の土地は・・以下です。
価格 : 3,600万円
面積 : 120坪


このような土地を買って、更地のまま置くと・・?

固定資産税の資料はありません。
乱暴に試算してみましょう。

固定資産税評価額は・・
3,600万円 × 60% = 2,160万円 ・・です。

固定資産税の額は・・
2,160万円 × 1.4% = 30.24万円 ・・です。
                   ( 高額!・・です )


この土地にマイホームが建っていると・・?

税額が6分の1になりますから・・
30.24万円 × 1/6 = 5.04万円 ・・です。


更地とマイホーム用地との差額は・・?

30.24万円 − 5.04万円 = 25.2万円

これが・・1年当たりの差額になります。
あとは、更地で保有する年数を掛け算・・です。


これで・・OKですね。

購入予定地の面積と価格から、
自分で税額の見当を付けることができます。

マイホームが建っている場合と更地の場合の
ちがいも、自分で乱暴な?算数ができますよね?


   ※都市計画税
    スペースの関係で詳しく触れませんが、
    固定資産税と同様の算数をします。
    「固定資産税評価額」 × 「税率」 = 「税額」
    税率は、0.2%〜0.3%(自治体による)・・で、
    あまり大きな負担ではありません。
    なお・・都市計画税にも、
    住宅用地の軽減措置があります。
    〇小規模住宅用地 : 3分の2に軽減
    〇一般住宅用地 : 3分の1に軽減



スミマセン、テーマB・・だけで終わってしまいました。
テーマCは、別の機会に・・。








《 消費者の方へ 》 
質問・感想など気軽にどうぞ。できるだけ早めにお返事します。
具体的な質問の際は、できるだけ詳しい情報を提供して下さい。
ただし、回答は一般論にならざるを得ないことをご了承下さい。
( 会員の場合は、徹底的な情報提供で個別の診断が可能 )

《 業界の方へ 》 コメントを頂く場合は所属・姓名を名乗り、
私同様・・個人が特定できる状況で、正々堂々とお願いします。
読者の参考にもなるので、敬意を表してきちんとお返事します。
匿名は即 削除します。 ( 無駄な手間隙はご遠慮下さい )
Posted by 武田 つとむ
Category : ■マイホーム
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
生命保険をしっかり検証してからマイホーム取得
JUGEMテーマ:家庭


住宅取得すると生命保険が必要に?
「不要だった人が必要に」 ・・初めてのケースです。



生命保険(死亡保障).JPG


メール顧問会員のKさん(30代)
   (相談:ライフプランニング)

   Kさんのライフプランニング(生活設計) 進行状況

   1 ヒアリング
       家族状況・家計収支・資産・職歴ほか
   2 家計の現状診断 
       診断資料(小冊子) 問題点把握

   3 生活設計 シミュレーション
       設計資料(キャッシュフロー表ほか)

   4 実行支援
       商品選択や処理(金融商品・保険・ローンほか)
       住宅・不動産・相続等の段取り・手続き
   5 事後チェック
       計画の実行・・進行状況、必要に応じた修正



依頼を受けていた・・
「マイホーム取得をした場合のシミュレーション」
が完成、先日メール添付で送りました。

〇シミュレーション作成の際のリクエスト
・来年、第2子が誕生する。
・再来年、土地を購入してマイホームを建築する。

〇マイホーム予算・資金
・土地:120坪で3,600万円
・建築工事費:60坪で3,600万円
・自己資金:7,000万円  ・・というリクエストでした。
このケースでは、当事務所の試算から、
諸費用は約280万円になるので、資金繰りは・・
・自己資金:6,980万円
・住宅ローン:500万円
・合計 : 7,480万円   ・・ということになります。

〇シミュレーションで作成した資料
・マイホーム資金計画書 ・キャッシュフロー表
・キャッシュフローグラフ ・公的年金:受給のかたち
・公的年金計算書(夫) ・公的年金計算書(妻)
・遺族年金計算書 ・死亡保障必要額の計算書(夫)
・死亡保障必要額の計算書(妻)


キャッシュフローグラフは以下のようになりました。
上が「現状診断」時点、下が「住宅取得」を乗せたグラフ。





資料を読んだ後、メールをいただきました。



武田様

こんにちは。〇〇県のKです。
シミュレーションどうもありがとうございました。

2人目ができても今のマイホームの予算で
何とかなりそうなのが分かって安心しました。

マイホーム取得後は死亡保障が必要になるのですね。
今の団体保険は早いところ解約しておいて、
マイホームを取得したら、
必要額だけ三角形の生命保険に入ろうと思います。
            ・・A:マイホーム取得と生命保険

住宅取得のアドバイスもどうもありがとうございます。
顧問会員の方のように武田様に直接お会いして
サポートしてもらえると安心なのですが、
そうはいかないので、
いろいろとメールで質問させてください。

まず土地探しについて、                   
今はチラシなどでチェックしているぐらいですが、
いい土地があったら確保しておきたい!
と考えてしまいそうです。
先に土地だけ買ってしばらく更地にしておくのと
土地を買ってすぐに住宅を建てるのとでは、
税負担にどれくらいの違いがでてくるのでしょうか?
            ・・B:土地取得・保有と税金

次に住宅建築について、               
住宅会社で設計から施工までしてもらうのと
設計は設計事務所(建築士)で、施工は住宅会社で、
と分けた場合、
それぞれどんなメリット、デメリットがあるのでしょうか?
            ・・C:マイホーム建築と設計事務所

よろしくお願いします。




それでは・・3つのテーマについてコメントします。

・・と行きたいところですが、
ボリュームが大きくなりすぎるので、
今日は・・ひとつについてだけコメントします。
( 残りは、明日・・書きます )


A:マイホーム取得と生命保険


生命保険の必要額の検証は、
単純に・・以下のような算数を行ないます。
( 夫、妻、それぞれについて計算します )

必要資金 − 手当て可能資金 = 必要額

「現状診断」時点での、Kさん夫婦の
「死亡保障必要額」の計算結果は・・?
( マイホーム取得の想定はありません )

         現在        10年後
夫     −6,688万円    −9,315万円
妻   −1億1,420万円 −1億2,269万円

・・でした。
「手当て可能資金」の方が圧倒的に多い!・・ということです。 
夫婦とも死亡保障は不要!・・だということです。
そのK家の生命保険加入状況は・・?

夫 : 死亡保障:3,040万円 入院保障:2,000円/日
妻 : 加入なし
子 : 加入なし
保険料 : 7,680円/月 92,160円/年
払込み保険料総額 : 350万円
内・・保障コスト(たれ流すお金) : 259万円

日本人には珍しく・・たれ流しが少なめの家計です。
(大部分の日本人は、もっともっと・・たれ流しています)

それでも・・検証の結果からは、
K家には生命保険は一切・・不要!・・です。
不要なのに、お金をたれ流していた・・ということです。
生命保険料分を貯蓄に廻していい・・ということです。

       ※「30代で子どもがいるなら、
         3〜5千万円は確保しておきましょう。」 ・・?

        こんなドンブリ勘定の・・保険屋さんの
        アホバカ・トークを真に受けてはいけません。


さあ!・・それでは、マイホーム取得をすると、
生命保険の必要額はどうなるでしょうか?


普通は・・住宅ローンを借りる際に
団体信用生命保険に加入するので、
「必要額」は減る・・のが一般的です。

元々生命保険が不要なKさんの場合は・・?
検証結果は以下です。 
マイホーム取得直後の時点・・です。

夫 :   3,028万円
妻 : −4,721万円

必要額が発生・・しました。 ( 珍しい・・ )
初めてのケースです。
妻も億単位で不要だったのが、千万円単位に・・。


なぜ・・このようなことになるか?
「貯蓄」の大きさが原因のようです。

「手当て可能資金」の項目に、「預貯金」があります。
K家には、30代にしては大きすぎる「預貯金」があります。

住宅取得をしなければ、このお金がまるまるありますから、
もし・・夫に万が一のことがあっても、
遺族の不安はありません。

住宅取得をする場合は、このお金の大部分を
その資金に充当するため・・ほとんど無くなります。
「手当て可能資金」が大きく減ります。

だから・・だったんですね。


・・で、実際・・マイホーム取得の際、
Kさん(夫)は生命保険をどうすればいいか?


住宅ローンは、500万円・・です。
必要保障額は、3,000万円・・です。

ローンの500万円分は団信に加入しますから、
生命保険で2,500万円分を確保すればいい、
・・ということになります。

マイホーム取得後・・の時点ではなく、
マイホーム取得前に(自己資金を払ってしまう前に)、
三角形の生命保険で2,500万円分を確保しましょう。

三角形の生命保険であれば・・、
保険料はリーズナブルに・・2千円程度で済みます。
年間・・24,000円。
払込み保険料総額は・・10年程度でOKなので、
24万円も払えば(捨てれば)OK・・です。
( 現在の1/10以下で済みます )


本来・・保険とは、そういうものです。
少ない資金で大きな保障を確保する・・。


生命保険は、保険屋さんやマスコミが言うような
「住宅に次ぐ出費」・・なんかでは決してありません。



               明日に続く・・。
               B:土地取得・保有と税金
               C:マイホーム建築と設計事務所







《 消費者の方へ 》 
質問・感想など気軽にどうぞ。できるだけ早めにお返事します。
( 具体的な質問の際は、できるだけ詳しい情報提供を )

《 業界の方へ 》 コメントを頂く場合は所属・姓名を名乗り、
私同様・・個人が特定できる状況で、正々堂々とお願いします。
読者の参考にもなるので、敬意を表してきちんとお返事します。
匿名は即 削除します。 ( 無駄な手間隙はご遠慮下さい )
Posted by 武田 つとむ
Category : ■生命保険
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
生命保険は適正?住宅ローン金利が上昇するけど
JUGEMテーマ:家庭


入院暦もあり・・どうしたらいいのか?



住宅ローン金利4%.JPG


メール顧問会員希望のKさん(40代)
   (相談:ライフプランニング)


日曜日にメールをいただいていた・・ようです。
新規にメール顧問会員になりたい・・と。


 当事務所で新規に顧問会員になる方は、
 平均すると・・だいたい週に一人・・というペースです。
 月に4〜5人です。
 一人当たりの資料作成密度から考えると・・、
 対応できる人数もこのくらいが適正レベルです。

 顧問料:36,000円 × 5人 = 180,000円/月

 粗末な事務所でも、月の経費は・・数十万円です。
 事務所家賃、駐車場料金、佐々木FPの給与、
 事務機器リース料、通信費、その他諸々・・。

 私の報酬が出るわけがありません。 (^^ゞ
 逆に不足分を私のポケットマネーから補充・・。

 なぜ・・こんなお人好しなことを継続しているか?
 『私のライフワーク』・・と、決めてかかっているからです。
 保険会社、金融機関、住宅会社、不動産会社、・・等々の
 プロを相手に、素人の消費者が「人生に係わる大損」を
 こうむっている事態を放っておけない・・からです。

 ・顧問会員は、具体的に計画・実行支援。
 ・一般消費者は、ブログ記事で「目覚め」のきっかけを。

 相談に乗るFP事務所が・・商品を販売していたり、
 相談料金が高かったり、・・していては、
 「だれでも安心して相談できる」相手にはなり得ません。

 だから・・商品販売はもちろん行なわず、
 料金は・・だれでも相談できるレベルに設定しています。
 ( 追加負担のない36,000円/年です )



・・で、Kさんからのメール文です。


はじめまして。
〇〇県に住むKと申します。

メール顧問会員の契約を結びたくてメールしました。

相談内容の概要は、 
1 現在支払っている生命保険料は適正なのか? 
2 借り入れ中の住宅ローンの金利が、
  2年後に上がる(2.8%→4%)のですが、  
  負担を減らすためにどう対応すべきか?などです。

2 については、借り替えを検討していますが、
1年半ほど前に〇〇〇〇での入院歴があり、
団信保険の審査にとおりにくいかもしれないので、
生命保険を解約して現在のローンを繰り上げ返済すべきか、
などと日々悩んでいます。

よろしくお願い申し上げます。



よく見かける相談テーマ・・です。


まず・・最初に。
顧問会員になる際に、「契約」は交わしていません。
雑誌の年間購読料・・程度の料金ですから・・。
顧問料:36万円・・だったら交わしますが。 (^^ゞ

生命保険の加入状況が適正か?
住宅ローンをどうするか?

生命保険の加入状況、住宅ローンの詳しい内容、
等々が分かれば・・ポンポンとアドバイスする、
・・そんな光景を雑誌や新聞で見ることがありますが、
それは一般論でしかありません。
( だれでも同じ答えが最良・・には、なりません )

これらは、
Kさんのすべてを把握した後の回答になります。
Kさん固有の答えが出てきます。

   ※Kさんのすべて
    家族構成、資産、収入・支出、職歴、収入暦、
    子どもへの希望、将来や老後の希望、
    固有の特殊事情、・・等々の情報を基に作成される
    一生のキャッシュフロー表で全てを把握します。


〇生命保険を1円でも払っていれば、お金のたれ流しを疑え!

なぜ・・こんなことを言うかというと、検証の結果
「生命保険がまったく不要な家族」が、少なくないからです。

・医療保険や医療特約は、家族全員不要。
・死亡保障は、必要な人が必要額分だけ三角形の保険で。
・貯蓄性保険は、払うお金ともらうお金を比べっこ。

・・の作業をした結果、家族全員不要! ・・ありえます。


〇住宅ローン金利4%はもちろん、今どきあり得ない。

金利上昇の前に対策を打つ・・ことになります。

おっしゃるように・・不要な生命保険の解約返戻金は
たいへんな効果をもたらします。
住宅取得前に・・この作業を真剣に検討していれば、
『ひと粒で2度おいしいおバカさん』 ( 失礼! )
・・に、ならずに済みましたが・・。


   ※よくある・・『ひと粒で2度おいしいおバカさん』

    毎年・・たっぷりと生命保険料を払いながら、
    住宅ローンを多額に組んで住宅取得した人。

    ひと粒目:生命保険で、お金(保険料)たれ流し。
    ふた粒目:多めの住宅ローンで、お金(利息)たれ流し。

    生命保険を清算!( 見直しではない )すれば、
    大きな解約返戻金をマイホームの
    自己資金に充当できます。
    払うローン利息が減ります。
    毎月の保険料支払い負担が激減、生活に潤い。


これから・・K家の家計をしっかり見ます。
その上で、しっかりアドバイスしていきます。
( 入院暦も考慮・・して )



メール顧問会員になるための案内を送りました。

いつも・・以下のような案内分を送っています。



こんにちは。 メール、ありがとうございました。
主な相談内容、了解しました。

  雑誌やネットで目にする一般論での相談対応ではなく、
  自分だけの具体的でオリジナルな資料作成や
  相談に対応することができるので、期待してください。

  本当のライフプランニングは、大変な作業になります。
  ( 当事務所が )
  ネホリハホリの聞き取り調査(ヒアリング)を
  覚悟してください。 (^^ゞ
  まず、現状でご自身の一生がどうなっていくか?
  を具体的に見てみましょう。
  ( これが「現状診断」、当事務所も
    顧問会員を具体的に把握できます )

申込み・入金に当たっては、改めて
「顧問会員って何?」で内容の確認をお願いします。
顧問会員が受けられるサービス、
顧問会員と当事務所との関係、・・等々。


よろしければ・・これからの流れは、以下のようになります。

1 年間顧問料:36,000円 入金 

  その日から翌年の前日までの、年間顧問会員になります。
  入金確認次第、「ヒアリング・シート」をメール添付で送ります。
  雑誌購読料程度の極安料金に設定しているので、
  契約の取交わしはしておりません。
  事務所運営に適正な料金(36万円等)であれば、
  契約を交わしますが。 (^^ゞ

2 ヒアリング

  ヒアリングを行ないます。
  ( 記入項目に真剣に向き合って下さい )
  再ヒアリング、再々ヒアリングを行ないます。
  ・・で資料を作成して、家計の現状診断を行ないます。

  くれぐれも、現状診断終了前の相談や質問は
  行なわないようお願いします。
  顧問会員を把握できていない内は、
  一般論でしかお答えのしようがありません。

3 家計の現状診断

  我が家だけのオリジナル小冊子(16ページ前後)
  が完成します。
  キャッシュフロー表で、
  ご自身の一生を見ることができます。
  生命保険等でムダにたれ流す金額が
  正確に把握できます。
  お金の置き場所(空間的・時間的)の
  問題点が把握できます。
当事務所も顧問会員の内容を
  しっかり把握できた状態になります。
  あらゆる質問・相談に対応できる状態・・ということです。

4 生活設計 ( ライフプランニング )

  いっしょに改善案を検討した上で、
  現状診断資料を元に各種対策を施した新たな
  シミュレーション資料を作成し、将来の見通しを立てます。
  生涯シミュレーションは、基本的に「現状診断」時点と
  「生活設計」時点の2度作成することになります。
  以後、各分野で・・その具体的な実行支援作業を
  行なっていきます。
  ( 生命保険 住宅ローン 教育費 
    マイホーム 老後 相続 不動産 )

●振込口座は、以下です。

  ・・ 中 略 ・・


それでは、よろしくお願いします。








《 消費者の方へ 》 
質問・感想など気軽にどうぞ。できるだけ早めにお返事します。
( 具体的な質問の際は、できるだけ詳しい情報提供を )

《 業界の方へ 》 コメントを頂く場合は所属・姓名を名乗り、
私同様・・個人が特定できる状況で、正々堂々とお願いします。
読者の参考にもなるので、敬意を表してきちんとお返事します。
匿名は即 削除します。 ( 無駄な手間隙はご遠慮下さい )
Posted by 武田 つとむ
Category : ■ライフプラン
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
生命保険の最適な形を、理解してもらいました。
JUGEMテーマ:家庭


家族全員、県民共済でした・・が。



生命保険、10年後は不要.JPG


顧問会員のTさん(30代)
   (相談:生活設計・マイホーム建築)


   Tさんのライフプランニング(生活設計) 進行状況

   1 ヒアリング
       家族状況・家計収支・資産・職歴ほか
   2 家計の現状診断 
       診断資料(小冊子) 問題点把握

   3 生活設計 シミュレーション
       設計資料(キャッシュフロー表ほか)
   4 実行支援
       商品選択や処理(金融商品・保険・ローンほか)
       住宅・不動産・相続等の段取り・手続き

   5 事後チェック
       計画の実行・・進行状況、必要に応じた修正



T家の生命保険加入状況は、すごくシンプルでした。
節約志向が強く・・すべて県民共済!


夫 : 県民共済 総合4型
    死亡保障:780万円 医療保障:入院8,000円/日
妻 : 県民共済 総合2型
    死亡保障:340万円 医療保障:入院4,000円/日
子1: 県民共済 こども1型
    死亡保障:200万円 医療保障:入院5,000円/日
子2: 県民共済 こども1型
    死亡保障:200万円 医療保障:入院5,000円/日
実質掛け金合計 : 67,200円/年 ( 割戻し30%を考慮 )

支出が少なく、いい感じ♪ ・・ですか?

いいえ、お金をたれ流しています。 ( もったいない )

バーゲンセールで安いから・・と、
着ることの無い洋服を大量に買っている、
・・私には・・そんな風景が見えます。

〇医療保障の加入は損。 ( 家族全員不要 )
  スーパー医療保険(健康保険)にすでに加入している。
  保険料を払ったつもりで、貯蓄を増やしましょう。
〇こどもに死亡保障は不要。
  当人が死んでも遺族は経済的に困らない。
  保険料を払ったつもりで、貯蓄を増やしましょう。

それでは・・夫婦のどちらかが死んだ場合はどうでしょう?
現状診断で、ご夫婦の死亡保障必要額を検証しました。
その結果・・、     現在     10年後
   〇夫     1,600万円    −10万円
   〇妻   −4,564万円  −5,468万円

夫は1,600万円が必要で、10年後には不要になります。
妻は現在も将来も、まったく不要です。


結局、現状診断時点のアドバイスは・・、

夫の死亡保障のみを確保する。
あとの生命保険・医療保険は、いっさい不要。

・・で、夫の死亡保障は、
現在1,600万円、10年後ゼロ、
・・に一番近いカタチの生命保険で確保すれば、
たれ流すお金も少なくて済みます。

将来に向けて保障額が減る・・
三角形の生命保険が合理的です。

逓減定期(ていげんていき)保険や、収入保証保険です。


・・で、アドバイスどおりに行動を起こした
Tさんご夫婦、昨日・・午後3:30に来所しました。



夫以外の県民共済はすべて、解約していました。
( 夫の分は、新たな保障を確保してから解約 )

生命保険の見積りを3社分取ったので見て欲しい
・・ということでした。
オススメしていた三角形の保険です。
( 逓減定期保険 or 収入保証保険 )

見た結果、まだ・・確認してもらうことがあり、
宿題をお持ち帰りしてもらいました。

・逓減定期保険 ( ソニー )
 2型は余分な保障になるので、1型で
 あらためて見積りを取ってみる。

・収入保証保険 ( オリックス )
 受給時に税負担があり手取りが減るので、
 「手取り」で必要額を満たす見積りを取る。



保険料は、2千円程度で済むと思います。
年間保険料・・24,000円です。


県民共済のみで節約していた♪
・・その金額より大幅に少ない金額です。
( あとは貯蓄に! )








《 消費者の方へ 》 
質問・感想など気軽にどうぞ。できるだけ早めにお返事します。
( 具体的な質問の際は、できるだけ詳しい情報提供を )

《 業界の方へ 》 コメントを頂く場合は所属・姓名を名乗り、
私同様・・個人が特定できる状況で、正々堂々とお願いします。
読者の参考にもなるので、敬意を表してきちんとお返事します。
匿名は即 削除します。 ( 無駄な手間隙はご遠慮下さい )
Posted by 武田 つとむ
Category : ■生命保険
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
安心してマイホーム取得に乗り出せそうです♪
JUGEMテーマ:家庭


予想以上に余裕があって、夫も私も驚き!







メール顧問会員のHさん(20代)
   (相談:ライフプランニング)


   Hさんのライフプランニング(生活設計) 進行状況
   1 ヒアリング
       家族状況・家計収支・資産・職歴ほか
   2 家計の現状診断 
       診断資料(小冊子) 問題点把握

   3 生活設計 シミュレーション
       設計資料(キャッシュフロー表ほか)

   4 実行支援
       商品選択や処理(金融商品・保険・ローンほか)
       住宅・不動産・相続等の段取り・手続き
   5 事後チェック
       計画の実行・・進行状況、必要に応じた修正



昨日、シミュレーション資料が完成したので送りました。

マイホームを取得した場合・・どのような生涯になるか?
・・という資料です。

〇マイホーム取得 資金計画書
〇収入・支出グラフ
〇キャッシュフロー・グラフ ( 貯蓄残高の推移 )
〇キャッシュフロー表
〇死亡保障 必要額の計算 ( 夫 )
〇死亡保障 必要額の計算 ( 妻 )
 ※検証の結果、夫婦ともに死亡保障は不要です。
  ( 生命保険は、いっさい要らない!・・ということ )



今日・・メールをいただきました。  ※は、私の声。



こんにちは。
シミュレーション結果、有難うございます!
お忙しい中資料作成して頂いた佐々木様へも感謝です。
   ※佐々木FP、がんばりました。

固定資産税の図も有難うございました。
   ※私も、がんばりました。

不動産取得税がかからないのはちょっと得した気分ですが、
   ※「高額で小さな土地」は、取得税がかかりません。
     逆は・・かかるんですよ、注意、注意。


諸費用は予想以上でした...。
610万円、オーバー分は私の貯蓄から補います。
うう、確認して頂いて良かったです。
   ※住宅ローン次第で少なくなる場合もあります。

とはいえ、予想以上に
シミュレーション結果に余裕があって夫も私も驚きました。
   ※支出項目を大幅減額した結果・・です。

自分でキャッシュフローの数値をいろいろといじって
みましたが二人目のこどもができても問題なさそうですね。
夫の趣味の旅行費も様子をみながら
もう少し上げてあげたいと思います。
   ※あまり締め上げずに、遊ばせてあげてください。 (^^ゞ

武田さんに相談を始めてから、夫は
「自分には無理な物件なのかな」と弱気になってました。
今までは半ば勢いのみで「大丈夫」だと
思い込んでいただけらしく、   ※よくある危ないパターンです。
私が細かい数字を毎晩計算しているので...
自分の根拠のない自信が
根拠のある数字に覆されるのでは、
と不安になったようです。   ※覆らなくて、よかった。 (^^ゞ

ここ数週間で夫と私で今までにないぐらい
真剣に家計のことを話し合うことができてよかったです。

(今までは話し合いにも応じてくれませんでしたから...
 「俺の金は俺のもの」っていう態度でしたし。)
   ※キッカケ作りができてよかった。 FP冥利・・。

結果的には無駄遣いを減らせば問題ないとのことで、
きちんと根拠のある生活設計ができて
安心して住宅取得に乗り出せそうです。

毎月の支出の限度もこれでしっかり把握できて
家計に自信が持てました。
   ※顧問会員になる前までは、「破綻覚悟!」
    で突っ走ろう・・としていました。
    おバカさんです。 ( 失礼! )


私自身当初は大反対していた物件ですが...
まさか購入可能とは...。 ※検証してみなければ分かりません。
でもまだ土地のオーナーさんと話し合いの決着は
ついてません^^;(価格面で交渉中)
お盆明けにでも良い方向に向かってくれるとよいのですが...。
(ハウスメーカーも建築士の方も今は待ちぼうけの状態...)
   ※楽しみ・・ですね。

で、最初に武田さんにメール顧問会員として
お願いしようとした理由の一つに
「私が仕事を辞めたらどうなるのか知りたい」
というものがありました。
   ※はいはい・・時々これ、あります。

自分でキャッシュフローの収入をゼロにしてみました...
はい、何がなんでも定年まで働く決心がつきました!
やはり自分の収入があるのと無いのとでは大違いですね。
   ※妻の収入の有無は、家計に大きなインパクト。

それに夫に万が一のことがあったときを考えると、
やはり保険より自分の収入の確保です。
   ※当然・・です。

小さな子供を保育園に預けてまで...と
正直考えていたこともあったのですが、
せっかく働き続けるからには
「仕事をしているお母さんは格好イイ」
と子供から思われるようキャリアアップ目指して頑張ります。
   ※がんばれ、がんばれ。

また余談ですが...
最近とある政党の「こども手当」が話題になってますが、
それと同時にに扶養控除と配偶者控除がなくなるとなると...
こどもが高校生になると結構家計に響きますよね...。
数年前から配偶者控除を無くそうという流れがあることを
聞いてはいたのですが...やはり仕事続けないと損...ですね。
   ※そういう意味でも・・損ですね。

長くなりましたが、生活設計のシミュレーション、
有難うございました。
土地取得の問題で質問等でてくるかもしれませんが、
またどうぞ宜しくお願いいたします。
   ※「生活設計」が終わって、これからは「実行支援」です。

顧問会員費用、すごく安いです...。
   ※もっともっと、大きな声で言ってください。 (^^ゞ
    自信を持って言えます。
    「年間顧問料:36,000円以上の業務をしています。」


いろいろお願いしていてホント恐縮です。
   ※どういたしまして。



H家のキャッシュフローグラフ(貯蓄残高推移グラフ)は、
下の2つの絵のようになりました。


●上が・・マイホーム計画が無い状況の「現状診断」
定年退職の時期まで貯蓄が増えていって、
老後は徐々に減っていきます。 ( 一般的 )

●下が・・家計改善してマイホーム計画を乗せた「生活設計」
遊びたい夫を締め上げた上で、マイホーム取得。
老後はむしろ・・貯蓄が増えていっています。

もう少し・・家計をユルめたとしても、
マイホーム取得をして問題がないことが分かります。

きちんと生活設計をして見通しを立てれば、
人生最大の買い物も・・不安に感じることはありません。
( やみくもに突っ走った後の相談・・が多い )

住宅取得シミュレーション.JPG



今日の佐々木FP


●メール顧問会員の Kさん(30代)
   (相談:ライフプランニング)

Kさんからも、マイホーム取得のシミュレーション
の作成を依頼されていました。

佐々木FP・・、明日から夏休みです。
今日・・必死になって作業をしました。

〇住宅取得 資金計画書
〇キャッシュフロー・グラフ
〇キャッシュフロー表
〇公的年金 受給資料(3ページ)
〇遺族年金 受給計算書
〇死亡保障 必要額の計算(夫)
〇死亡保障 必要額の計算(妻)
 ※現状診断時は夫婦ともに死亡保障は不要でしたが、
  住宅取得で夫に必要額が発生しています。
  ( 状況が変わる都度の検証が必要です )

・・完成!

夕方、Kさん宛にメール添付で送信しました。

佐々木FP,ごくろうさま・・でした。
( ゆっくり、夏休みを楽しんできてください )



今日の武田FP


●顧問会員のMさん(30代)
   (相談:生活設計・マイホーム建築)

マイホーム・プラン作成。

主に・・立面図をいじっていました。
家の南面から西面に、デッキを・・。
このデッキにすべて屋根をかけると・・、
延べ床面積は100坪近くになってしまいます。

一応・・西面のみに屋根をかけて、85坪程度に・・。

メール添付で送信しました。


●顧問会員のTさん(30代)
   (相談:生活設計・マイホーム建築)

今日・・午後3:30、ご夫婦で来所。

生命保険の見積りを3社分取ったので見て欲しい
・・ということでした。
オススメしていた三角形の保険です。
( 逓減定期保険 or 収入保証保険 )

まだ・・確認してもらうことがあり、
宿題をお持ち帰りしてもらいました。

・逓減定期保険 ( ソニー )
 2型は余分な保障になるので、1型で
 あらためて見積りを取ってみる。

・収入保証保険 ( オリックス )
 受給時に税負担があり手取りが減るので、
 「手取り」で必要額を満たす見積りを取る。








《 消費者の方へ 》 
質問・感想など気軽にどうぞ。できるだけ早めにお返事します。
( 具体的な質問の際は、できるだけ詳しい情報提供を )

《 業界の方へ 》 コメントを頂く場合は所属・姓名を名乗り、
私同様・・個人が特定できる状況で、正々堂々とお願いします。
読者の参考にもなるので、敬意を表してきちんとお返事します。
匿名は即 削除します。 ( 無駄な手間隙はご遠慮下さい )
Posted by 武田 つとむ
Category : ■マイホーム
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
マイホーム用地を買う時は、税負担を考慮して
JUGEMテーマ:家庭


マイホーム取得では・・税負担が色々発生。



マイホーム用地の税金.JPG


メール顧問会員のHさん(20代)
   (相談:ライフプランニング)


   Hさんのライフプランニング(生活設計) 進行状況
   1 ヒアリング
       家族状況・家計収支・資産・職歴ほか
   2 家計の現状診断 
       診断資料(小冊子) 問題点把握

   3 生活設計 シミュレーション
       設計資料(キャッシュフロー表ほか)

   4 実行支援
       商品選択や処理(金融商品・保険・ローンほか)
       住宅・不動産・相続等の段取り・手続き
   5 事後チェック
       計画の実行・・進行状況、必要に応じた修正



Hさんは、土地を買ってマイホームを建築する予定です。


家計の現状診断時点では、
生涯のキャッシュフローに何の問題もありませんでした。
・・が、
これからマイホーム取得となると・・ちょっと不安、
ということで、少々ぜいたくな感じだった支出項目を
大幅に見直ししました。

その上で、具体的に「マイホーム取得」を
キャッシュフローに乗せてみる
シミュレーションを作成しました。
( 購入予定地の情報ほか、資料をもらっています )

結果・・、何の問題もありません。



マイホーム取得の際には、初期費用が色々かかります。

その中に、『不動産取得税』があります。

文字通り・・不動産を取得した人が納めます。
土地も建物も不動産なので、それぞれにかかります。

『税額』は、「 不動産の価格 × 税率 」 ・・です。
基本的な税率は、4%です。


Hさんが購入予定の土地は、7,500万円です。
なので、7,500万円×4%=300万円!
・・が、不動産取得税! ・・だったら大変ですよね。 (^^ゞ

ここで言う「不動産の価格」は、
「売買価格」ではなく、「固定資産税評価額」です。
( 売買価格より・・ずっと安い )

   ※「固定資産税評価額」

    購入を具体的に検討する場合は、
    その土地の「固定資産税」の資料のコピー
    をもらうことができます。
    その資料で、「固定資産税評価額」や
    「固定資産税の額」も把握できます。

    Hさんは、見せられたけど・・コピーを
    もらっていないので分からない・・らしい。
    しょうがないので・・私が、いただいた
    土地の情報から試算しました。

    約4,600万円・・と、出ました。

    実際は・・自治体の方で色々調整を
    したりするので、ちがう数字かも?・・です。
    「固定資産税評価額」は各種税額計算の
    根拠になるものなので、把握しておきましょう。


マイホーム関係では、税率の軽減があります。
土地も建物も・・平成24年3月31日までの取得は、
3%に軽減されます。
4,600万円×3%=138万円!
・・って、かなり安くなりましたが・・
これでもで大金!ですよね。

・・で、さらに特例措置があります。
同じく・・平成24年3月31日までの取得の場合、
「不動産の価格」は1/2相当の額とされます。
4,600万円×1/2×3%=69万円!         ・・A
( これが、払うべき不動産取得税!・・です )
・・かなり少なくなりましたが、
これでも・・できれば払いたくない・・ですよね。


さらに、極め付きの軽減措置が講じられます。

住宅用土地の税額の軽減
( 次のいずれか多い金額を引き算できます )
ア : 45,000円
イ : 固定資産税評価額 × 1 ×住宅床面積×2×3%
      土地面積       2             

Hさんのケースで、イの計算をしてみると・・、
 4,600万円  ×  1  ×100×2×3% ≒ 135万円
 102.48平米    2
                              ・・B

Hさんの不動産取得税は、A−B ・・です。
 69万円 − 135万円 = △66万円
Hさんの住宅用土地に不動産取得税はかかりません。
( よかった、よかった )

上の軽減措置の式からわかることは・・、
分母が土地面積で分子が土地価格・・なので、
「高額で小さい土地」ほど軽減額が大きくなり、
取得税はかからない・・ということです。

Hさんのケース、まさにそれ!・・です。
( よかった、よかった )




今日の佐々木FP


●メール顧問会員の Hさん(20代)
   (相談:ライフプランニング)

マイホーム取得シミュレーションの作成、
やっと終了! ・・しました。

あらためて・・夫婦それぞれの
死亡保障必要額も算出。
どちらも・・死亡保障は不要です。
これから赤ちゃんが産まれる夫婦ですが、
夫婦ともに生命保険は不要です。

こういうケースが少なくありません。
やみくもに加入すれば、お金をたれ流します・・よ。

先ほど・・資料をメール添付で送りました。


●メール顧問会員の Kさん(30代)
   (相談:ライフプランニング)

8/3に新規顧問会員になったばかり・・です。

電話が入りました。 ( 長距離電話 )
ヒアリングシートの書き方で色々質問・・です。

佐々木FPが、にこやかにお答え。


●メール顧問会員の Kさん(30代)
   (相談:ライフプランニング)

5月ごろに、家計の現状診断を終えています。

依頼をいただいていたシミュレーションの
作成に入っています。
Kさんのリクエストも、マイホーム取得です。

佐々木FPは明日までの勤務後、夏休み ♪ ・・です。
明日・・一日で仕上げる予定です。



今日の武田FP


●顧問会員のMさん(40代)
   (相談:生活設計・マイホーム建築)

M家・・マイホーム取得に向けて、
かなり前から土地を探しています。
( 何度も、何度も、土地を紹介しています )

新しい土地情報をファックスしました。
3,700万円の土地。

明らかに予算オーバーなんですが、
これを買って、半分を売り、半分に建てる・・、
そんな方法もあります。
( 2分割に好適な地形・・です )


●メール顧問会員の Hさん(20代)
   (相談:ライフプランニング)

固定資産税評価額の試算。

ちょっぴり汚い絵と数式を書いて、
シミュレーション資料といっしょに送信しました。








《 消費者の方へ 》 
質問・感想など気軽にどうぞ。できるだけ早めにお返事します。
( 具体的な質問の際は、できるだけ詳しい情報提供を )

《 業界の方へ 》 コメントを頂く場合は所属・姓名を名乗り、
私同様・・個人が特定できる状況で、正々堂々とお願いします。
読者の参考にもなるので、敬意を表してきちんとお返事します。
匿名は即 削除します。 ( 無駄な手間隙はご遠慮下さい )
Posted by 武田 つとむ
Category : ■マイホーム
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
<< | 2/114PAGES | >>
生活設計の考え方
サイドバー用 休息

●老後が不安?
必要以上に不安を煽られるな

基本的に企業や金融機関は、老後の不安を あおります。
(営業ですから・・当然です)
・・が、実際に現状診断をしてみると、本当に老後が心配な状況の人は少数派です。
しっかり将来設計の意識を持って、自分で考え、自分で判断できる力をつけましょう。


●社会保険制度を勉強する
以外に私たちは守られている

病気やケガで膨大な医療費がかかった時、障害者になった時、死亡した時・・等々、日本の制度は充実しています。
健康保険・国民年金・厚生年金保険・介護保険・雇用保険等々。勤務先の制度も勉強しておくと、安心できるかも・・。

●お金の知識、基本をおさえる
金利とコストだけは 理解したい

貯蓄:低金利の時期に長期契約をするのは、その低金利を固定することになるので損。
長期の定期預金・個人年金保険・学資保険・養老保険等々。
借金:金利上昇期に、変動金利や短期固定金利の借金をするのは危険。変動金利や3年固定金利の住宅ローン、土地活用での変動金利のアパートローン等々。
コスト:毎年 高い手数料を払い続ける金融商品では資産は増えません。 変額年金保険・一部の投資信託等々。


●生命保険は徹底的に整理
膨大な損は ここで断ち切る!

「付き合いで加入」や「保険の内容がよく分からない」という人は、ほぼ・・大損をしています。
できるだけ早めに整理整頓!
ただし、保険を売る人に相談しては いけません。
社会保険制度・勤務先の制度・同業者組合の制度・自身の貯蓄・家族の勤労収入・身内の援助等々で対応できないか、徹底的に検討する。


●住宅ローン返済、最優先
繰上返済に優る資産運用なし

くり上げ返済の効果、住宅ローン控除とはケタちがいです。
(銀行にだまされないように)
くり上げ返済の効果、投資信託の運用とはケタちがいです。投資信託のようなリスクもありません。
余裕資金ができたら金融商品を考える前に、繰上げ返済!住宅ローン返済中の人の最善策です。



saidoba-

のんびりと 反り返って座れる
快適な即席ソファー・・です。
材料:スキー・ストック・ウエア



Categories
Archive
Search
FP事務所の ご案内
サイドバー 秋田駒

商品販売をしないファイナンシャル・プランナー事務所です。

保険を売らない保険物語
金融商品を売らない貯蓄物語
建築請負いをしない
         マイホーム物語


消費者が安心して相談できる、
FP事務所を志向しています。
事務所設立は平成13年、
2001年 10月10日です。


                       ファイナンシャル・プランナー
            事務所
(有)エフピー・ステーション  


TEL 019-629-3115 
FAX 019-629-3116 
〒020-0033
岩手県 盛岡市 盛岡駅前北通
7-22 イノカツビル103

業務時間:10:00〜18:00
休日  :日曜・祭日
相談の上、業務する場合も・・

事務所前に駐車できますよ♪




事務所スタッフです。

●ファイナンシャル・プランナー
   武 田  務

  
・日本FP協会 CFP(R)認定者  ・1級FP技能士
・NPO 日本FP普及協議会
    認定プラクティショナー
・宅地建物取引主任者
・不動産コンサルタント
・大手住宅会社で、22年間
 住宅・不動産の営業部門に
・1950年生れ 盛岡市出身


●建築士
   佐藤 拓郎 


・一級建築士
・岩手県木造住宅耐震診断士
・岩手県被災建築物
    応急危険度判定士
・マンションリフォームマネジャ
・大手住宅会社で建築部門に
・1957年生れ 釜石市出身


●ファイナンシャル・プランナー
   佐々木 真寿美

 
・3級FP技能士
・アシスタントFP
 キャッシュフロー表等の作成
・会社員の夫と長女(幼稚園)
 の、3人家族の主婦FP
・1972年生れ 郡山市出身
 

サイドバー ウエストバッグ

こんなウエストバッグを腰(お尻側)に付けて、軽快に飛び回っています。



■相談・支援の料金です。
 
無料相談は、行ないません。

真に相談者側で対応しますので、アドバイス自体が有益です。
商品販売を目的とした「無料相談」とは、質・内容が異なります。



【顧問会員】
  ●年間顧問料、36,000円


  [ 顧問料に含まれる業務 ]

  家計・資産の
     1 現状診断
     2 計画作成
     3 実行支援
     4 事後チェック

  ▼「相談」

   1年間 何回でも
   (面談・電話・メール等)
 
  ▼「資料作成」

   ・金融資産表
   ・不動産表
   ・生命保険表
   ・死亡保障必要額計算表
   ・キャッシュフロー表
   ・キャッシュフロー・グラフ
   ・マイホーム平面・立面図
   ・住宅ローン返済予定表
   ・住宅ローン繰上返済表
   ・土地運用計画プラン
   ・不動産運用計画表
       等、必要に応じて。

  ▼「実行支援」

    ●金融資産運用支援
    貯蓄・保険・ローン等
    の見直し、運用設計
    金融機関との接し方

    ●マイホーム取得支援
    土地検討・売買立会
    プラン作成・業者入札
    ・契約立会・施工立会

    ●相続前後の対策支援
    資産表作成・対策立案
    ・極力借金をしない計画
    ・相続後の手続き日程

    ●不動産運用支援
    相続を考慮して設計
    ・借金は極力少なく
    ・借金は固定金利で
    ・不動産売買・建築支援

  

■講演料金です。


【セミナー講演】
  ●2時間まで 30,000円
 

  ・オリジナル・テキスト
   (20数ページ)を使った
   セミナーです。
  ・ライフプラン(生活設計)
   を基本とします。
  ・分野は、貯蓄・保険・
   老後・住宅・不動産・
   相続などです。

【座談会】
  ●1時間 1人 500円
 

  ・セミナーの簡易版です。
   テーマをしぼり込み、
   少人数から開催可能です。
  ・主催者・聴講者ともに、
   消費者・生活者の個人で
   あること。